2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013'01.18 (Fri)

英国式英語の快感

オチは微妙なんですが…

もう一人のシェイクスピア 

英語文学の最高峰と言われる作品群を生み出したシェイクスピアはストラトフォード・アポン・エイヴォンのシェイクスピアではなかった。
このシェイクスピア別人説を題材にした映画です。

ブロードウェイの劇場で俳優の語りで始まるシェイクスピア別人説とは…
エリザベス女王治世の末期、王位継承者問題で英国内は揺れている。
スコットランド国王ジェームズ6世が有力との噂に、女王の隠し子と言われるエセックス伯は盟友サウザンプトン伯とオックスフォード伯と共に王位継承を目論み、宰相ウィリアム・セシルと対立している。
娘婿ながらセシルに恨みを抱くオックスフォード伯エドワード・ド・ヴィアは、かつて女王すら虜にした文才で世論をエセックス伯を王位に就ける方向に操作しようと策を巡らせる。
その策のため、自らが書き溜めたの脚本を詩人で作家のベン・ジョンソンに自作として発表させようとするが、ジョンソンは創作者としての誇りからそれを躊躇し、役者であるシェイクスピアがとっさの機転でその役目を手に入れる。
人気劇作家としての名声だけでは飽き足らず、オックスフォード伯まで脅迫して金をせびりだす俗人シェイクスピアに、ジョンソンは言いようのない感情を抱き始める。その一方で、オックスフォード伯は、セシルを出し抜き、エセックス伯の王位継承に王手を指そうとする。
ついに、エセックス伯が武装蜂起を決めた日に、劇場と宮廷の運命が交錯することに…

衣装、装置など映画の道具立ては立派に歴史ものです。
役者もコスチュームプレイ向きの容貌の人間を揃えてます。
題材もシェイクスピア別人説という興味深いものを取り上げています。
でも、このちょっとしたガッカリ感は何なんでしょう???
ローランド・エメリッヒが監督なのが間違い?
そりゃ、エメリッヒは歴史ものには向かないよなあ…

でもね、冒頭のシーンで、語りのデレク・ジャコビがいかにも英国式という英語で語り始めると、やっぱりシェイクスピアは英文学の最高峰だよ…と思わされるのですね。
劇中劇として、「ヘンリー5世」「ロミオとジュリエット」「マクベス」「十二夜」「真夏の世の夢」「リチャード3世」などが演じられるのですが、やっぱりシェイクスピアは原文で上演されているのを見てこそだなと思います。
この点だけでも、この映画にお金を払ってよかったと思います。

でも、オチはそれはちょっとなあ…なので、微妙に萌えがないのが残念な作品でした。
スポンサーサイト
00:01  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1479-792e2eb3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |