FC2ブログ
2019年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2019'09.08 (Sun)

ミッション終了

夏の最大ミッションである早月尾根へ行ってきました。

一日目:650馬場島~800展望台~1240三角点~1415早月小屋

この石碑をこの目で確認しました。

登山道はとにかくひたすら上り...しかも容赦のない激上り...晴天のせいで汗で水分を絞り取られても水場もない上り...

早月小屋に着いた時は心底安心しました。

早々にテントを張るとにわか雨が襲来。ギリギリで濡れるのを免れました。

2㍑1000円の水を買いましたが、貧乏性には顔は洗えません。

二日目:610早月小屋~755三角点~1010山頂~1310早月小屋

もう一泊早月小屋前で泊まるので、やや遅めのスタートとしました。

とにかく上りしかありません。ピーカンで暑さに体力を削られます。

鎖場が登場しますが、岩場としては優しいレベルだと思います。日帰り装備なので、普通にクリア。

体力を削られ過ぎて、山頂を視認した時は心からホッとしました。

頂上で360度のアルプス展望を楽しんでいるとヘリの音がしました。

雪渓をなめるように上がって来るので、捜索???と緊張しました。しかし、ヘリの乗務員が満面の笑顔で手を振ってくるので、思わず手を振り返してしまいました。訓練の帰りかな??? 通常、飛行中のヘリに手を振ってはいけません。要救助者に間違われます。

小一時間ほど山頂に滞在して、下山しました。

「夏山向かない~」とぼやきながらの下山は暑さでヘロヘロ。

小屋で即行ビールといきたかったのですが、とにかくカラカラでとりあえずコーラで給水してからのビールとなりました。

三日目:530早月小屋~920展望台~1000馬場島

夜が開けた頃に下山を開始しました。

日の出の時刻は秋へと向かっています。

前夜にもう一本水を買いましたが、これほど行動中の水にヒヤヒヤした山行も珍しいです。

下山時は激上りが激下りとなり、早月尾根が要求する体力を改めて思い知らされました。

この早月尾根を日帰りピストンが流行りで大勢の日帰り登山者を見ましたが、凄いですね。でも、一番の猛者は早月尾根~劔岳~劔沢でテントは張って明日チンネを登はんしますと爽やかに言い放った女子二人組だと思います。

kinkachoのパーティーは馬場島山荘の入浴がシャワーのみだったのに耐えられず、みのわ温泉まで車で移動して、獣から人間にもどりました。

次は源次郎尾根だ!!

スポンサーサイト



20:52  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
 | HOME |