2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011'05.18 (Wed)

5.6をTPで繰り返す

久しぶりに室内ジムでクライミング練習。
う~と唸るほど登れない(泣)

リードする気できたのに、あまりの登れなさに全てTP。
ちなみに、GW中にルートが刷新されて一からのスタートです。

5.8:このぐらいは行けるかと思ったのに…すみません。増長してました。
5.6:ガバガバなんですが、体を左右に振る練習用設定で正対するとメチャ辛いです。
5.7:ガバは小さめながら正対でOKなので、5.6よりはるかに楽なルート
5.6:ここからは最後の一手の反復練習。
「体を左に振って、右手を効かせて左足で左腰を壁にくっつけるようにして立ち上がる。」
これを繰り返すために3回このルートに登りました。最後にはかなり形になっていたと思うのですが、この動きが身についたかな…

「右手を効かせて、右足で壁を蹴って、左腰を壁にくっつけて、左足で立ち上がる。」

これが理解できません。
壁を蹴ると体が壁から離れませんか???
どうやったら左の腰が壁にくっつくの???
壁を蹴る力の反作用を、体を通して壁にひっつく力に変換するんでしょうが、それができません。
そうできるように体が動かないの…反復練習で体に覚えさせるしかないでしょうね~。
スポンサーサイト
23:56  |  クライミング  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●がんばってますね~

今晩は。

内容はよくわからないですが、きちんとジムにも通って、基礎練習(?)を続けてるのは、いつもながらえらいな~。

「右手を効かせて、右足で壁を蹴って・・・」って、私もイメージしてみましたが、よくわかんない。難しいんですね。

壁を蹴って横にスライドするって事?(^_^;) 違うか?

練習して体で覚えていくしかないんでしょうね。
がんばって下さいね~~。e-281



ごみつ | 2011年05月19日(木) 22:08 | URL | コメント編集

●わからない

ごみつさん、こんにちは。
壁を蹴ったら、反作用で壁から離れるでしょう、ふつう。
その反作用の力を体を通して、壁にくっつく力に変換するのかしら???
わからなくて、悩みが深まってます。
kinkacho | 2011年05月19日(木) 23:23 | URL | コメント編集

●多分

多分ですけど
「壁を蹴る」というのは、ホントに壁を蹴るんじゃなくて
右手左足の2点支持のダイアゴナルのムーブの時に
右足をホールドに乗せるのではなく、バランスを取るために
延ばして壁に当てておく状態の事ちゃうかと思います。
う~ん、文章にすると難しい。

また他の「壁を蹴る」とは、何もホールドがない壁を下に蹴って
上方向へ進むための推進力のひとつとして利用する場合もあります。
少しでも摩擦力を上げるための手段です。
壁をよく見ていると分かると思いますが、よく蹴られているところは
シューズのゴムが擦った後で真っ黒になっているでしょう。

ダイアゴナルの練習は、前傾壁でやると効果がよく分かっていいですよ。
N井 | 2011年05月20日(金) 00:00 | URL | コメント編集

●わからない2

N井さん、こんにちは。
そのホニヤララなムーヴのことだと思いますが。壁に当てるだけでは一向に体が壁に近づきません。
師匠がやると壁にくっつくのに…
壁を下に蹴って、靴裏の摩擦でホールド代わりにするのは理解できました。
レベル10の壁はそれがやりやすいです。
kinkacho | 2011年05月20日(金) 07:49 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1132-37851143

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |