fc2ブログ
2024年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2024'03.19 (Tue)

「晴れの国」じゃないよ、岡山

瀬戸内海に面した岡山県は「晴れの国」をキャッチフレーズにしているはずなのに、雨ばっかり😓

鬼ノ城

ここを散策した時は晴れてたけど、前日の岡山マラソンは雨のレースだったので雨イメージが強い。

最上稲荷

トレイルランニングのレースは雨で石段が滑って怖かった😢

吉備津神社

傘を差して散策した。

これが岡山の三大雨記憶です。

今回、この三ヶ所を繋ぐように歩く「吉備路の山全山縦走大会」と言うのに参加してきました。

朝630に服部駅スタートします。

吉備路と言えば鬼なので、鬼がお出迎え。

鬼ノ城では吉備団子のおもてなしがありました。

鬼の差し上げ岩

吉備国は大和政権とは異なる古代王権があったと思います。このような巨石遺跡や古墳が多数あります。

吉備路の風景は長閑です。

龍泉寺

滝行場です。ここら辺から雨が本降りになってきました。

八大龍王のお社

ここから最上稲荷に抜ける記憶がよみがえる。また滑るのか???

随所に出没する鬼さん

最上稲荷の下りは靴が新しいのでグリップ力で乗り切れました。

吉備津彦神社

あと少しで終わるね。ぜんざいをいただいて、最後の中山の上りを上る。

吉備津神社の回廊に到着。

慶事の参詣の盛装の方々の横をずぶ濡れの登山者が通って申し訳ない。でも、屋根の下を歩きたかった。

ゴールしました。

35kmコース 累積標高1600m 走ってはいけないルールなので、わりと楽な縦走大会でした。8時間15分ほどで完歩しました。

翌日は快晴☀️

河津桜を堪能して、

カキオコで昼間からビール🍻を決めましたよ。

スポンサーサイト



19:56  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2024'03.04 (Mon)

雪山ってさ

登山教室のお手伝いで氷ノ山へ行ってきました。

一日目は断続的に雪が降って膝上クラスのトレース無しラッセルで、予定時間の二倍で氷ノ山越避難小屋に着きました。

翌日は晴れで

芸術的な樹氷やら

映える甑岩を展望できました。

今季は暖冬で受講生の方はお気の毒でしたとは思うのですが、ちょっと緊張感無いんじゃないの???と考え込んだ次第です。

一応スタッフなので小言のような注意を時たましてるのですが、体験が無いので注意がピンとこないみたいでした。

・休憩時はバケツ(足場)を掘る→滑落防止のため。凍結した斜面は驚くほど滑る。

・小物、手袋は安易に置かない→風で吹き飛ぶ。

・休憩する時にやりたいことの優先順位をつけておく→吹雪いている時には休憩は最低限しかできない。

・電池ものは体に付ける→電池が放電して使い物にならない。

・寝る時は靴と飲み水はシュラフカバーの中に入れる→凍る。

思いつくままに挙げてこんな感じですかね。→の結果が事故につながる危機感というか、緊張感が無いですね。

今回、膝上の降雪と低温(それでも-5度程度)で、飲み水を凍らせる案件はありましたが、風は無かったので他の体験はできませんでした。

楽しい雪山がコンセプトなので、まあ仕方ないと言えば仕方ないのですが、命に関わる遊びだという自覚は欲しいと思います。

kinkachoが雪山を始めた時は積雪がたっぷりあったので、初ラッセルは腰まで沈んだし、靴やアイゼンのベルトを凍らせたものでした。爆風でテントの袋を吹っ飛ばしたし、吹雪いてリングワンダリングもやらかしました。(リングワンダリングはまさに氷ノ山でやらかした)

教えてくれる人の注意のそれぞれが、やらかしたら命が危ないと実感したので、それはそれは山行ごとに緊張したのですがね。

遊びの中でも危険度が高いことをやってるので、もうちょっと緊張して欲しいなと実感した山行でした。

22:28  |  登山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2024'02.14 (Wed)

欲求不満😓

雪が少ないです。近郊の山でワカン歩行ばかりやってるので、アイゼンでドキドキのミックス帯を歩きたいです。欲求不満です😓

蛇谷ヶ峰

福井の野坂岳から雨で転進。ここから見下ろした麓の風景が白蛇のように蛇行するので「蛇谷ヶ峰」なのですが白蛇は見えず。晴天で眺めはよかった✨

権現山~ホッケ山~小女郎峠

堅田駅~平のバスが冬季運休となり、なかなか行けなくなったコース。曇天でしたが雪の条件は良くて、小女郎峠からの下山はヒャッハーと爆速でした。

己高山(こだかいやま)

読めなかった初の山。くそ重い湿雪で頂上直下で止めたくなるほどの地獄のラッセルを体験。今シーズン一番の重さでした。

霊仙山~権現山~ホッケ山~蓬莱山~打見山

平からが無理なら、霊仙山からならどうだ!?とお試し。

二週前から雪は減ってまるで春山😅 晴れて☀️気持ちよく稜線を縦走してきました。

湖北乗鞍岳

今年は雪洞なんてまるで掘れない積雪でした。なのに一晩で20cmの積雪で落雪音で目が覚めたりしました。二日目は晴れ間に恵まれて何よりでした。

07:42  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2024'01.01 (Mon)

湿雪トレーニング

横山岳、滋賀県北部の標高1200mに満たない山です。

でも、ここ数年積雪期にトライすること数回、悉くタイムアップで撤退してきています。湿雪で進まないことこの上ないのです。登山者も少なくてトレースが無いことも多くて、労力増し増しです。

で、今シーズンはテントを担いで登ってみました。変態的企画だな...

一日目:700金居原付近国道~東尾根登山口コース合流点~金居原コース合流点~1300標高910m周辺(テント泊)

左の小屋から林道に入って暫く進み、良さげな尾根に無理矢理取り付きます。

積雪量が少ないので雪ごと斜面から滑り落ちたり、かなりスリリングなスタートでした。

それでも尾根上にさえ乗れば、あとは金居原コースの稜線に合流するまでひたすら高度を稼ぐのみ。

雪のコンディションが良くないので、力業で上がってます。

こちらが本日のお宿です。

そして、晩御飯は木の葉丼とワンタンスープ。温まります。

二日目:700テント場~840東峰~930横山岳1000~(ピストン)~1130テント場(撤収)1215~東尾根~林道~1515国道

晴天の予感の下、スタートします。

こんな感じでトレースはありません。

そこにバリバリにトレースを付けて上って行きます。朝のうちはまだ雪が締まっていてマシなのですが、積雪が少なくて藪に突っ込むことしばしばです。

左側の奥が目標の横山岳です。あと少し。

山頂に到着。雪少な😳

風が無かったので、暫しこちらで憩いタイムでした。

返りに東峰で日帰りパーティーその1に遭遇。三人組でしたが、全員アイゼン。見事に雪にはまってました。あれは消耗するよな。

テント場で撤収作業中にもう一組と遭遇。こちらはスノーシュー装備でした。

どちらにもトレース付けといたからね。と声かけしました。

撤収後の下山ですが、アイゼン組のはまった穴のトラップに引っ掛かりまくり、なかなかの地獄でした。

下山した後の体は足も腰もパンパンに張ってました。

やはり湿雪は足腰にきます。

15:44  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2023'12.28 (Thu)

夏道に雪が付いた程度😢

寒波❄️⛄❄️がキタ━(゚∀゚)━!

と喜んで氷ノ山へ行ってみたけど、熊笹が顔を出してました😢

期待外れー😖⤵️

700氷ノ山越登山口~830氷ノ山越~1000頂上避難小屋1050~(ピストン)~1240登山口

もちろんスキー場はやってないのですが、咋シーズンから登山者をリフトに乗せてくれなくなったので、氷ノ山越コースをピストンします。若桜スキー場よ、周回させろ😡

取り付きがこの程度

稜線上がこんな感じ。ちょっと標高の低い山は黒い。

でも、青空と樹氷はキレイ✨

いつもはこの熊笹が雪に埋没してて、右側から直登してるのに...

頂上避難小屋も雪は付いても、埋もれていない...

青空がキレイ✨だったから良し😃

暖かいつもりだったけど、返りに温泉😌♨️に入ったら、体がガチガチに冷えてました。そこら辺は雪山だね🏔️

10:58  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |  NEXT