2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2018'04.10 (Tue)

四十九日終了

母の四十九日を無事に終えました。
お寺さんに来てもらうのに片付けというかカモフラージュで、実家はカオスになってます。

四十九日までお花はホワイト系と言われていたのですが、ホワイト系ってそっけないですよね。

枕花は紫のトルコキキョウを入れました。

ガーベラを中心

大輪の菊がフォーカルポイント

一ヶ月でいただいたオリエンタルリリーが中心の供花

四十九日の八重咲きのトルコキキョウがメインの供花

四十九日終了後のピンクのガーベラ

人生で一番の花に溢れた日々でした。
スポンサーサイト
23:14  |  生活  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2018'04.05 (Thu)

映画二題


DARKEST HOUR

断然、原題推しです。
日本では、特殊メイクばかりクローズアップされていますが、映画自体が面白かったです。
第二次世界大戦時、挙国一致内閣成立からドイツへの宣戦布告に向かうまでの、チャーチルの葛藤を描いています。
ここらへんの現代史はきっちり学ぶべきなのでしょうが、いかんせん太平洋戦争も絡むので不勉強です。
その不勉強を補って余りある緊迫感でした。
ある意味戦争映画なのですが、戦闘シーンはほとんどなく、政治という戦争、しかも自国内での戦いなのですが、これが辛辣でエグいです。
確かにチャーチルという特異な風貌が知れ渡っている有名人をスクリーンに映すには特殊メイクが必要なのでしょうが、日本国内では特殊メイクについてばかり取り上げられますが、映画の内容をもっと取り上げてほしいです。
戦時という特殊状況下ですが、政治家の信念と責任とは何かを読み取るべき映画です。
そして、戦後半年でチャーチルが政治的に破れるのも、それは正しいと思えて嬉しかったです。戦時のリーダーと平時のリーダーの資質は違うということを象徴的に示されたなぁ~と感心していました。
こんなこと言ってはいけないのは重々承知しておりますが、チャーチルとヒトラー、演説で人民を煽って戦いに向かわせたのは同じではないかと思っています。
記録を顧みると、どちらの演説も凄く巧みなのです。
ヒトラーの演説は映像てみると実に演出が上手い。これは煽られるわと実感するほど上手い。
チャーチルの演説は読んでみて凄いと思います。そりゃ本も出ますわ。
人を高揚させる言葉、それの及ぼす影響は凄いというか、恐ろしいというか、それを受け取る側としてはしっかりした見識を持たないといけませんね。
加計とか森友とか、情けない審議が続く某国会を抱える国民としては、深い映画でした。


15時17分パリ行き

事件の当事者を、しかも、主役以外までを動員して撮影してしまった掟破りの映画です。
あくまで、俳優、セット、脚本などの虚構でいかにリアルを描くかが映画だと思っているkinkachoとしてはとっても不満な作品でした。
ドキュメンタリーでないのに本人出したら、興醒めじゃん!というのが本音です。あんた俳優だろう?監督よ!!とツッコミました。
救いは、本人達がそこそこ映像に耐える容貌だったことですね。
09:36  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2018'03.28 (Wed)

黙々と予定をこなしてました

ごぶさたしてます。
生きてます。
何も考えたくないので、入っていた予定をこなしてました。

生駒ボルダーランニング

名古屋ウイメンズマラソン用の練習を今更のように

赤岳主稜

また行っちまったよ、バリエーションルートでした。

名古屋ウイメンズマラソン

4時間36分でティファニーをゲットしました。

西穂高独標

小屋泊で速攻でした。

文化活動

中ノ島香雪美術館のオープニング

八方尾根~五竜~遠見尾根

風速20mで五竜は断念
久々の地獄の山行でした。

現実逃避してますね~わかってるのですが、現実に向き合えません。

ツラいです...
10:13  |  生活  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2018'03.06 (Tue)

もはや義務


ブラックパンサー

アベンジャーズ・インフニティウォーズを見るためには見ない選択はないですよね。
クロウ(シリーズとの繋ぎなの?)のシーケンスは映画単体としては不要だったと思います。
いきなり従兄弟の王位簒奪から入ったら冗長さが無くなって、スピード感が出たと思いますよ。
あの指輪と認識マーキングを提示したら入国できたし、従兄弟なんだから王位請求権はあるのだから、最初の3分の1はカットできましたね。
ストーリーも、従兄弟がアメリカに置き去りにされずに自国に連れ帰られて、主人公と一緒に育てられた方が美味しいのに(腐女子的に特に!)
ある日、従兄弟が自分の父の死を知って、伯父の前国王を殺して王位簒奪し、主人公を追い落とす。主人公は兄弟同様に育った従兄弟の裏切りが信じられず葛藤するが、世界の破滅を止めるために、愛する従兄弟との対決を選ぶ...
って言うストーリーなら腐女子は萌えたな...
アベンジャーズ本編になったら陛下はどうせ脇役になるんだし、このぐらい萌え萌えにしてくれたら面白かったなと思う一本でした。
08:30  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2018'02.28 (Wed)

夜の逃避先

一人で夜のお家にいるのが嫌なので、三日連続映画館に逃避しました。


グレーテストショーマン

芸達者ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画。
ストーリーは至極単純なので、いかに楽曲で盛り上げるか、いかに俳優が歌い踊るのかが、映画成功のカギです。
その意味では合格点。
楽曲はいいし、役者も健闘してます。
まとまった無難な一本でした。
ヒュー・ジャックマン、そつなくこなしてます。むしろ上手いです。でも、舞台俳優と比べてしまうと貫目が足りません。
YouTubeで「Sunset Boulevard 」を検索してください。舞台俳優の歌いっぷりが観賞できます。そして、ヒュー・ジャックマンの歌いっぷりも...もうねえ、格が違うのがわかりますよ。


空海 美しき王妃の謎

ジョン・ウーに続き、チン・カイコー監督ご乱心???と戸惑ってしまう珍品。
「覇王別姫」を撮った監督とは思えないグダグダぶりというか、娯楽作品は止めときましょうよ。
原作は夢枕獏の伝奇小説なので、これと監督が合わなかったのか...
「グレート・ウォール」ぐらいはっちゃけた方が中国トンデモ映画は面白いことを再認識します。
映像、色彩はメチャクチャきれいです。


羊の木

全然見る気はなかった映画なのですが、ムビチケをいただいたので、ムビチケ初体験してきました。
この3本の中では一番面白かったという皮肉...
過疎の町に政策実験として6人の殺人犯がやってくるところから物語は始まります。そして、静かだった町に起こる違和感...そして、事件が連鎖していく...
明確な悪意、隠された悪意、無意識の悪意、息をするように自然な破壊衝動...ここらへんが陰湿で面白かったです。
ただし、海からやってくる悪しきものという象徴がラヴクラフトのパクリ(オマージュなの?)があざとくて、減点対象です。
08:50  |  映画  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT