2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014'02.11 (Tue)

リベンジで返り討ち

日曜までは謹慎しましたよ。

ということで、リベンジに出かけました。
moblog_a16c17e9.jpg
三十三間山@福井県

7:10登山口~8:29分岐点~8:50沢~9:38ピーク406~11:41最後の急勾配~12:30登山道~13:40三十三間山山頂~正規登山道~15:40登山口

リベンジのお題は当然「読図」!
そして、見事に返り討ち!!
分岐点から沢にいったん下りて取り付きポイントがわからずに、再び別ルートをたどってしまいました。
前回が右に回り込み過ぎて失敗したので、今度は左に寄り過ぎて別の支尾根に取り付いたようです。
尾根に上がった時点でおかしいと思いながらも一縷の望みを抱いていたのですが、スマホのGPSで確認すると403のピークにいました…ガックリ!!
moblog_706ed8cc.jpg
鹿の足跡に惑わされ、登山道へ出る最後の急勾配を意地で登り切り、稜線の意外に手強い稜線のラッセルをこなして、山頂に到着しました。
多少タイムオーバーしていたのと、急勾配のラッセルで燃え尽きたことで、下りの読図は諦めて正規登山道で下山しました。
この日の三十三間山で遭遇した登山客は2グループと少なかったのですが、そのうち1グループがなんと大阪の知り合いという、世間の狭さを下山道で体験しました。

今回も「読図」の課題を残して、福井から滋賀、京都を経て、大阪に帰還しました。
リベンジに行って、返り討ち…いつか勝利してやる!!
スポンサーサイト
23:38  |  登山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●雪は変化自在

寒いのが嫌いなので、あまり雪山には行きませんでしたが、私も似たような経験はあります。積雪が山の形状を変えてみせるので、読図をしっかりしているつもりで、騙されるのです。
展望があっても間違えるのですから、雪山って難しいと思いますね。
ヌマンタ | 2014年02月13日(木) 12:34 | URL | コメント編集

●雪のベール

ヌマンタさん、こんにちは。
雪のベールはかすかな踏み跡を隠してしまうので、無雪期のような読みができません。
地形図に載らない沢に今回も惑わされました。
先の経験も「もっと左」という思い込みを生みました。
やっぱり読図は奥深いです。
kinkacho | 2014年02月13日(木) 23:20 | URL | コメント編集

●やはり予習不足でした

前回失敗したのに今回も安易に再トライした結果見事に敗退でしたね。
帰宅して地形図をズームアップして検証すれば明らかに間違いルートを選択してたのが明白でした
迷いやすいヶ所は事前に分かってるからやはりズームアップした地形図を持って行くべきでした
じゅん | 2014年02月14日(金) 21:42 | URL | コメント編集

●素晴らしい教材

じゅんさん、こんにちは。
今回もありがとうございました。
今回も見事にしてやられて、宿題がいつまでも終わらない気分です。
やっぱりきっちり予習すべきですね。
三十三間山、読図には素晴らしい教材です。
kinkacho | 2014年02月14日(金) 22:09 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1789-15775620

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |