2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013'05.03 (Fri)

本望!! その1

GW後半は全て山でした。
真冬~初夏までをたった四日で体験しましたよ。
ただ今、顔面は日焼けで真っ黒です。
残雪の晴天はどう頑張っても紫外線には勝てません。美白化粧水で必死のリカバーです。

moblog_f1ff02b0.jpg
今回の登山の現場は立山でした。
写真を見ればわかるように、残雪の山容が青空に映えて美しいです。

一日目:晴れ 室堂~雷鳥沢
入山当日はテント場までの歩きのみ。しかも懸念の剣沢ベースではなかったので、お気楽モードでした。
しかし、雷鳥沢でのテント設営は今シーズン初の重労働。
ガチガチの残雪をスノーソーで切りまくって、スノーブロックを作成しました。
いつもこっそりサボっているのですが、今回のテントメンバーではやるしかなく頑張りました。
この後は周辺の斜面で滑落停止訓練に励み、一日目にしてクタクタでした。
kinkachoが食担だった夕食はキャベツの肉味噌炒め、卵スープ、赤飯。
缶ビール一本飲んで、明日の3時起床に備えて19時には就寝しましたが、春山と舐めて温い装備で寝ていたら寒さで何度も起きる羽目になり、この日以降は真冬仕様で就寝するようになりました。

二日目:曇~吹雪 5:00雷鳥沢~6:40一の越~8:35雄山~9:15一の越~10:40雷鳥沢 消費カロリー3913キロカロリー
はっきり言って寒いです。
5時出発で冬ならではの直登コースで一の越を目指す途中で雷鳥に遭遇。
ゲコゲコというカエルのような鳴き声で振り返ると、換毛期特有の白と茶斑混合の雷鳥が目の前を歩いて横切って行きました。人間に対する警戒心はありません。
フクフクでかわいいのですが、こいつが出るということは天気は荒れるということですね。
一の越で滑落停止訓練をしてから、雄山への雪岩のミックス斜面を上ります。
ここで軽い高度障害でめまいがしだし、11mの強風にあおられ軽い低体温症も出てきた模様。
パーティーの後方に下がって超スローペースで山頂に到着。
山頂は完全にガスの中で強風が吹き荒れる厳冬期状態でした。
休憩中は体の震えが止まらず、どう考えても低体温症。
それでも雄山神社までは行ってどうにか一の越まで下りました。
パーティーのできる組も強風のため縦走を断念。予定変更で午前で登山は終了となりました。
午後からは、雪庇からの懸垂下降の訓練で終了。
本日の食担さんのきのこ和風スパと缶ビール一本で夕食をとり、19時に就寝しました。
前日の教訓を生かして、ダウンと雨具を着込み、カイロを貼りまくる就寝スタイルは安眠を保障してくれました。

雷鳥。
かわい過ぎます。真っ白な冬毛で膨らんでラッセルをする映像を見て以来、雷鳥マイラブな状態です。
小学生の時はお小遣いでポスターを買いました。
毛爪はもちろん、あの不細工な鳴き声も、下手くそな飛び方もラブリー。
いつか完全な冬毛の越冬姿を見るのが希望です。
今回は冬毛勝ちの姿を見れて嬉しいです。
moblog_b9f72aa9.jpg
さて、この写真のどこに雷鳥がいるでしょう?

(その2に続く。写真は別途アップします。)
スポンサーサイト
10:42  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●事故多発

GW後半はのんびり冬眠してましたが、北ア、中アでの山岳事故の多さに驚いてました。予報では好天続きだと聞いていましたが、東京に居ても強風に驚く妙な天気でした。
昔から5月の山は厳冬期と紙一重と言いますが、今回もそんな感じだったようですね。無事下山できてよかったです。
ヌマンタ | 2013年05月07日(火) 23:23 | URL | コメント編集

●四季を体験

ヌマンタさん、こんにちは。
GW後半の立山は厳冬期の吹雪から夏山の気温を体験できました。
二日目の雄山は吹雪で厳冬期でも経験しなかった経度の低体温症を体験しました。
そして、三日目の富士の折立では前日の事故者を捜索しているヘリが飛んでいました。
kinkacho | 2013年05月07日(火) 23:42 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1552-fa69640e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |