2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014'02.01 (Sat)

妄想で萌える

日本語版でこのポスターは見てないぞ!

moblog_20f4f063.jpg
マイティ・ソー/ダークワールド

アベンジャーズの戦いから一年後、ロンドンでの重力の異常を調査していたジェーンはエーテルというの破壊の力をその身に宿してしまう。それを知ったソーは恋人を助けるべくジェーンをアスガルドに連れ来るが、エーテルの奪取を目論むアスガルドの敵ダークエルフの侵攻を招いてしまう。ジェーンを救い、ダークエルフの侵攻を阻むべくソーは義弟にして、宿敵のロキに助力を請う…

来年公開の「アベンジャーズ2」を見るために映画館で見てきました。
今日が初日だけど映画の日だったので。
いわば「繋ぎ」なので、映画単体としてどうなの?という出来ですが、マッチョなハンサム・クリス・ヘムズワースと、デカダンの香りのするハンサム・トム・ヒドルストンの鑑賞会ということで我慢できます。
マーベルコミックの映画化ですが、下敷きは北欧神話なので、そこらへんとの相違を頭の中で整理するのも一興。

そして、今回の目玉はロキ!
「アベンジャーズ」では踏んだり蹴ったりのロキでしたが、今回は拾い子として親の仇に育てられ、陽のソーと何かと比較されて成長した陰影が反映されて、めちゃくちゃ美味しいキャラになってました。
愛憎が入り混じるソーへの思い、出口のない義理の母フリッガへの思慕、オーディンへの怒り、猜疑と偽りの神として自らすら騙しているようなふるまい…屈折しまくったカオスのような人物を、トム・ヒドルストンの退廃的な美貌で演じられると、腐女子の妄想が炸裂!!
あ~どうして設定ではロキが弟なの? ここは兄でしょう?! 兄の方が絶対萌える!!
と、妄想大爆発でした。

しかし、そこは「繋ぎ」 最後にこの萌えに水を差されてしまいました…残念!

でもまあ、クリス・ヘムズワースとトム・ヒドルストンのツーショットは萌えどころ満載なので許す。
って、ヒロイン・ナタリー・ポートマンをまるで無視の腐女子目線でした。
スポンサーサイト
23:30  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●萌えポスター(笑)

再び。

あ~~、「ソー」もうはじまってたんだ!v-12
私も行く、行く!
「アベンジャー」見ないといけないもんね。
しかし、ホント、マーベル系アメコミ映画は、あざとい商売をしますよね!(笑)

トム・ヒドルストンは、先日の「オンリー・ラバーズ~」以来、プチブームなので、是非、ロキを見に行きたいです。

それにしてもよくこんな「萌えポスター」見つけてきましたね!(笑)
ごみつ | 2014年02月03日(月) 01:38 | URL | コメント編集

●同じくマイブーム

ごみつさん、こんにちは。
kinkachoも「オンリー・ラバーズ~」でヒドルストンに改めて注目しました。だから、余計にロキに萌えたのかも…
あのデカダンな美貌がおいしいです。

このポスターねえ~、見つけた時、「狙ってるな~!!」と感心しました。
日本語版は見てないのですが、あったら腐女子のハート直撃ですわ。
kinkacho | 2014年02月03日(月) 23:33 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1780-8f6e0b7f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |