2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2011'09.15 (Thu)

救急病棟の恐怖

今更、怪談でもありません。
ヘリ搬送されたkinkachoが担ぎ込まれたのは当然救急病棟でした。
事故による負傷でヘロヘロで、痛いやら、熱は出てるやらで大変でした。
そんな状態で眠れる状態でもなかったのですが、この救急病棟はオープンスペースだったので、深夜でも周りの音が聞こえました。
医療ドラマで聞き慣れたバイタルサインとか、容態悪化のアラームとか、ナースコールとか、一晩中鳴り止むこと無し。
アラームの後の慌ただしい足音には脈拍が上がりましたよ。心臓に悪いこと、この上なし。
しかし、それより心臓に悪かったのは、人間模様。
斜め前では、認知症のご老人が点滴その他チューブを引き抜いてアラームが鳴り響き、それを防止するためにはめた手袋を外せとのナースとの攻防が一日中続く。(どこをどうやるのか、外してははめられるの繰り返し。)
前では、初老の男性が大腸検査のせいでかえって出血したとグチグチ言ってる。(血流を良くする薬を飲んでると出血しやすいでしょう。服用止めて検査しようよ。)
隣では、入院中の娘さんが借金の件で母親を携帯でなじってるし…(原因は布団って、悪徳商法ですか?)
たった三日で、かなり濃い人間関係にさらされました。
崖から落ちて、骨は折れてる、傷だらけ痣だらけ、痛いし、熱で苦しい、ご飯も自分で食べれない状態で、この精神的ダメージは厳しかった…
転院して整形外科病棟に入ったその日の夜がどれほど静かだったか。
もっとも、血管の出にくいkinkachoのライン確保のために、ナースさんが大騒ぎでしたが…すみません、うるさくて。
スポンサーサイト
19:30  |  事故・入院  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●ウォークマン

たしかに寝たきりの状態ですと、周囲の雑音がものすごく気になりますね。私なんぞ一ヶ月半寝たきりでしたから、呆れるほど耳ダンボ状態でした。ついに我慢しかねて、親から部屋に置いてあったウォークマンを持ってきてもらい、日がな一日聴いていましたよ。ラジオも聴けるタイプだったので重宝したものです。
ヌマンタ | 2011年09月16日(金) 12:53 | URL | コメント編集

●今は静か

ヌマンタさん、こんにちは。
肉体的に弱っているところに、ダークサイドな話を聞くと精神的につらいです。
入れ込みの救急病棟は怖いなあと思いました。
今は思い出して怖いと思える余裕が出ています。
kinkacho | 2011年09月16日(金) 19:55 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1202-ca0a4220

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |