2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2012'05.17 (Thu)

チン毒を賜う

前の記事の映画「王朝の陰謀」の火炎虫を見て思い出したのがチン(鳥)です。
火炎虫は浸けておいたり、接触したりすると発火性の毒に冒されるようですね。
同じように、チンの羽には毒性があって、この羽を酒に浸けてチン酒を作り毒殺に使うのは、中国王朝のお約束です。
今回のブログのタイトル「チン毒を賜う」または「チン酒を賜う」というのは君主から死罪を言い渡されることを指します。
実際のところ、チンは架空の鳥で、亜砒酸を使ったそうです。
(世の東西を問わず、砒素は毒殺のデフォルトですね。愚者の毒薬とも言うのに…)
しかし、パプアニューギニアには羽に毒を持つ鳥が実際にいるそうで、チンはその鳥の絶命種という説もあります。
スグロモリモズ
(スグロモリモズ 毒鳥)

さて、ごく最近、中国・重慶市で共産党幹部の薄氏が英国人を殺害した事件がありましたよね。
食事に招いて、椅子に押さえつけて、毒を飲ませたという手口を聞いて、
「チン毒か?!」
とkinkachoは新聞に突っ込んでしまいました。
21世紀に入って12年も経とうというのに、この手口とは…
しかも、薄氏の子息はハーバードに留学中。
奨学金を取得とか言ってますが、広いアパートメントに住んで高級車を乗り回していたそうです。
ハーバードは特別枠で入って、奨学金という国費を使ってるって訳ですね。

中国四千年の腐敗政治の伝統は現在も継続中のようです。
スポンサーサイト
22:52  |  文化・芸術  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1308-24a870f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |