2018年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2018'06.17 (Sun)

単独行デビュー

「登山口までレンタカーに同乗しませんか?」とお誘いいただき、単独行にデビューしてきました。
場所は飯豊連峰。
成功なのか失敗なのか微妙なところです。
反省点は山ほどありますが、何よりも東北の山の残雪を甘く見てました。

一日目:1000弥平四郎登山口~新長坂ルートに取り付けず~1100上ノ越コース~1225上ノ越~1355疣岩分岐~1410疣岩山~1500三国小屋

レンタカーなので、公共交通では歩かなければならない林道を歩かずに済みました。

本来は新長坂ルートを上りたかったのですが、渡渉点から取付を見つけられず、上ノ越ルートに取り付きました。
このコースには水場がないので避けたかったのですが、水を2リットル強持参していたのでこのコースでも大丈夫としました。
(後々甘かったことが判明しますが)
ガイドブックでは比較的楽なコースとありましたが、けっこうな斜度の登りが続き、青息吐息でした。

(これは下山時に撮った写真 上りでは下りとなっていてスッパリ谷が見えて怖かった)
途中に残雪のトラバースが思いかけず有ったりで、けっこうヒヤヒヤものでした。
アイゼンを持ってて良かった。

15時と微妙な時間に三国小屋に到着。
計画では切合小屋まで行くことになってましたが、悩みつつもここで泊まりました。

二日目:500三国小屋~530駒返しのはしご~600七森~岩稜~700切合種蒔山分れ~710切合小屋~755草履塚~810姥権現~835御前坂~910本山小屋~930飯豊本山~950切合小屋~1115草履塚~1400三国小屋

雨の予報でしたが、降ってるか降ってないか判らないほどの降りでした。

ただし、ガスで展望無し。

ヒメサユリ

クロユリ

チングルマ
お花の数々に癒されながら、歩いていましたが、度肝を抜かれるような雪渓に遭遇です。

切合小屋でホッとしたのも束の間、本山小屋手前でゲッとなるような雪渓に遭遇し、黙々と上りました。

(幸い頂上に人がいて証拠写真を撮ってもらえました)
本山小屋を経て、ガスガスの飯豊本山に到着。
何も見えずにその先に行くことは中止して、下山となりました。
途中の水場を当てにしていたのですが、水場は雪の下...

地図の注意書きの通り、雪渓で下山道をロストし、減りゆく水の量にビビりながら、三国小屋にどうにかこうにか帰り着きました。

(避難小屋で一人で散らかしまくってみた)
水は途中の雪渓で雪をかき集めて、融雪水を作るという雪山の知識でなんとかしました。

三日目:500三国小屋~550疣岩山~700上ノ越~830登山口
下山口の集落がマラソン大会で通行止めになるので、規制前に下山する前に飲ます食わずで下山しました。

飯豊連峰は熊が多いのに熊鈴を忘れて、対策として独り言連発、罵詈雑言で賑々しくしてました。
登山口に迎えに来てくれた山友が「三人ぐらいで下りてるのかと思った」というほどうるさかったらしいです...

山の出で湯で人間に復帰して、新潟で食い倒れ飲んだくれて帰阪しました。

教訓
・東北の山はなめてはいけません。鳥海山でわかってたのにね...
・備えあれば憂いない。12本爪アイゼンとピッケルはこの時期も必要。
・水場の状況に要注意。
・山小屋から情報をもらっても、三割増しでききましょう。
スポンサーサイト
20:59  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2018'05.20 (Sun)

どうしてこうなった?!

当初は奈良の大杉谷でシャクナゲを愛でるはすが、突然、佐渡島で花を愛でることになって、あれよあれよという間に話が決まり、本当に新潟の地に立ってました。

ちょっと茫然

一日目:1330アオネバ登山口~1520ドンデン避難小屋

夜行バスで新潟入りし、フェリーで両津港、タクシーでアオネバ登山口に到着。
どしゃ降りの雨の中、カッパを着込み、かなりヤバげな渡渉をやり遂げて、三時間のところを二時間で避難小屋に逃げ込みました。
避難小屋は石油ストーブも畳も毛布もあってかなり快適な住空間でした。

二日目:540ドンデン避難小屋~タダラ峰~645マトネ~745ツンブリ平~850天狗の休場~1005アヤメ池~1035金北山~1155白雲台

明け方にようやく雨は止みましたが、ガスガスで、遠征失敗???とやや失望気味に出発。

緯度が高いので高度はなくても残雪があります。

目的の花は沢山あります。

オオイワカガミ

カタクリ

シラネアオイ

エンレイソウ

そのうちガスが晴れて目的の金北山が見えた!!

日本海も見えた!!

縦走路を見上げるkinkacho

最後の登りの雪渓

山頂で記念撮影

佐渡島のくびれ

金北山には自衛隊のレーダー施設があるので、管理道を通るには自衛隊に申請が必要です。
この管理道を通ってゴールの白雲台に下山しました。

まさかまさかの遠征はまずまずの成功でした。LCCで帰阪します。
17:05  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2018'05.12 (Sat)

新緑の金剛葛城

村岡ダブルマラソン66kmにエントリーしてしまったので、ちょっと気合いを入れてみました。

1000金剛ロープウェイ前~文殊尾根~1050金剛山頂~1150金剛の水~1225水越峠~1310ツツジ園~1320葛城山頂~1330葛城高原ロッジ1530~1615櫛羅の滝~1640葛城ロープウェイ前

新緑の近郊の山に登るとてもいい季節です。
一週間前は雪山にいたのが嘘のようです。
最初に書いた通り9月末に過酷で有名な山岳レースにエントリーしたもので、今日は気合いを入れて山越えしてみました。

登山口からここまで50分

ダイトレの癖で平坦な道だとついつい走ってしまいます。

ここから一気に下って、水越峠から登り返します。ランチなどの時間を抜いて水越峠まで60分

階段の激登りです。

ツツジ園まで45分

葛城山頂まで10分
後続をブッチ切ってしまったので、葛城高原ロッジでダラダラしたり、

猿回しを見物して、山友を待ちました。

合流して、櫛羅の滝まで45分
滝見物の後はさっくり葛城ロープウェイ前に到着して、本日の山行終了です。

帰りのビールは美味しかったです。
21:57  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2018'05.07 (Mon)

天気には勝てません

GW後半は天気予報が今ひとつでした。
山行予定は行先が変更になり、出発は一日半ずれました。
空いた一日を母の遺品の整理をして気力を使いました。この喪失感...

山域:鹿島槍→乗鞍岳
天気予報:回復傾向にはあるが強風

一日目:大阪→平湯キャンプ場
渋滞で予定よりかなり遅れて平湯キャンプ場に到着。今シーズン漸くの共同食の塩レモン鍋を堪能して就寝。

二日目:900三本滝スキー場~BCコース~1130位ヶ原~1200位ヶ原山荘前~1300肩の小屋~(ピストン)~1500三本滝スキー場
当日正午の予想は晴れ風速29m/sなので、恐らく登頂は無理。様子見のつもりで春山バス乗場へ行くも、路面凍結でバス運休。

ショックで倒れそうになりました。

気を取り直して、三本滝まで車で上がって登山開始。いきなりガッツリ急登。

BCコースをひたすら登ります。道幅は広いし歩きやすいです。樹林帯の中なので風も気になりません。

しかし、位ヶ原末端に上がった瞬間から暴風地獄が始まりました。
この雪煙、わかります?
体が持って行かれそうになります。

それでも、肩の小屋まで頑張ってみましたが、小屋直下は暴風もピーク。身の危険を感じて、撤退しました。

来た道をサクサク下り振り返ると、乗鞍岳からはまだ雪煙が上がってました。
天気晴朗なれど風強しでした。

三日目:平湯大滝、山之村牧場、飛騨古川を観光

平湯温泉には何度も来てましたが、平湯大滝は初めて見ました。
雪渓も残っていて絵になる滝でした。

観光牧場で乳絞り体験でもと思いましたが、乳絞り体験は午後からでした。

飛騨古川にも古い町並みが残っていました。高山ほど観光化していなくて趣がありました。

予定通りガッツリ登山とはなりませんでしたが、それなりに充実したGW後半となりました。
14:47  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2017'12.30 (Sat)

雪の芸術

今年は大晦日が荒天予報だったので、越年登山は諦めました。
代わりに、氷ノ山で登り納めです。

830第二リフト終点~910稜線~950三ノ丸~1110頂上避難小屋1130~1200甑岩~1300氷ノ山越~1350氷山霊水

リフトの始動を待って行動開始です。

リフト終点で雪の状態を確かめてワカンを装着して、稜線を上っていきます。

樹林帯を抜けていくのですが、枝に付いた氷雪が芸術です。

今日は日帰り装備なので、快調に行程をこなしていきます。

頂上避難小屋が見えたと思ったら、予想よりとっても近くってびっくり!

頂上は無風だったので、日が射すと小屋の中より戸外の方が温かいぐらいでした。

勘弁して欲しい甑岩のワカンでのトラバースが終了すると、あとはただただ楽しい雪稜歩きです。

とにかく美しい!

頂上避難小屋が青空に映えてました。
氷ノ山越から一気に下山しましたが、サラサラの雪を滑るように下れました。

呆気ないほどの速度で林道に出て、車まで戻りました。

温泉で温まって、ほっこりと登り納めは終了しました。
22:09  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT