2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011'06.10 (Fri)

人気の功罪

パルコプロデュース「ぼっちゃま」 シアター・ドラマシティ 5列39番

久しぶりに劇場へ行きました。
白石加代子が見たかったので…主演:稲垣吾郎は賭けだったけど…

賭けは勝ったのか負けたのか判然としません。
まあ悪くはなかったのだろうけど、吾郎ちゃんが出た瞬間の「きゃーゴローちゃーん」の掛け声にドン引き、カーテンコールのスタンディングでkinakchoには冷静な判断はできませんでした。

SMAPが国民的アイドル集団であることはまあ衆目の一致したところだろうと思います。
多少の翳りは見えるとは言え、SMAPのメンバーの顔を知らない人はいないだろうし、歌を聞いたことのない人もいないでしょう。動員力もあるし、影響力もあると思います。
その人気の割りに、実力と言うか、何かコレっていうのはなかなか思い当たりません。
楽曲のミリオンセラーって「世界に一つだけの花」だけだし、SMAPの代表作って思い当たりません。
間断なく仕事はやっているし、そこそこ話題になるのですが、正当に評価されているかどうか…
人気や話題が先行しすぎちゃって、まわりが落ち着いて見せてくれない。
見る方も先入観アリアリで見ている。
仕事を正当に評価してもらえないのって辛いなあ~

今回のぼっちゃま役、吾郎ちゃんにはニンに合った役なのですが、kinkachoの頭の中では「他の役者でもこの役ならそこそこやるよなあ~」という思いと「この脚本では吾郎ちゃん以外では客席がここまで埋まらん」という思いがグルグル回っておりました。

競演は白石加代子以外には、高田聖子、中村倫也、大和田美帆、谷川清美、福本伸一、小林健一、柳家喬太郎、梶原 善と力のある役者を揃えて下支えをしておりました。

これだけの共演者、平日夜にもかかわらず客席いっぱいの客、SMAPの稲垣吾郎だから整う環境ですね。
スポンサーサイト
18:55  |  舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●え?

お芝居なのにキャーって言っちゃうの?

以前夫のお友達が脚本書いたコメディに吾郎君が出たのを
パルコに観にいきましたが。。。そんなのはいなかったな。

吾郎ちゃんは上手いのか下手なのかはわからず。。。
やっぱり周りが凄い芸達者な方々でまとめてました。
一陽 | 2011年06月10日(金) 21:29 | URL | コメント編集

●言っちゃうんです

一陽さん、こんにちは。
言っちゃうんです。開幕の一瞬だからまあいいです。顔写真のうちわはなかったし…許す。
吾郎ちゃんは「広島に原爆を落とす日」よりは上手くなったけど、「原爆~」はkinkachoが余りの下手さに怒髪天を突いた出来ですから~!
kinkacho | 2011年06月10日(金) 23:00 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1148-614ad7ba

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |