2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016'12.27 (Tue)

最後を見届ける

解散報道から痛々しくって見れなかったけど、最終回は見届けた...

ファンという訳ではないけど、あって当たり前のものがなくなるのは喪失感が伴います。
ライヴも何故だか見に行く機会に恵まれてちょっと思い入れがあるから余計にね。
SMAPはドリフターズみたいになって、グループとしての活動はこのSMAP×SMAPだけになって、あとはピンでやっていくを理想にしていたのですが、ダメだったか...
こうして、全世代の共通の話のネタがへ減っていきますね。
バンドだったら音楽性の違いという免罪符があったけど、アイドルだっただけに人間関係に問題ありが前面に出てきて、気の毒といえば気の毒でした。
慎吾くんが病んでないか、それがちょっと心配です。
とにかく、お疲れ様でした。
スポンサーサイト
10:45  |  テレビ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2012'07.09 (Mon)

盛大につっこむ

ドラマの夏クールが始まりました。
で、見てみました。

向井理主演「サマーレスキュー」

日本アルプスの架空の山小屋に隣接した診療所に赴任した医者の奮闘記?のようです。
診療所というものの、医者と看護婦、医大生がいるだけで、医療機器らしいものは酸素ボンベとAEDしかない場所で、向井医師が大パニックという第一回目でした。

う~ん、確かに場所によっては診療所がある山もあるけど、基本的に登山者って診療所って当てにしていないような気がします。
山での怪我、病気で頼るのはまず山岳救助隊ですからね。
とにかく搬送して下界まで!!というのが正直な所です。

ドラマにするなら、山なら医者ではなく救助隊が正解だと思うのですが、映画「岳」があったので無理だったか…

そして、第一回目の患者は、肺気腫と開放骨折の二人でした。
高度2500の夏山で若い娘が肺気腫で瀕死になることってあるのか???ないこともないか???
だいたい風邪気味で登山口から10時間行動を、山ガールはしないだろうとつっこみ、滑落による開放骨折にはつっこみの嵐!!
膝下動脈損傷で出血が止まらないという点は置いといて、そこまでの滑落で骨折以外に傷が無いのは絶対嘘だ!!
服は破れてないし、顔もきれい。
去年やったからいうけど、滑落は基本は満身創痍です。
大きな血管を損傷してなくても血溜まりができるぐらい出血するので、服は血だらけです。
打撲しまくってるので、顔も腕も腫れまくって人相変わります。
そこらへん、ちゃんとメイクしましょうよ!!!
それから、いくら医療機器がない設定でも、縫合道具があるならキシロカイン(局所麻酔)ぐらいは置いときましょう。
キシロカインなしで開放骨折の傷口洗われたら、患者は暴れまくります。
痛くて耐えられません。

kinkachoの体を張ったつっこみ、いかがでしょうか。
00:43  |  テレビ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2012'05.29 (Tue)

暴君の最初の妻

チューダーズでは、とっても気の毒なヘンリー8世の最初の王妃キャサリン・オブ・アラゴンについて少々。
キャサリン
キャサリン・オブ・アラゴン

名前が示す通り、彼女はスペインのお姫様です。
両親はスペインの再統一を果たしたイザベル女王とフェルナンド2世の末娘で、当初ヘンリー8世の兄アーサー王太子の妃としてイギリスに輿入れしてきますが、アーサー王子が若くして死去、十代で未亡人となります。
本来なら実家のスペインに帰るところですが、舅のヘンリー7世が大国のスペインとの縁を逃したくなかったのと、キャサリンの持参金を返却したくなかったので、弟のヘンリーとの縁談を持ち出してきます。
この縁談は成立するのですが、ヘンリー7世は若い世間知らずのキャサリンを騙して、ヘンリーとの婚約を成立させています。
後々、離婚の理由にヘンリーが持ち出してくる「兄嫁を娶る」という当時のタブーをキャサリンに納得させるために、法王から特許状をもらったと言いくるめてしまっているのです。
そこまでしてキャサリンをイギリスに留めておいて、持参金の未納があるからと、キャサリンがスペインから連れてきた侍女を追い返したり、約束の年金を差し止めたりして、キャサリンを心理的にも経済的にも追い詰めます。
(ここらへんの仕打ちは、ヘンリー8世が離婚する際に同じことをしています。娘のメアリーに会わせなかったり、年金を停止したり。どこまで似てるんだ、この親子!!)
当然、婚約者のヘンリー王子にも会わせません。挙式なんて大反対。
あまつさえ、自分の王妃エリザベスが亡くなると、ヘンリー7世自身がキャサリンを後添えにしようとしたりして、かなり悪辣です。
そんなこんなで、若くしてかなり苦労したキャサリンですが、ヘンリー7世が死にヘンリー8世が即位して、法王からの特許状をもらって、合法的な結婚、王妃としての戴冠を果たします。
結婚当時のヘンリー8世はスポーツ万能の偉丈夫だったようですよ。
蓄財に長けたウルジー枢機卿、人文主義者トマス・モアの補佐も得て、治世もそれなりだったようです。
夫婦仲もそれなりだったようで、子供も出来るんですが、残念ながら育ったのがメアリー王女一人でした。
これに関しては、当時の乳幼児の死亡率が高いことと、ヘンリー8世が梅○病みだったらしいのが原因ですが、生き残ったのが王子だったら、後の教会制度をも巻き込んでのすったもんだはなかったでしょう。
でも、母親がイザベル女王であるスペインから輿入れしたキャサリンにしたら、跡継ぎがメアリー王女であっても何ら問題はないと思っていたはずです。
イザベル女王
イザベル女王

しかし、ヘンリー8世は嫡出男子の継承に拘った。
弁護を多少しておくと、当時のチューダー朝の立場が微妙だったこともあります。
薔薇戦争という王位争いが終結してようやく成立したチューダー朝。ヘンリー7世がその一代目です。
ヘンリー7世には確かに王家の血は流れているのですが、その王家の血は王位継承権は否定された血筋なのです。
有態に言っちゃうと簒奪者? だから、王位継承権の補強のためにヨーク家のエリザベスを王妃にしています。
エリザベス王妃
エリザベス王妃

でも、このエリザベス王妃もヨーク家の国王エドワード4世の娘は娘なのですが、母親のエリザベス・ウッドヴィルが「王妃になるには身分が低すぎ、愛人になるには誇りが高すぎる」女性で、エリザベスの王位継承権はかなり微妙なんです。
(ヘンリー7世は、このエリザベス母娘にも年金を出さないという仕打ちをしています。本当にケチ!!)
エリザベス・ウッドヴィル
エリザベス・ウッドヴィル

そして、この時点でイギリス王家はウィリアム征服王以来、女王が立ったことがなかった。
フランスみたいにサリカ法があって女性の即位を否定しているわけではないのですが、ヘンリー1世の時代に娘のマティルダを女王にしようとして内乱になった(結局、マティルダの息子ヘンリー2世が即位)ことがあるので、メアリーを即位させるにはイギリスとしては不安があった。
だから、ヘンリー8世はチューダー朝を存続させるために、嫡出の男子がどうしても欲しかったわけです。

まあ、その願いも虚しく、せっかくの世継ぎエドワード6世は未婚のまま夭折(○毒胎内感染で病弱だった)、
メアリー1世はすったもんだで婚期を逸してフェリペ2世と結婚するも子供ができず、
エリザベス1世は処女王で未婚と、ヘンリー8世の子供の時代にチューダー朝は絶えてしまいます。

カトリック両王の末娘に生まれて、ハプスブルグ家のカール5世の叔母でありながら、人生の最初と最後に舅と夫に精神的に経済的に苦しめられるって、キャサリン・オブ・アラゴンって大変な人生を歩んだようです。
でも、廷臣、国民には敬虔な善良な王妃として慕われていたようで、彼女の亡骸がピーターバラの大聖堂に運ばれる時は、政府からの禁止令が出ていたにもかかわらず、国民が代わる代わる棺を担って運んだそうです。

故ダイアナ皇太子妃の「心の王妃」という呼称は、このキャサリンの呼称から由来しています。

kinkachoの思う、キャサリン・オブ・アラゴンの最良の日本語の参考文献は石井美樹子著「薔薇の冠」です。
是非ご一読ください。
小西章子著「スペイン女王イサベル」を併せて読むと、キャサリンが女子の王位継承者もアリだと考えた理由がわかります。
08:32  |  テレビ  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2012'05.29 (Tue)

古今東西時代劇

チューダーズを10巻まで見ました。

アン・ブーリンの処刑までです。

まだ9巻残っていて、嫁もあと4人残っています。
二人目の嫁で半分以上巻数を使ったのは、やはりアンとの結婚が一番の山場だったということです。

ここまでで理不尽に亡くなった方は、ウルジー枢機卿、トマス・モア、キャサリン・オブ・アラゴン、アン・ブーリンです。
見事に知ってる名前ばかりで、ヘンリー8世の妻か寵臣というあたりが、ヘンリーの歪んだ性格を表しています。

このドラマを見て思ったのは、古今東西時代劇は史実じゃないよ~というお話。
思わず、歴史書をひっくり返して調べましたもの。
ヘンリーの姉ちゃんの嫁ぎ先はスコットランドで、サフォーク公が結婚したのはヘンリーの妹だ!
他にもいろいろありますが、そこは大河ドラマみたいなものだからねえ。

ただ、大河ドラマと違うのはエロ多めということ。
ヘンリーは女を片っ端からですが、近臣はBLもありと、間違ってもイギリスの歴史の勉強にと子供に見せてはいけません。
斬首刑はけっこうリアルに首と血が飛んでますし、一応R15指定です。

俳優陣はヘンリーと取り巻きはイケメンで一見の価値アリ。
チューダーズ
ヘンリー:ジョナサン・リース・マイヤーズ
ウルジー枢機卿:サム・ニール
トマス・モア:ジェレミー・ノーサム
サフォーク公:ヘンリー・カヴィル
トマス・クロムウエル:ジェームズ・フレイン
特にサフォーク公はマッチョな男前です。ダンヒルのフレグランスのイメージキャラもやってました。
女性陣は
キャサリン・オブ・アラゴン:マリア・ドイル・ケネディ
アン・ブーリン:ナタリー・ドーマー(安室奈美恵に似てます)
ジェーン・シーモア:アナベル・ウォーリス

そして、スペシャルキャストに、ピーター・オトゥールとかマックス・フォン・シドーが出ていて、かなり嬉しいです。どちらも枢機卿の緋色の衣が貫禄です。

頑張って続きを見ます。
00:21  |  テレビ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2012'05.24 (Thu)

ただ今鑑賞中

前々から気になっていた海外テレビドラマのDVDをレンタルで発見しました。

チューダーズ 背徳の王冠 全19巻

ヘンリー8世のお話です。
キャサリン・オブ・アラゴンとの離婚から晩年までを描いてます。
ただ今6巻まで見終わったところで、キャサリン王妃との離婚を強行して、イングランド国教会が成立して、アン・ブーリンと結婚、エリザベス王女が誕生したところです。

ヘンリー8世を演じている役者がなかなか精悍な男前で目の保養になります。
この時代ですから、当然、タイツにかぼちゃパンツですが…コッドピースもしっかり付いております。
けっこう衣装の時代考証がしっかりしていて、先のコッドピースに、上着のスラッシュからシャツを見せる着こなしや、胸を押さえつけるような女性のドレスなど、なかなか頑張っています。

そして、ローマ法王役パウロス3世役でかのピーター・オトゥールが出演しております。
すっかりご老人になっておられますが、あの緑青の瞳は健在です。

全巻見終わったら、是非記事にしたいと思います。
12:01  |  テレビ  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT