2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2011'02.19 (Sat)

防備録

パックリ騒ぎですっかりアップしそこねた歌舞伎観劇の記録。

彦山権現誓助剱 松竹座 3階3列7番
毛谷村で有名な演目を初めて通しで見る。
仁左衛門が六助は初役とはびっくり。
六助が後半からしか出ないので、通しで上演されないことに思わず納得。
ストーリー的には通しで見たほうが理解しやすいし、恋と権力の逆恨みによる殺人&仇討ちと筋は通っているけど、通しにしてしまうと主人公のはずの六助が希薄にするのが難点か?
現代なら、敵役の京極内匠(隠し子騒ぎの渦中の愛之助が好演)を主役にした方がしっくりくるでしょう。
色悪が似合う仁左衛門なら、脚本に手入れて、京極内匠でも魅力的かも…
お園役の孝太郎はもう立派に立女形が務まりますね。

夜の部の盟三五大切は、確か以前、勘九郎(現:勘三郎)の公演を東京で見たはず。
仁左衛門歌舞伎の今回は役の性格で昼の部をチョイスしたけで、ポスターの滴るような色気を見たら、こちらの部も見たかったなあ…勘九郎ではあの色気はないよ。劇評にある虚無感も出ないなあ。
諸事情で二月にこれほど山に行けないのなら、夜の部も取ったのに…劇評も仁左衛門を絶賛。惜しいことをしたと大後悔中。
スポンサーサイト

タグ : 歌舞伎 松竹座

11:00  |  舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1078-02851770

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |