2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013'04.14 (Sun)

舞台そっちのけ

文楽四月公演 国立文楽劇場 中央11列32番

伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)の飯炊きかぁ…爆睡???
という懸念より何よりも気になる集団がいました。
どこかの着付教室の生徒さんが集団で着物を着て観劇に来ていました。
自分で着物を着て伝統芸能を楽しんでみる企画なんでしょうねえ…
でも、着物の着方があまりにも酷くて目が釘付けで、気になって舞台に集中できませんでした。
引率の指導者、ちょっとぐらいチェックしてやれよ!!生徒同士でもチェックしようよ!!
お太鼓の上辺が斜めってる、帯のたれがバランス悪い、おはしょりよりものすごく褄がはみ出ているなんて、序の口です。
前列にずらりと並んだ生徒さんたちの衣紋の抜き方にイ~となってました。
その中でもある一人はネックレスを二本して、襟足からキャミソールが見えてるんですよ。
しかも、背中心が完全にずれている…
着物は桜柄だし…(桜柄のように季節が限られる柄は先行して着るのが和服の常識)
本当にトイレに呼び出して、着付けなおしてやりたかったよ…

観劇の仕方も騒ぎはしないけど、イヤホンガイドの音が漏れまくってたり、前傾姿勢で見るから後ろの人には凄く邪魔!

企画はいいと思うけど、もうちょっと着物の着付に慣れるか、文楽の観劇に慣れてから、やり直しておくれ。
本当にとっても迷惑だったから…

せめて着物が目の保養になるようなものだったらよかったけど、今風のポリエステルとか、こなれてない織りとか、お母さんの若い頃の小紋を借りてきましたというような赤いべべは勘弁して欲しかった。
それから、変わり結びはノーマルな一重太鼓をマスターしてからにしてね、くちゃくちゃになってたよ。

moblog_91b3979a.jpg
桜柄の着物には文句は言うけど、ケーキは桜のムースで文句なし。@アルション
スポンサーサイト
19:30  |  舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●桜・・散る

こんばんは。e-15

せっかくの文楽の鑑賞にそれは災難でしたね。
私たちの若い頃は、祖母の世代とかが日常で着物をまだ来てたけど、今はもう皆無なので若い人たちもお手本が身近にないのでしょうね。
引率の先生の責任大ですね、これ。
まあ、若い人たちのマナーも問題なんでしょうけどね~。e-258

ところで、先日の淡路島の地震は大丈夫でしたか?
けっこう大きかった様なので心配してました。
東京でもこのところ震度2~3程度が毎日あります。(東北を震源地とした)

地震、ホント、怖いですね。v-356
ごみつ | 2013年04月15日(月) 00:53 | URL | コメント編集

●ビビりました

ごみつさん、こんにちは。
他の人は気にならないのかな?
うるさいとか具体的苦情は出ないのですが、着なれない和服で座るからその人の後ろの席に座ると舞台が見えないという切実な問題がありました。

地震はビビりました。発生時間も阪神大震災と近かったのでヒヤリとしました。
南海大地震かと思ってマジ冷や汗ものでした。
kinkacho | 2013年04月15日(月) 13:00 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1543-f23acaf2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |