2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2013'12.10 (Tue)

なんかねえ凄いです

かぐや姫の物語 高畑勲監督
20131213-1.jpg

日本最古の物語「竹取物語」をスタジオ・ジブリの高畑勲が映画化。
なぜ姫が地上に落とされたのか。その謎が明らかになるのかを期待したら肩透かしをくらいます。
羽衣伝説に絡めて暗示はされますが、明示はされません。
それでも、なんか凄いものをみたなあと思わされます。
日本画的な絵柄、淡い色彩などの動画としてのクオリティ、姫にまつわる人々の情感、姫の謎めいた言動…総合的に見ると凄くクオリティが高い映画だと思います。
音楽もいいですよ。
kinkachoは月からの迎えが来るシーンが圧巻だったと思います。
あんな見事な阿弥陀来迎図を見たのは初めて!! 是非、重要文化財に指定を!という気分になりました。
あのシーンの音楽が頭の中でリピートされて困ってはいます。

系統的には「となりの山田くん」の延長線上にあるかと思うのですが、美術品を見る気分の映画でした。

ジブリ作品は王道の宮崎作品より、高畑作品の方がkinakchoは好きです。
ただし、「ほたるの墓」は号泣してしまうので見ないようにしているkinkachoでした。
あの年頃の女の子がしゃべるのを待って録音って、反則だと思いませんか?
スポンサーサイト
14:05  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●映像美

この作品、映像が見事なので、時代を超えて残ると思います。
シナリオ的には、ちょっと?思うところはあったのですが、そんなことはぶっとぶほどのインパクトのある映像でした。
静止画でみると古い感もあるのですが、それが動き出すと鮮烈で、なんともいえぬ味を出していると思いました。
ヌマンタ | 2013年12月16日(月) 13:52 | URL | コメント編集

●総合的に

ヌマンタさん、こんにちは。
この作品は「風立ちぬ」より名作ですよね。
映像が凄いと感心しました。
月への帰還シーンの阿弥陀来迎図がとてもお気に入りです。
いや、見てよかったです。
kinkacho | 2013年12月18日(水) 23:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1734-1563ff67

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |