2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2012'12.03 (Mon)

ドッカンドッカン来た

宗教画を見て腹がよじれそうになろうとは…

エル・グレコ展 国立国際美術館
moblog_0d83b3eb.jpg

偶然残り一日有効の入場券をもらい、ピアノリサイタルの前に気軽な気持ちで出かけました。
中之島沿いの冷たい風にさらされながら、地下にあるちょっと変わった国立国際美術館に到着。
特別展は地下三階で開催されていました。
第一部肖像画家エル・グレコはまだよかったのですが、第二部以降の宗教画の展示になると、頭をよぎるのは「聖☆おにいさん」の各場面。
神殿から商人を追い出すイエス=テンパって逆ギレしたイエス
受胎告知=受胎テロ
オリーヴ山のイエス=寝オチ
キリストの復活=武道館満杯ライブ
洗礼者ヨハネ=気遣い出来る人
聖母戴冠=サークル活動したい人
…荘厳な絵画を見ながら吹き出しそうになるとは…
いつも展覧会に一緒に行く連れと
「行きたいけど、法話ですら笑いそうになる今の状態では怖い」
と話していた通りの結果となりました。
真面目に見ると、エル・グレコの宗教画は荘厳過ぎて怖いんですよね。
祭壇画として下から見上げる計算で施された画面構成が追いうちをかけてくれるし、エル・グレコの絵って見たいけど怖いのが本音です。
そして、最近見たフランドル絵画より古いのに、妙に現代絵画に近い気もします。
福音書記者ヨハネなんて、あの色使い、構図にヒヤリとして、ヨハネの視線に射抜かれる気がしました。
「聖☆おにいさん」のおかげで、エル・グレコに対する身構えた気分がマシになったのかしら?
スポンサーサイト
08:51  |  文化・芸術  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●エル・グレコ~

こんにちは!

たぶん、この展覧会、来年、東京にくるんだと思います。
エルグレ(笑)の展覧会は久しぶりなので私も楽しみにしております。v-10

最初、上野で見た時の、強烈な印象が今でも忘れられません。そうそう、確かにちょっと怖いんですよね。
あの燃え上がるがごとしの宗教への熱い気持ちが恐ろしい。絵も大きいし迫力あるんですよね~。

私は笑わずに見られる・・と思う!(笑)
e-456
ごみつ | 2012年12月05日(水) 15:16 | URL | コメント編集

●満腹です

ごみつさん、こんにちは。
この展覧会、エル・グレコの作品をよくぞこれだけ集めたと感心します。しかも大物が多い!
一見の価値ありです。
おかげで腹の皮がよじれそうでしたが…
kinkacho | 2012年12月05日(水) 19:12 | URL | コメント編集

感動で泣きそうだったあの展覧会で、まさか爆笑している人がいらっしゃるとは・・・。
あのマンガ、映画になりましたが、もし実写版だったら
ジョニー・デップに出てもらわなきゃ。
まえこ | 2012年12月10日(月) 23:05 | URL | コメント編集

●平身低頭

まえこさん、こんにちは。
もう土下座したい気分です。ごめんなさい。
kinkachoは展覧会では絵そのものを見るより歴史的背景や薀蓄を語るのが好きなので、頭がそっちへ行ってしまうようです。
エル・グレコ先生にも謝りたい気分です。
kinkacho | 2012年12月11日(火) 22:25 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1435-8047e0a2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |