2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

2013'04.05 (Fri)

最低女?

言わずと知れたロシアの文豪・トルストイの作品の映画化です。

アンナ・カレーニナ

アンナ:キーナ・ナイトレイ
カレーニン:ジュード・ロウ
ヴロンスキー:アーロン・テイラー=ジョンソン

劇場を使用した、舞台的演出をしています。
「さすがに空前絶後の豪奢を誇った帝政ロシア末期の社交界を現代映画はセットを組んでは映像化できませんでした」という苦肉の演出でした。
そうかと言って、薄っぺらなCG多用の映像では帝政ロシアは描けませんからねえ…
この演出が悪くはなかったですよ。
特に導入部はテンポよく進んで、物語に入りやすかったと思います。
アカデミー賞を取った衣装も、時代考証的に正しいとはいいませんが、この演出と馴染んで華麗です。

原作を読んだ時は「ヴロンスキーって最低男」という印象だったのですが、この映画を見た感想は「アンナって最低女」という印象でした。
20130405anna3.jpg
ジュード・ロウ演じるカレーニンは堅苦しい宮廷官僚なのですが、妻には誠実ないい人です。
妻の不貞に我慢に我慢を重ねて、妻が告白してもまず品位を守れといい、不貞は責めない、妻をかばおうとしたり、不義の子を産んで死にかけた妻を許し、駆け落ちした妻が息子に会いたいと言ったらそれを許可しようとする…あれ?原作と違う?
20130405anna2.jpg
アーロン・テイラー=ジョンソン演じるヴロンスキーは金髪碧眼の美男将校なところは原作通りですが、お母さんに「火遊びはいいけど、ここまで腑抜けるとは」と言われちゃうぐらい、アンナに入れ込んでいます。
最後の方は若い娘にフラフラしたり、鬱気味のアンナに辟易としてるのですが、それなりにがんばってます。
20130405anna1.jpg
一番情けないのはアンナですね。
嫌よ嫌よも好きのうちで、ヴロンスキーに嵌っちゃっう。最初に息子に会えないのは嫌と言っておきながら、ヴロンスキーに合えないのは耐えられないと息子を捨てて駆け落ちして、南の地で愛人とバカンス。
そのあと、おめおめと愛人と戻ってきて息子に会えないのは辛いわって…しかも、不義の子は旦那に押し付けてるし…
どう考えても、アンナはうつ病で自殺しちゃいましたって感じでした。ここらへんだけがとってもモダーンです。
原作を読んだ時のイメージが自立する女性の成功例が「人形の家」で、失敗例が「アンナ・カレーニナ」だっただけに、妙にモダーンだと違和感を覚えるのでしょうか。今更、女性の自立というのも古いですから。。
そして、もう一組のカップル・リョーヴィンとキティは「人は他人や神のために生きるべきものだ」というオチがついて原作通りでした。

キーナ・ナイトレイのお着替えだけでも楽しいので、レディースデイなら見てもいいと思います。
スポンサーサイト
15:25  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

こんばんは!
無知ですみません・・。この映画は、今、映画館で
やっているのですか?
以前、宝塚でもやっていましたよね(バウホール公演)・・。
そのときは、「アンナって最低女」という印象でした。

あ、kinkachoさまの以前の記事を拝見して、一度観たいと
思っていた大竹しのぶさんの舞台、
地下鉄の駅でポスターを見て、よし!と思ったのですが
都合がつかない日程でした・・(;;)
またの機会を狙います・・。
keroyon | 2013年04月05日(金) 22:26 | URL | コメント編集

●先週公開です

keroyonさん、こんにちは。
この映画は先週公開になった映画です。今年のアカデミー衣装デザイン賞を取りました。
つい先日、一路真輝さんがミュージカル版のアンナ・カレーニナをドラマシティでやってましたね。小池先生の脚本でした。
kinkacho | 2013年04月05日(金) 22:55 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1536-6be968c8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |