2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013'01.04 (Fri)

新春恒例の初春公演

moblog_a5e0f033.jpg
新春恒例の文楽初春公演です。

「ひらがな盛衰記」
木曽義仲の遺児・駒若丸の生存のために起こる悲劇。舟長の孫・捨松が身代わりで殺され、義仲の臣・樋口兼光は捕縛される。
身代わりに殺された捨松の祖父と母の嘆き、駒若丸のために捕縛される樋口の忠義が見せ所なのですが、正月早々子供が殺される話は正直きついです。
主のためには幼児殺害も正当化されてしまう理不尽さ…義経千本桜・すしやの段、菅原伝授手習鏡・寺子屋、熊谷陣屋なども子供が殺害されているのですが、こちらは忠義のために泣く泣く我が子を差し出す点で忠義と親子の情の狭間の苦悩がまだシンパシーを感じますが、このひらがな盛衰記は通りすがりの赤の他人の子が取り違いで殺されて、目の前で子供は死んでいないけど、その死をあとづけで正当化しようとするので後味が非常に悪いです。浄瑠璃としてはフォロー部分はあるのですが、どうにもこうにもならないです。
あまりにムカつくので眠気も来ない演目です。

「本朝廿四孝」
歌舞伎で言うところの三姫の一人、八重垣姫が出る演目。上杉謙信の娘・八重垣姫が許嫁者の武田勝頼を助けるために諏訪法性の兜の神通力で諏訪湖を渡るというお話。
八重垣姫の赤い打掛、勝頼の若衆姿の裃長袴、御殿の金箔が目に華やかな一幕。
諏訪法性の兜についているのが狐の力。
20130104.jpg
諏訪明神のお使いなので白狐です。この狐がかわいいのです。出てきた時に後ろ足で耳の後ろを掻いたり、尻尾を手入れしたりして、耳がピクピクしたり愛らしい。狐の出る演目はkinkachoのお気に入りです。
今日の狐ちゃんはおニューのようで毛並みがピカピカでした。

他に「景事・団子売」がありです。
moblog_eb0c7c14.jpg

終演後のお茶はクレープリー・アルシヨンにて。
moblog_eee0b37c.jpgmoblog_f0314927.jpg
ガレット・ブルターニュ(kinkacho)と洋ナシのコンポートのクレープ(連れ)
ガレット・ブルターニュはガレット生地に鴨肉、ポテト、りんご、カマンベールチーズ、蜂蜜を包んだ惣菜系です。甘しょっぱい味で、あっさり味でした。甘口のシードルと合わせて正解です。
スポンサーサイト
23:19  |  舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1468-5967db34

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |