2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018'06.02 (Sat)

フェチかと思ったらヤンデレでした


ファントムスレッド

ダニエル・デイ・ルイスの引退作品となります。

1950年代のロンドンが舞台です。
オートクチュールのクチェリエであるレイノルズはウェイトレスのアルマと出会い、彼女をインスピレーションの源泉として迎える。しかし、整然とした彼の生活は彼女に乱され始め、彼女との関係にも波紋が立ち始める...

念頭に置いておかなければいけないのは、1950年代でロンドンが舞台であること。
オートクチュールと聞いて、あの華やかなステージショーを連想してはいけません。
どちらかといえば、テーラーを想像してください。顧客がハウスを訪れて、注文をして、仮縫いをして、ドレスが出来上がる。コレクションの発表もハウスに顧客を集めて、その間をモデルが歩いてコレクションを見せる。
レイノルズもデザイナーでもあるけれど職人の色合いも強いです。

kinkachoは布地から洋服が出来上がる過程がとても好きなのです。
布地をえらんで、デザインを選んで、採寸して、裁断して、仮縫いして、補正して、仕立てる。
裏地、芯地、ボタンも自分で選ぶ。
母が洋裁をしていたもので、ずっとこの過程を見ていたし、kinkachoの若い頃のスーツやコートはこの過程を経たものばかりでした。

だから、とてもこの映画に期待していたのですが、その過程も描かれるのですが、映画のオチがまさかのヤンデレでぶっ飛びました!

フェチまでは想定内だったけど、
まさかのヤンデレとは!!しかも、下剋上!!
でも、男女だとあまり萌えない...残念...

デイ・ルイス、すっかり初老でした。
いや、渋くて素敵なのですが、あの全編走りまくってたラスト・モヒカンとか、野蛮でゾクゾクしたギャング・オブ・ニューヨークとかを思い出して、時の流れを感じました。
デイ・ルイスは萌えツボだったのですが、アルマ役のビッキー・クリープスが全然インスピレーションを刺激するようには見えなかったです。ウェイトレスの時は野暮ったくてもいいですが、レイノルズの元に来てからも洗練されないし、きれいにもならない。コケティッシュなわけでもないし、どこに魅力的があるのか分かりませんでした。
何よりも、ヤンデレなラストに至る狂気とか、毒とかを、彼女から感じなかったのが萌えなかった原因かと思います。

この記事に使った画像はけっこう萌えるけど、別バージョンは萌えないことが端的にそれを表していると思います。



今、実家を片付けようとしているのですが、上記過程で作られた洋服が捨てられなくて、難航しております。
スポンサーサイト
00:50  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2018'05.13 (Sun)

一作目だよ、やっぱり

寝ぼけて、amazonビデオでレンタル&購入をしてしまうヘマをやらかす...


パシフィック・リム

アップライジングを先に見といてよかったよ...でないと、映画館に行ったのを後悔してました。

そして、
一作目、圧勝!!

設定にツッコミどころは数々あれど、B級映画としては最高の出来じゃん!!
kinkacho的には「ターミネーター」の一作目に匹敵する興奮度でした。
映画館で見なかったことを後悔させられるとは...
やっぱり人間が操縦する巨大ロボット、しかも人間の動きとロボットの動きがシンクロする操縦法がツボでした。
懐かしの「ジャンボーグA」を思い出したりしました。
人間ドラマもアップライジングより深かった。
たぶん、続編なんて考えてなかったですよね?
ストライカーチームの親子愛とか爆死とか、ジプシーチームの恋愛とか、アップライジングでは消えちゃってますよね?
これはこれで完結してるので、引き継がれて困ってしまいますが、これらの消滅を考えても二作目はいらんかったなと...
でも、アップライジングがなかったら一作目をヘマしてまでも見なかったし、ジレンマ...

やっぱりこんな当たりがあるので、B級映画は要チェックですよね。
そして、テーマ曲がとても良かったことを書き足しておきます。
10:02  |  映画  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT   このページの上へ

2018'05.10 (Thu)

馬を前に出さなくても


ホース・ソルジャー

原題の「12 STORONG 」でよくないか???
最近の邦題はセンスがないですよね。
つい、馬とクリス・ヘムズワースに惹かれて見に行ってしまいました。
クリヘム、かっこよかったです...

9.11テロの後のアフガニスタンでの極秘任務のお話です。

アオリに「12人vs5万人」とかありますが、盛り過ぎです。邦題といい、日本のイントロダクションは本編からかなり解離しています。馬は確かに足になってますが、それほど重要ポイントではありません。
イントロダクションを信じて見に行くと裏切られますが、映画としては面白いです。
戦闘シーンも空爆ばかりでなくて、銃撃戦がそこそこリアルでさじ加減に妙あり。
馬上のクリヘムは文句無しでかっこいいし...

アメリカの戦争映画って、どんなに反戦風味があっても根底にアメリカ万歳精神があるなと思うのですが、そこまで自己肯定できるってスゴいなと思います。
自虐的戦争加害者としての教育を叩き込まれた日本人、またその世代としては羨ましい限りです。

そんなうっとおしいことは置いといて、かっこいいクリヘムも堪能してください。

重要なことなので、三度言いました!
21:57  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2018'05.10 (Thu)

正しいエンターテイメント映画を見た!

アベンジャーズが余りに余りで不満爆発なので、リセットで見ました。
ごみつさんとヌマンタさんのレビューも良かったので。


レディープレイヤーワン

スピルバーグ作品としてはチマチマとまとまった小品という印象は否めませんが、定石を押さえながらきっちり楽しませてきたのは流石です。
スピルバーグは余興として作っても、ここまで観客を楽しませるというエンターテイメント映画の第一義を守ってくるのは見習うべきです。
ネタといい、盛り込まれるモチーフといい、楽屋オチと見なされても仕方ないながら、見ていてワクワクしました。
ここまで楽屋オチを突っ込むと下品になるのですが、それをギリギリのラインで守っているのは監督の才能でしょう。
そして何よりもスゴイのは、一本で完結していること!!
ここは是非見習って頂きたい!!!


パシフィックリム アップライジング

前作を見てないので、見ていいものか悩みましたが、信頼すべきレビューが推しだったので見に行きました。
やっぱりエンターテイメント映画はこんな風にスッキリ終わらないといけないよね!!という作品でした。
怪獣のデザインがおっとりした優雅さには欠けてましたが、メカはキレッキレのデザイン(エヴァの使徒っぽいのはご愛嬌)で流行りですね。
反面、スクラッパーは昔のメカロボ風でノスタルジックでしたが。
ストーリーはそこそこの捻りが入っていて面白かったし、ジン・テイエンがメチャクチャ美人でよかったです。
まあ、中国の幅の効かせ方とか、間違った日本には突っ込みたいし、富士山の五合目以上の風景には心から突っ込みたいですが、アベンジャーズより遥かに正しいエンターテイメント映画でした。
でもねえ、次作を作る気満々なのはいただけません。
09:18  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2018'05.02 (Wed)

隔世の思いです


君の名前で僕を呼んで

何て久しぶりに耽美な映画か?!と期待してステーションシネマへ行ったら、何と満席!!
皆、何を期待している?!と難波へ転進したkinkacho も何を期待している?!

1983年北イタリア。17歳の少年と24歳の青年のひと夏の恋物語。

とにかく風景とピアノの旋律が美しい。この二要素とジェームス・アイボリー氏の脚本で見る価値ありです。
ストーリーは正しいひと夏の恋なんだけど、男女に置き換えも可能なので少年と青年の恋にした必然性がなかったかも...
ラストの切なさは「愛人/ラマン」の切なさに通じるものを感じました。

この映画の設定年代には立派に腐っていたkinkachoとしては、男女に置き換え可能な同性愛作品は認めん!!腐女子を舐めんな!!

しかも、エリオ少年の両親は息子のひと夏の恋に協力的だし、親父なんて、相手のオリヴァー青年を呼び寄せて、確信犯ですよね。息子の恋愛経験値を上げようとお膳立てした感すらあります。
kinkacho的には大きなお世話!!って感じですね。
しかも、エリオ少年は同年輩の女の子ともちゃっかり経験しちゃってますからね。
やっぱりかの名作「アナザー・カントリー」、「モーリス」みたいに、男ばかり隔離されて、法的にも罰せられて、身分的にも認められないという三重苦、四重苦の恋でないと切なさが際立たないということが確信できました。

アナカン、モーリスとこの映画の時代背景の差も隔世の思いですが、アナカン、モーリスを見ていた時代とこの映画を見た現在とも隔世の思いです。
しかも単館上映じゃないなんて!!

そして、この手の映画は抑圧あってなんぼですね。
00:11  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT