2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2013'11.04 (Mon)

越すに越されぬ伊賀越

文楽十一月公演を二連荘。疲れます。

moblog_46f90e2c.jpg
伊賀越道中双六 国立文楽劇場

今回の公演は通し公演というやつです。
歌舞伎や文楽は一つの演目を通して演じる「通し」と有名な場面をピックアップして演じる「見取り」という二通りあります。
この通し公演はストーリーが分かりやすいという利点があるのですが、退屈な場面があったり、現代の公演形態では非常に観客に忍耐が要求されるという難点があります。
特に、この伊賀越えは花町という華やかな場面があるわけでもなくひたすら地味で、また休憩を挟むタイミングが難しく、通しでかかると見ていてめちゃくちゃツライです。

今回も息も絶え絶えの観劇となりました。

さすがに一日で通して見切る勇気はなくて、三日に昼の部、四日に夜の部と二日連続としました。
芝居友達は二日連続はツライとのことで、夜の部はkinkacho母に登板してもらいました。

伊賀越道中双六のあらすじは荒木又衛門の敵討ちの話です。
それを室町時代に置き換えて(浄瑠璃のお約束)、主従、親子の義理人情を絡めます。
敵討ちというと、艱難辛苦の末に大願成就と考え、古典芸能だから、世界文化遺産だからと堅苦しいと思うはずです。
しかし、この話、男はほぼ100%が女性問題で失敗していますし、敵持ちになる副主人公は女に加えて酒でも失敗しています。
主人公もデキ婚の上、一瞬ロリ疑惑が浮上します。おまけに我が子を殺すし…
そんなどうしようもない男のグダグダも古典芸能になると芸術なの?と、最近疑問に思っていますが、見取りでもよくかかる「沼津の段」はやっぱり浄瑠璃の名曲なのは確かです。

いきなり見てくれと初心者を誘うにはハードルが高いですが、お約束さえ覚えれば理解しやすいので新規のお連れを募集中です。
スポンサーサイト
22:05  |  舞台  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1708-6c359ca5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |