2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2013'12.30 (Mon)

八ヶ岳で越年 二日目

メインの縦走を計画していた二日目は晴れてました!!
moblog_94721afc.jpg

二日目:7:20赤岳鉱泉~8:00行者小屋~文三郎尾根~10:05赤岳~10:40展望荘~12:40横岳~硫黄岳~赤岩の頭~15:40赤岳鉱泉

二度敗退しているので出発時はかなり緊張していました。
moblog_88ee241d.jpg
行者小屋前に着いた時点で青空が見えていて、けっこうそれだけで満足していました。
moblog_d54962e9.jpg
そして、いよいよ初の文三郎尾根に踏み込みました。
今までは、地蔵尾根からと硫黄岳からだったので、有名な文三郎尾根からは初めてです。
夏の写真を見ても吹きさらしの尾根なのはわかっていましたが、今回は「無風=風速10m」の冬山。
晴天でおだやかな日でしたが、デフォルトの10mの風は常に吹いています。
勾配はめちゃくちゃ厳しいし、息は上がりまくってますが、
moblog_dc71ea77.jpg
それでも、空の青、雪の白、岩の黒はそれは美しい光景です。
見通し抜群の文三郎尾根から冬季登攀者を眺めながら稜線を上り切ると
moblog_e58ce9cc.jpg
念願の赤岳山頂!!!
moblog_9ebc0bc5.jpg
振り返ると富士山がくっきりと見え、浅間山も見えます。
moblog_55c909d8.jpg
360度のパノラマが青空の下に見事に展開してました。
展望を楽しみ、冬季営業中の展望荘で大休止。穏やかとは言え風が吹きすさぶ稜線から暖房の効いた小屋に入るとホッとします。ここでは500円のぜんざいは食べ放題。体温維持だけでも体力を使う気候の中でハードな登山で疲れ切った五臓六腑に温かいぜんざいは染み渡るようです。
大休止の後、再び寒風吹きすさぶ稜線に出ます。地蔵尾根分岐の後はハシゴを数箇所乗り切り横岳頂上に到着。
moblog_c13ef53b.jpg
これがkinkacho達の偉大なリーダーです。いつもお世話をかけております。
この横岳後が縦走の核心部。
ナイフリッジ、鎖場、ハシゴ、岩場のトラバースと難所が続きますが、偉大なリーダーが的確な指示で通過をサポートしてくださいました。鎖にピッケルをひっかけて支点にするのは想定外でした…
硫黄岳山荘(冬季閉鎖中)を越えるとなだらかな稜線になりましたが、一気に雲がかかり吹雪状態になりました。
横なぐりの風の中、ケルンを目印になだらかな硫黄岳山頂に到着。
一瞬めぐった晴れ間に爆裂火口を望み、通過した赤岳、横岳を振り返り、かつて撤退した赤岩の頭を通過して斜面を下り始めると嘘のように風は吹きつけなくなりました。
樹氷を楽しみ、斜面の尻セードを楽しみながら八時間超えの縦走は完結です。
涙がチョチョ切れる終幕でした。

夜は鶏釜飯と筑前煮。寒さに耐えかねて小屋に逃亡したりして二日目夜も20時過ぎには就寝しました。
スポンサーサイト
20:52  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1752-8b557ae1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |