2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2017'12.30 (Sat)

雪の芸術

今年は大晦日が荒天予報だったので、越年登山は諦めました。
代わりに、氷ノ山で登り納めです。

830第二リフト終点~910稜線~950三ノ丸~1110頂上避難小屋1130~1200甑岩~1300氷ノ山越~1350氷山霊水

リフトの始動を待って行動開始です。

リフト終点で雪の状態を確かめてワカンを装着して、稜線を上っていきます。

樹林帯を抜けていくのですが、枝に付いた氷雪が芸術です。

今日は日帰り装備なので、快調に行程をこなしていきます。

頂上避難小屋が見えたと思ったら、予想よりとっても近くってびっくり!

頂上は無風だったので、日が射すと小屋の中より戸外の方が温かいぐらいでした。

勘弁して欲しい甑岩のワカンでのトラバースが終了すると、あとはただただ楽しい雪稜歩きです。

とにかく美しい!

頂上避難小屋が青空に映えてました。
氷ノ山越から一気に下山しましたが、サラサラの雪を滑るように下れました。

呆気ないほどの速度で林道に出て、車まで戻りました。

温泉で温まって、ほっこりと登り納めは終了しました。
スポンサーサイト
22:09  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2017'12.23 (Sat)

銀杏峰って読めますか?

「げなんぽ」と読みます。

615宝慶寺いこいの森P~名松コース登山口~715水場~730羽衣の松~755仁王の松~900前山~1040山頂~1145前山~1220見返りの松~1310宝慶寺いこいの森P

天候の都合で計画前倒し、行き先変更となり、前から名前が気になって仕方なかった福井県の銀杏峰へ行ってきました。
天気が大丈夫そうなら、部子山へ足を伸ばそうと考えていたので、日の出前に出発しました。久々に勝負ヘッデンを装着!

暗くて取り付きがわからず、強引に尾根に乗り、無事ルートに乗りました。
雪の季節はこれができます。
水場手前から名松コースというルートになります。

羽衣の松

仁王の松

見返りの松
名前が付いた松が続々と現れます。

前山の急登を登り切ると

目的地の銀杏峰が視界に入ります。
山頂は残念ながら、ガスの中...
重い湿雪をラッセルしながら、登りきると

山頂?
尖った山ではないので、山頂はだだっ広いです。

そして、奇蹟的に

晴れ間が現れました。

山頂の社は雪に埋もれてました。
風とガスが怪しげな様子なので、部子山へは行かず、下山としました。
部子山まではなだらかな稜線なので、ガスが出てると迷う可能性があるからの判断でした。ガスで白山も荒島岳も見えないし...

下山は走るがごとくのスピードで、あっと言う間に前山に戻りました。下界は晴れてます。
気温が上がってきて、溶けてきた雪を踏みしめて無事に車の所まで戻ってきました。

銀杏峰の名前の謎は解明されないままです。誰か由来を教えてくれないかな?
22:37  |  登山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2017'12.11 (Mon)

いきなりバリエーションルート

普通は雪上訓練してからなんですが、今シーズンの雪山はいきなりバリエーションルートでした。

一日目:800舟山十字路~1110立原山~1140青ナギ~1210無名峰~1330P1のコル

美濃戸口山荘の仮眠室はヌクヌクで快適でした。一泊2000円。
そして、そこで朝食とパッキングを済ませて、車で舟山十字路まで移動。駐車スペースはけっこう満車状態でした。
林道のゲートを越えて、標識にしたがって南稜取り付きに向かいます。

沢を渡って、急斜面を登って尾根に上がります。そこからはひたすら稜線を辿って行きます。
立場山を越えて、とにかく登りばかり...

青ナギに出ると正面に阿弥陀岳の偉容が見えます。
無名峰あたりから強風にさらされながら、P1を越えるとそこがテント場。
見上げる阿弥陀岳山頂は雲の中で荒れてそうでした。

テント正面には富士山が見えるすばらしいテント場です。そして、夜は無風でした。ただし、めちゃくちゃ冷え込みました。

二日目:620P1のコル~P2~P3 850~P4~P5~1030阿弥陀岳頂上1100~御小屋尾根~1430舟山十字路

夜明けと同時に行動開始。

朝日と富士山を見ながら、P2を越えると、核心部のP3にたどり着きました。
朝イチに核心ですか...
P3を左に回り込むと、核心部のP3のガリーに取り付けました。
以前はフィクスロープが張ってあったとのことでしたが、今回はありません。
取り付きにあるワイヤーを支点にロープを出しました。
まだ雪が少ないので出だしは岩をアイゼンで登る感じ。途中から雪壁をダブルアックスで登ることになります。
リングボルトを目指して2ピッチを登り、残りわずかをトラバース気味に歩いて登り、P3は終了です。
とにかくリード待ちが寒くてガタガタ震えてました。手袋が取れずに写真はありません。

顔を上げると正面には阿弥陀岳!
P4は左に回り込んで、バンドをトラバースして通過。
そして、頂上直下のトラバースがどうにもこうにも怖いので、確保を要求しました。落ちたら下まで落ちないだけで振られるだけなのですが、ロープで安心感があったので落ちることはなかったです。

そして、阿弥陀岳頂上にダイレクトに到着!

どどんと赤岳

ばばんと富士山
すばらしい絶景でした。

下山は御小屋尾根でした。
出だしが急峻でヒヤヒヤしながら一気に高度を下げると樹林帯に突入し、長大な尾根の延々とした歩きになります。
大概飽きたところで

南稜への道と合流し、無事舟山十字路のゲートに戻りました。

いきなり全力を出しきらないと帰って来れない冬のバリエーションルートはと~ってもスリリングで魅力的でした。
09:51  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2017'12.02 (Sat)

初めて会いました

某登山アプリで知り合ったayuさんとsakuraさんと六甲へ行ってきました。
実は、初対面!!

830阪急六甲~1010長峰山~1050杣谷峠~1120シェール槍~穂高湖(ランチ)~1345摩耶別山~1420摩耶山~1625新神戸

ドキドキワクワクで到着した阪急六甲駅、この日のためにおnewの山シャツとザックを赤でコーディネートしてきました。
ayuさんが直ぐに見つけてくれたので、ご挨拶の後スタートしました。

まずは長峰山

晴れてて眺め最高!

お久しぶりの穂高湖

このシェール槍に登ってからの

メインイベントのもつ鍋!!

手作りスイーツまでいただきました。

腹ごなしに摩耶山に登って

天狗道から稲妻坂を下る。

布引ハーブ園

布引の滝を経て、新神戸で終了。
三宮駅で解散でした。

晩秋の晴れの日を満喫させてくれたayuさんとsakuraさんに感謝です。

そして、この後、雪山仲間との大宴会でけっこうフラフラで帰って、翌日はアイゼントレーニングです。
冬が来たな~!!
09:20  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2017'10.31 (Tue)

憧れの紅葉狩り

ずう~っと憧れていた紅葉狩りへ行ってきました。
黒部・下の廊下です。

一日目:1040欅平~1140水平歩道始点~トンネル~1335大太鼓~1420砂防堤内トンネル~1600阿曽原温泉

夜行バスは予定通り富山に到着したのですが、その後の乗り換えで乗車列車を間違える失態をしでかして、予定より遅れて出発となりました。
阿曽原のテント場でテントを張れるスペースがあるか心配です。
観光客でごった返す欅平駅周辺を突っ走って急登をせっせと登ると水平歩道始点に到着です。

ついに...

憧れの地に到着です。
時折しも、

秋と冬が同居する季節です。紅葉の山の後ろの高山はすでに冠雪しています。

この水平歩道は黒部ダム建設の際、資材を人力で運搬した道です。

砂防堤の中のトンネルを通ったり、先人の努力の後をたどって行きます。
絶望的にテントスペースの無い阿曽原温泉が見えた所から、いきなりの下りになりダメージを受けながら阿曽原温泉に到着です。16時だったので、スタートが遅かった割には頑張りました。
でも、テント場は満杯で悩んでいると親切な方々がテントを寄せてスペースを開けてくれました。
堺の人と神戸出身の人、ありがとう!!

二日目:510阿曽原温泉~625関電人見平宿舎~730S字峡~830十字峡~1035黒部別山谷~1255内蔵助谷出合~1350黒部ダム下~1415黒部ダムトロリーバス駅

今日のコースはすれ違いが命がけになるので、できるだけすれ違いを少なくするために暗いうちにヘッドライトを点灯して行動を開始します。

相当な山奥に突然立派な関電宿舎が現れて驚きます。

この建物の中を通過して行きます。地熱を感じる箇所もありました。

つり橋を渡って急登を上り、旧日電歩道に入ります。途中にある関電施設は秘密基地のようです。

S 字峡が見え始め、下の廊下のハイライトです。

十字峡
かかっているつり橋から撮るといいのですが、怖くて撮影できませんでした。

白竜峡
景観のハイライトは危険度もMax。すれ違いの際は退避場所を探して、そこに立ち止まらないと行き違えません。
何せ谷側に落ちると死にます。

雪渓を梯子で上り降りして、大岩を梯子で巻く、黒部別山谷が核心部です。
行き違いの度に声を掛け合うのですが、何故か聞き覚えのある声が...
大阪の知人でした(笑) 山屋の生息地域の被ることに笑いました。

まさに山燃ゆの風景が続きます。

内蔵助谷出合の少し前から人に会わなくなり不安になり、ヘロヘロになり始めたところで、

黒部ダムを見上げました。これを上るのかと軽く絶望できます。

ふと左を見ると、トロリーバス乗り場への扉がありました。
膝から崩れ落ちるほど感動できます!

この後、バスとJRの乗り継ぎで松本に移動して、日本酒で宿泊して馬刺しを堪能しました。
ただし、興奮して帰りの夜行バスで眠れませんでした。
14:47  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT