2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2013'06.04 (Tue)

よくあるパターン

試写会です。当たるときは立て続けで、本命の映画は当たりません。

20130603.jpg
エンド・オブ・ホワイトハウス

北朝鮮の工作員にホワイトハウスが占拠されて、大統領はじめ国家の首脳陣が人質になる。
この国家的危機に元シークレット・サービスの男が一人で立ち向かう…

人質に、立てこもりに、味方はたった一人。
よくあるパターンですね。
人質が大統領、場所がホワイトハウス、犯人が北朝鮮というところが目新しいと言えば、目新しいかな?
こうなると、もうドンパチを楽しむのが正しい鑑賞の仕方でしょう。
脇にモーガン・フリーマンが出ています。役どころがありきたりで、もったいないです。
「アイアンマン3」のベン・キングスレーほどひねりが入っていたら面白いのに…

テロリストと言えば、昔は共産国側でしたが、最近はイスラム勢力、最新は北朝鮮というところに時代の推移を感じるべきでしょう。
このテロリストの頭領が日本でもてはやされる韓流イケメンの顔ではなく、えらの張ったややつり目の朝鮮民族顔の俳優で、何故か腹立たしさが倍増で「とっととやられてしまえ!」と心の中で毒づいてました。

映画としては特筆するべきものではありませんが、無理矢理感動を狙った「奇跡のリンゴ」よりは素直に見れる映画でした。
でも、映画館に行く必要はないし、DVDレンタルも必要ないですね。
テレビ放映された時に暇ならどうぞ。
スポンサーサイト
00:01  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●お手軽便利

アメリカって国は敵があってこそ正義の旗手面ができるので、その意味で北朝鮮の存在は便利なのでしょうね。イスラム国を露骨に敵役にするのは弊害が多いし、商売ネタのシナも敵役にはしずらい。
その意味で映画で憎き敵役にはうってつけのネタなのでしょう。
どうもかなり素早くTV放送されそうですね。
ヌマンタ | 2013年06月06日(木) 13:35 | URL | コメント編集

●13分で制圧

ヌマンタさん、こんにちは。
ホワイトハウスが13分で制圧されるって、警備体勢に問題ありだろう。
だいたい国籍不明機が首都の上空に入れるかい。
と、ビール片手に突っ込みながら見る映画です。
いや、本当にアメリカって、対敵でないと正義が描けない国ですね。
kinkacho | 2013年06月06日(木) 15:54 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1579-15c21762

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |