2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2012'10.04 (Thu)

チビっこだ~

原作の伏線に改めて気づく。

大奥

嵐でも演技派と言われる二宮くんですが、青天のヅラが似合わないのとチビっこなのに目を奪われてしまいました。
相手役の堀北真希もさほど大きくないのに、ツーショットになるシーンはなるべく座った体勢になるように仕組んでいるのがバレバレです。
いや~ジャニーズで売れる子は背が伸びない呪いがかかってるなあとシミジミしました。
映画自体はエピソードをひとつ変えただけで、セリフもほぼ原作通りです。
しかし、見てるとちょっと背筋がザワザワするほど落ち着きが悪い。
二宮くんに演技力がないとは言いませんが、江戸っ子で伝法な啖呵も切れる水野を演るにはチビっこ過ぎます。
そして、敵役の松島になる玉木宏がどうも鉄板過ぎて、大奥総取締役・藤波の佐々木蔵之介との絡みにドン引いちゃいました。
腐女子の好物のはずなのに、佐々木×玉木はシャレにならないものを玉木に感じてしまいました。
佐々木蔵之介、阿部サダヲはきちっと芝居をしていましたが、二宮くんと玉木のミスキャスト(もしくはハマり過ぎ)が 残念です。
マンガは作品になった時点でキャスティングも演出も撮影も終わっているようなものなので、映画化は厳しかったと思います。
このジャブのような肩ならしの一編ではなく、大奥誕生編と元禄繚乱編で作者が男女逆転で仕組んだ仕掛けをしっかり映像化していただきたいものです。

原作を改めて読み直すと、男女逆転の大業の裏に細かな伏線が隠されて、史実を巧みに取り込んでいることに気づかされます。
そして、男女の愛とは?というテーマ。
すごく哲学的です。
是非ご一読をおすすめします。
スポンサーサイト
19:50  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

こんにちは!

無知ですみません・・。
公式サイトで調べてみたのですが、
「原作」とは、マンガ・・ということでよろしいですよね?
kinkachoさまの書き込みの最後のほうを読んで、
ぜひ読んでみたくなりました!
マンガはあまり読みませんが、挑戦してみたいです。

いい役者さんばかり・・のように思いますが、
とりあわせというか、組み合わせというか、いろいろあるのですね・・(^^;

ドラマも始まりますよね。
先日の「感謝祭」を見ていて、ドラマ、見ようかなと思っています。
keroyon | 2012年10月05日(金) 09:15 | URL | コメント編集

●はい、マンガです

keroyonさん、こんにちは。
作者はよしながふみ、白泉社刊です。ただ今8刊まで出ています。
同時に吉屋信子「徳川の夫人たち」(小説)を読むと面白いです。
kinkachoはマンガ好きで、マンガと本に埋もれて寝起きしてます。入院中、病室にAmazonに配達させて看護師さんに注意されてしまいました。
kinkacho | 2012年10月05日(金) 12:48 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1390-c2abd9be

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |