2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017'05.21 (Sun)

夏日の半鯖

鯖街道ウルトラマラソンの半鯖43kmに参加してきました。

1000梅ノ木~1040久多エイド~八丁平~尾越エイド~大見エイド~1340杉峠エイド~1430鞍馬エイド~市原エイド~西賀茂エイド~1610出町公園

天気予報では30℃越えの予報...地獄の予感...
出町公園で受付をして、出町柳駅からチャーターバスでスタート地点の梅ノ木に運んでもらいます。
スタート地点のトイレは混み混みでした。

山中にも関わらず、既に25℃越えです。
スタートから久多エイドまではロードの上りです。
鯖街道ウルトラマラソンのエイドは充実しているとのことでしたが、確かに充実していました。

ここからは山道に入ります。

八丁平までの上りは七曲りの狭くて急な上りです。kinkachoが差し掛かった時はランナー全員が歩いていました。
八丁平から尾越エイドは下りの山道です。そして、尾越から杉峠までは比較的広い山道をひたすら上ります。
ここで、そうめんを食べて、水を補給して、ここから鞍馬エイドまで激下りのロードになります。一歩毎に大腿四頭筋が一本ずつ断裂していくような激坂です。

激坂で足が削られてヨレヨレになった鞍馬エイド手前で応援に来てくれたラン友に会えて、どうにか復帰しました。
ただし、この後の市原エイドから西賀茂エイドまではバイパス横のカンカン照りのロードを走り、西賀茂エイドからゴールまでは鴨川の河原で西日に炙られて地獄のようでした。

それを見越して、かき氷を出してくれる私設エイドがあったり、河原は遊歩道なので水道で水をかぶれたりで、どうにか
やり過ごして無事ゴールしました。

タイムは6時間10分。半鯖のタイムの目安がフル+1.5時間なので、まあ予定通りにゴールしたことになります。
ゴールで、参加賞の焼き鯖一本、ベスト、千頭の入浴券をもらいました。

汗を流して、当然ビール!
体がガタガタですが、やり切った感は半端ないです。
楽しい大会でした!!

オマケ
前日のドーピング アリナミン、ムサシのアミノ酸パウダー、ムサシのドリンク
当日のドーピング アリナミン、ムサシのアミノ酸パウダー、Mgonゼリー、メダリストゼリー、
エイドの給食 おにぎり、そうめん、きゅうり、オレンジ、バナナ、パン、塩こぶ、トマト、グレープフルーツ、マーマレードサンド、アメ、ずんだ餅入り冷やしぜんざい、沢庵
エイドのドリンク 水、スポーツドリンク、麦茶、コーラ、冷やしアメ、サイダー、フルーツ牛乳
レース後のドーピング ロキソニン、パンシロン
スポンサーサイト
22:48  |  ランニング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2017'02.26 (Sun)

ペースメーカーとデッドヒート

姫路城マラソンの本番です。

ここ1ヶ月は週三回走り込み、雪山では寒いにもかかわらず体を絞り込み、サブ4.5のあかつきにはフルマラソンは引退すると宣言して、プレッシャーを自分にかけまくりました。

で、結果は、4時間28分32秒!
しかも、グロスで!!

5km毎のラップは
31分38秒
29分59秒
32分17秒
30分59秒
32分01秒
34分01秒
32分49秒
31分06秒
13分42秒

kinkachoの身体スペック目一杯の走りだったと思います。

今年も去年と同じ30km過ぎでペースメーカーに追いつかれたのですが、今年は勝手にデッドヒートを繰り広げて逃げ切りました。
ゲストランナーの石原良純にも勝ちました!!


アフターはとにかく肉!
ステーキ丼を一人でかき込み、

新快速の中で祝杯をあげました。

今回のドーピング
前日:アリナミン錠剤、アミノバリュー粉末、アクエリアス
当日:アリナミンV、メダリストゼリー、ハニーアクション、パワージェル、ムサシのアミノ酸粉末2本、ムサシのリフレッシュ飲料

食事
前日:朝・雑炊、昼・卵かけご飯、夜・のり弁当&豚汁&ザッハトルテ
当日:朝・伝統的日本の朝御飯

レース後・ステーキ丼、帰宅後・パンデュースのパンとポタージュとチーズオムレツ
給水はほうじ茶をガブガブ飲んでます。

これで、フルマラソンを引退できます。
これで心置き無く、ウルトラに転向します!
23:44  |  ランニング  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT   このページの上へ

2016'10.30 (Sun)

狂乱の10月終了

いやまだハロウィンの明日が残ってますが、本日の大阪マラソンで狂乱のオクトーバーランが終わりました。
先週の金沢マラソン、本日の大阪マラソン、そして、リタイアした壹岐ウルトラマラソンの50kmと、大会参加としては、ちょっとkinkacho的におかしなことになってしまいました。これはあかんやろ...

スタート前の集合写真です。
一人が体調不良で欠席なのは残念でした。一緒に二週連続フルを戦う予定だったのに...

スタートゲートの様子です。
32000人参加なので、えらいことです。

大阪マラソンはこれで三回目の出走。
ルートもわかっているし、今年は気温も天候も好条件でした。
自己ベスト更新も狙えたでしょうが、前記のおバカなスケジュールの最終戦なので、タイムは平凡でした。
覚悟はしていたので、大阪マラソン名物のまいどエイドのメニューのコンプリートが目的でした。このミッションはコンプリート!
でもまあ、思ったほど壊滅的ではなかったし、走ることが嫌にならなかったのは収穫です。
案外いけるぞ、二週連続フルマラソン!
ただし、二度とやりたくはないけどね。

帰りはミナミ経由にしたら、案外スムーズに戻れて、

ギリギリランチタイムサービスで、190円のビールと

ローストビーフ丼メガ盛りで打ち上げできました。
そして、銭湯で汗を流し、特別なシャンプーのいい匂いに包まれて、自宅の布団にいます。
お疲れ様でした。

追記
本日のウェアはリラックスを主題に、ランニングタイツ無し。大会Tシャツ+アームカバー、ユニクロのハーフパンツ+ゲイターが勝負服でした。
結果は何故か腹筋に自覚するほどのダメージが...腹帯みたいにお腹には圧をかけた方がいいです。

ひたすらドーピング
前日からアミノ酸、アリナミン、水分補給はメダリストウォーター。
当日レース前、おにぎり3個、豆大福、ホットコーヒー、水分補給はムサシウォーター、赤のアミノバイタルゼリー、メダリスト粉末を摂取。
レース中、クリフハンガー、ムサシ・エンデュアランス、ハニーアタック、メダリストゼリー、メダリスト粉末、マグオン +給食
アフター、ビール&ローストビーフ丼、リポビタンゴールド、すき焼きうどん、フルーツジュース、お茶2リットル。
19:39  |  ランニング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2016'10.23 (Sun)

秋の遠征

第二回金沢マラソンに参加してきました。
ものもらいで左目が大充血で自分で見ても気持ち悪いほど。免疫力が落ちてますね。疲れてるのかな?

金沢駅前は近未来でした。このあと、荷物をホテルに置いて、昼ご飯へ。

さすがに回転寿司でもネタが美味しいです。
ランナー受付を済ませて、兼六園へ観光へ。

成巽閣という前田家奥方の邸宅を見学して、時代劇ごっこをしながら楽しく見学できました。
ホテルへの帰りに、お土産の森半の和菓子、加賀の新米を近江町市場で買い込みました。これは翌日正解だったことが判明しました。

さて、金沢マラソン当日です。
締切時間までに整列すればいいわとのんびりしていたら、荷物預けの時間に遅刻して焦る一幕がありました。

遅延トラックに荷物を預けることができて、安心の一枚。

これがスタートの様子です。

走る前の一枚です。
金沢のコースは前半にアップダウンが集中して、後半はフラット。アップダウンも最高点がせいぜい60mで、走りやすいはずなのですが、前半暑く、後半は小雨まじりで風が強く寒いという今年の秋を象徴した乱高下の気象条件となりました。それで、五時間を意地で切った記録になりました。無念...
去年の第一回はエイドが良くなかったときいてましたが、今回は給水も充分、食べ物も豪華。コーラもあったし、お菓子が美味しい、カレーはカツも付いていたのでちょっとツラかった!
改善、向上していてよかったでした。

23:57  |  ランニング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2016'10.03 (Mon)

リタイアだけど楽しかった!

第一回壱岐ウルトラマラソン、暑さに負けて50kmでリタイアしてきました(涙)

ピーカンの上30℃超の暑さ、左側走行で日陰を走れず、まさしくウェーブのように遅い来るアップダウン...50kmで無理と判断してリタイアしました。
お陰で、体は比較的楽です。
(今、ググったら、完走率50%ですって!)

地形の関係でアップダウンは覚悟していたのですが、エイドの間隔がバラバラなのがツラかったです。そして、エイドのドリンクが冷えてない...
救いの神は自販機で、コーラ、キリンレモン、ゆずドリンクを買って、体を冷やすやら、飲むクールダウンに役立ちました。

リタイアだけど、壱岐島は南の島らしいユルさが優しかったです。
離島ゆえの交通を不安に思っていたのですが、前夜祭に間に合うように会場まで送ってくれる観光バスと早朝でも送迎してくれる宿のお陰で問題ありませんでした。

そして、前夜祭は超豪華でした。

マグロの解体ショーがあって食べ放題に、ドリンク飲み放題。

量に限りはありましたが、壱岐牛は激旨でした。
そこで公開された壱岐ウルトラマラソンの開催のキッカケは、レオパレスの社長が壱岐出身で、この社長とJTBが意気投合して、壱岐市長に企画を持ち込んだことだそうです。
だから、現場の要がビジネスで受けたJTBの社員と業務命令で駆り出されたレオパレスの社員なので、手際はよかったです。
そこはお仕事ですから。

でも、現場要員はボランティアの皆様方で、中学生はかわいらしいし、祭りのついででビールを勧めてくるおじさん達、飴をくれるおばあちゃん達が親切で、和みました。ビジネスっぽく切られるところをボランティアがフォローしてくれてましたよ~。

来年は走れなかった100kmコースの後半がコースになる50kmにエントリーしようかなとリターンマッチを希望するほどいい大会でした。

ただ、ここまで会社の社長の意思で企画された第一回のクオリティが、どこまで維持されるかはとても心配です。
住民の方に負担になるようにはなって欲しくないです。
22:51  |  ランニング  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT