2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012'03.20 (Tue)

早春の京都

京都で歌舞伎&宮沢賢治。

中村又五郎、歌昇襲名秀山祭
【演目】
元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿
猩々
一谷嫩軍記 熊谷陣屋

古典芸能と眠気はセットなのでしょうか、綱豊卿はクリアしたものの、熊谷陣屋は撃沈。
気がつけば、直実は出家してました…
「元禄忠臣蔵」はいつか通しで見たいものです。東京では何回か通し上演をやっているのですが、大阪では綱豊卿か大石最期の日の見取りしか上演されません。
三ヶ月連続上演でもいいから、上演して欲しい。頑張って全部見ますから~~~

上演後は、烏丸大丸で開催されている「宮沢賢治の世界」
「雨ニモマケズ」の原典の手帳が来ていました。
東北大震災以来、宮沢賢治が再評価されているそうですが、kinkachoは宮沢賢治にはどうも黒いものを感じて好きになれません。
前向きに見えるのは「雨ニモマケズ」ぐらいで、それでも「ソウイウモノニ私ハナリタイ」と最後にどんでん返しを仕掛けてる。
「ダークで、人間不信で、後ろ向き人」というのが、kinkachoの宮沢賢治の評価で、震災の復興にはどうかと思います。
そして、それほど宮沢作品を読んでいるつもりはなかったのですが、案外読んでることが驚きでした。何故?
スポンサーサイト
08:38  |  舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1278-89b20ec6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |