2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017'11.18 (Sat)

いよいよ来週です

秋の本チャンレース、大阪マラソンがいよいよ来週日曜です。

ここ一か月練習状況は
11/3まで、48.25km
11/12から、42.28km
100kmに届いておりません。

実は11/5に転倒しまして、左足を三針縫ってしまいました!
さすがに一週間安静にしていました。
なので、練習が中抜けでございます。

抜糸は昨日で、ギリギリ間に合ったみたいに見えますが、練習は全く間に合っておりません。

本番はどうなるかわかりませんが、とりあえずレース前のレスト&調整に入ります。
スポンサーサイト
21:22  |  ランニング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2017'11.14 (Tue)

但馬牛は旨かった

去年の山行の帰りに寄った村岡の道の駅。但馬牛の産地として、牛肉の販売をしていました。その時、食べてみたいと思っていたのですが、ようやく文化の日の連休に実現しました。
車を出してもらえたので、道の駅に片っぱしから寄りながら食材を買い集め、

既にランチから但馬牛の炙り丼と贅沢しています。
そして、最後に村岡で但馬牛をご購入!!

この焼肉用のお肉と炒めもの用のコマを購入。
テントを張って、いよいよ調理です。

秋なのでキノコ!
これとコマ肉を炒めて、炊きたての白ご飯に載せて贅沢牛丼に。
丹波の枝豆は丸々と太って甘くて美味しい。ご当地野菜とソーセージでポトフは温まる。

但馬なので香住鶴ですね。次の日に残るとしても呑みます。

次の日は阿瀬渓谷で紅葉狩りでした。
23:32  |  グルメ・クッキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2017'11.08 (Wed)

映画としてはダメダメです。


マイティ・ソー バトルロイヤル

あくまでアベンジャーズへの繋ぎで、ストーリーなんて雑の一言です。
お笑い要素が多くて、パロディ作品みたいです。クスリと来るのですが、楽屋落ちでいいのか?と突っ込みたくなります。
神話のないアメリカ人が作るとこうなるか?!
やっぱり神話って歴史と文化の結晶だ!
多神教の神の扱い方がわかってないよね!
と、突っ込みまくってました。

映像もありきたりです。

でも、出演がクリス・ヘムズワース、トム・ヒドルストン、ケイト・ブランシェット、ベネディクト・カンバーバッチ、アンソニー・ホプキンスととっても豪華!!
これだけで見る価値ありです。
まあ、kinkachoはトム・ヒドルストン演じるロキ様が見れれば満足でした。
先に書いたようにお笑い要素が多いので、kinkachoの期待するアンニュイでデカダンの香りのするロキ様は拝めませんが、ソーとロキ様の絡みで萌え萌えです。
映画の冒頭、兄弟で地球に父オーディンを探しに行く件で、ソーはジーンズ姿のそこらへんのあんちゃん。ガタイがいいので、これはこれで美味しいのですが、ロキ様はスタイリッシュな黒づくめでちょ~格好いいです。
この二人のギャップで既に萌え~
そして、父親探しに絡んで、Dr.ストレンジことカンバーバッチが長尺で出ばって、萌え要素倍増!
オーディンことホプキンスを挟んで、兄弟設定が強調されて萌え!
ある種のマニアにはたまらんソーvsハルクでふと冷静になって、ソーの腰骨あたりまでの上半身ヌードの美しさにちょっとトキメキました。
映画で描かれている訳ではないのですが、兄弟の葛藤というはkinkachoの萌えにはたまらん妄想のネタでした。

映画としてはダメダメでも、kinkachoの腐女子魂には訴える映画でした。
23:20  |  映画  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2017'11.01 (Wed)

レベル高いよ。でも、長い...


ブレードランナー2049

映画館でチラシを見た時、これは無いな~と思いつつ、オリジナル好きとしては見ないわけにはいかず、行ってきました。
結果はオリジナルへの冒涜だ!と怒ることはなかったです。
あのカルト的名作を越えるのはもはや不可能と思っているので、ここまで肉薄したのは素晴らしと思います。
レプリカントと人間の差異とはなんなのか、記憶やアイデンティティとは何なのか、オタクにはたまらん深読みと議論ができる映画でした。
ただし、尺がちょっと長いので、ダレます。もう30分短かったらな...

しかし、デッカードがレプリカントか否かの議論はいきなりすっ飛ばされているのは悲しかったなぁ~あの含みがkinkacho的には大事だったので、衝撃でした。

ゴスリングのラストはオリジナルのルドガー・ハウアーに匹敵する素晴らしさでした。ハリソン・フォードに持っていかれた感があるだけに、哀愁もひとしおでした。

もう一回見てもいいかも!

次見るのはソーで、その次はジャスティス・リーグです。
19:52  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2017'10.31 (Tue)

憧れの紅葉狩り

ずう~っと憧れていた紅葉狩りへ行ってきました。
黒部・下の廊下です。

一日目:1040欅平~1140水平歩道始点~トンネル~1335大太鼓~1420砂防堤内トンネル~1600阿曽原温泉

夜行バスは予定通り富山に到着したのですが、その後の乗り換えで乗車列車を間違える失態をしでかして、予定より遅れて出発となりました。
阿曽原のテント場でテントを張れるスペースがあるか心配です。
観光客でごった返す欅平駅周辺を突っ走って急登をせっせと登ると水平歩道始点に到着です。

ついに...

憧れの地に到着です。
時折しも、

秋と冬が同居する季節です。紅葉の山の後ろの高山はすでに冠雪しています。

この水平歩道は黒部ダム建設の際、資材を人力で運搬した道です。

砂防堤の中のトンネルを通ったり、先人の努力の後をたどって行きます。
絶望的にテントスペースの無い阿曽原温泉が見えた所から、いきなりの下りになりダメージを受けながら阿曽原温泉に到着です。16時だったので、スタートが遅かった割には頑張りました。
でも、テント場は満杯で悩んでいると親切な方々がテントを寄せてスペースを開けてくれました。
堺の人と神戸出身の人、ありがとう!!

二日目:510阿曽原温泉~625関電人見平宿舎~730S字峡~830十字峡~1035黒部別山谷~1255内蔵助谷出合~1350黒部ダム下~1415黒部ダムトロリーバス駅

今日のコースはすれ違いが命がけになるので、できるだけすれ違いを少なくするために暗いうちにヘッドライトを点灯して行動を開始します。

相当な山奥に突然立派な関電宿舎が現れて驚きます。

この建物の中を通過して行きます。地熱を感じる箇所もありました。

つり橋を渡って急登を上り、旧日電歩道に入ります。途中にある関電施設は秘密基地のようです。

S 字峡が見え始め、下の廊下のハイライトです。

十字峡
かかっているつり橋から撮るといいのですが、怖くて撮影できませんでした。

白竜峡
景観のハイライトは危険度もMax。すれ違いの際は退避場所を探して、そこに立ち止まらないと行き違えません。
何せ谷側に落ちると死にます。

雪渓を梯子で上り降りして、大岩を梯子で巻く、黒部別山谷が核心部です。
行き違いの度に声を掛け合うのですが、何故か聞き覚えのある声が...
大阪の知人でした(笑) 山屋の生息地域の被ることに笑いました。

まさに山燃ゆの風景が続きます。

内蔵助谷出合の少し前から人に会わなくなり不安になり、ヘロヘロになり始めたところで、

黒部ダムを見上げました。これを上るのかと軽く絶望できます。

ふと左を見ると、トロリーバス乗り場への扉がありました。
膝から崩れ落ちるほど感動できます!

この後、バスとJRの乗り継ぎで松本に移動して、日本酒で宿泊して馬刺しを堪能しました。
ただし、興奮して帰りの夜行バスで眠れませんでした。
14:47  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT