2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014'07.19 (Sat)

トレーニングではなく本チャンでした

北岳→鳳凰三山→奥の深谷と二転三転した連休の予定は、弥山・双門コースに落ち着きました。

双門コース、それは…
20140719.jpg
梯子で名高い、そして年に一件は死亡事故が起こるというタフなコースです。
kinkachoも何度か計画し、計画が流れてしまうという因縁のコースでもあります。
そこで、女三人で決行するにあたり、ビバーク込みでテント持参、安全確保のために補助ロープ、ハーネス、ヘルメット持参と万全の装備で臨みました。

i一日目:9:30熊渡~白川八丁~10:36カマ滝~12:28一の滝・二の滝・三の滝~14:11双門の滝~河原小屋跡~17:02ビバーク
大阪から車で3時間。到着した熊渡はすでに車がいっぱい駐車されてました。
これは狼平避難小屋での泊まりは難しい…???
弥山川の渡渉が頻繁にあるので、ハーネス、ヘルメット装着。足元は悩んだ末にアプローチシューズをチョイス。抜け切れなければビバーク想定を確認して、いざ出発!
林道、石がゴロゴロの白川八丁を経て、カマ滝からいよいよ双門コースが始まります。
moblog_cd1c732b.jpg
熊渡の入口には「上級コースです」と明記してあるし、カマ滝側には「遭難者の遺族の寄付で整備しました」というプレートはあるし、目一杯脅されます。
スラブをトラバースし、沢横の大岩をへつり、落石で壊れた木道を通過していくと、第一の絶景ポイント、一の滝・二の滝・三の滝です。
moblog_e959c629.jpg
自然の水冷式のクーラーの涼風は格別です。
この滝の前のつり橋を渡るといよいよ「梯子地獄」です。
とにかく梯子、梯子、梯子、鎖、梯子、梯子、木の根の木道(両側は切れてる)、梯子…延々と登り続けます。
噂通りの梯子の連続で体力を削ってくれますが、梯子自体は整備が行き届いて不安感は一切ありません。
梯子と暑さと虫でヘロヘロになった頃に、落差70mの双門の滝に到着。
moblog_f2870277.jpg
写真ではまったく伝わりませんが、それはもう大きな滝です。
崖を覗き込むと、奈落の底みたいな下方に滝壺があります。
ここらで雨がポロポロし始めたので、先を急ぐことに…
ザンキ平から下って河原に到着。そこからは河原を渡渉を交えながら遡行します。
いったん雨は止んだものの、河原小屋当たりからまた曇り始めて怪しい雰囲気です。
時間も17時を過ぎたので、ビバーク決定。
川から少し上がったところにテントを張り、炊事用のスペースにツエルトを張ったところで夕立が本格化しました。
「ビバークしてよかったね」と適温を死守したビールと鍋で夕食を楽しんで、ぐったりと就寝。
翌朝は一時間寝過ごして5時起床でした。

二日目:6:30出発~7:42鎖梯子~8:00空中回廊~8:32狼平~9:35弥山~10:33八経ヶ岳~明星ヶ岳~ナベの耳~ヌメリ坂~金引橋~15:30熊渡
双門コース最後の難所、鎖梯子と空中回廊。
moblog_4b7bfa84.jpg
荷物が重いと鎖梯子に立ち込みにくいので、ザックはロープで引き上げることにしました。
写真はロープをさばくkinkacho。
moblog_4b226abf.jpg
空中回廊は岩壁に打たれたボルトです。
写真は空中回廊でごきげんな同行メンバー。
moblog_3e80f60a.jpg
一年ぶりの狼平避難小屋前で記念撮影。
20140720.jpg
弥山で記念撮影。
弥山~八経ヶ岳~明星ヶ岳の周回で名残のオオヤマレンゲを楽しみ、初の金引橋コースを下山。
予定よりは遅れましたが、無事スタートの熊渡に帰還しました。

噂の双門コースはタフだけど、梯子はしっかりしてるし、注意深く目印を探せばなんとかなるコースでした。
でも、歩荷トレーニングにこのコースはないよ…Mさん…
スポンサーサイト
21:44  |  登山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●夏の醍醐味

なかなか良さげな沢遡行ですね。個人的には鉄梯子は嫌いというか、あんなもの作るから安易に素人が入って、事故を起こすのだと考えるからです。
なにせ鉄の梯子は濡れるとすべるし、苔はつきやすいし、むしろ危ないのではないかと思ったこと何度かあります。まァ、さすがにボルトを打ち込んで登攀しろとは言いませんけどね。
ヌマンタ | 2014年07月23日(水) 13:09 | URL | コメント編集

●名コース!

ヌマンタさん、こんにちは。
この双門ルートは数ある弥山登山道の中でも名コースだと思います。
いっそ沢装備でマジ沢登りをやると面白いかなと思いました。
滝の美しさが格別でした。
kinkacho | 2014年07月23日(水) 19:38 | URL | コメント編集

●今度は妙義にでも。

大峰奥駆は天川出合ー熊野大社までは行きましたが、こんな面白いルートがあるんですね。
全然調べてませんでした。不勉強ですね。

関東で言う表妙義のようなルートなのかなあ。
もし行ってなければ、是非表妙義にも。
きんちゃく | 2014年07月24日(木) 22:09 | URL | コメント編集

●大峰好きです!

きんちゃくさん、こんにちは。
日本アルプスをやりつくした山屋さんが目指すのが大峰だそうです。
また、大峰の沢は級数の高い難しいものも多いです。
ちなみに、山が深くて遭難するとヤバいです。
関東の方が大峰に暗いように、関西人は妙義山には明るくないです。
kinkacho | 2014年07月24日(木) 23:22 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1863-0c773d23

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |