2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014'08.24 (Sun)

萌え萌え宝塚

今年のチケット運の全てをつぎ込んだ気がします。
一般ピープルにはB席でも奇跡の一枚でございます。

moblog_8d5443e3.jpg
エリザベート 宝塚大劇場 2階11列3番

祝!明日海りお、トップお披露目&蘭乃はな、ご卒業記念公演で、しかもエリザベート…マジダメだと思いましたとも!!
でも、「どうしても見たい!」という必死の願いが天に通じ、大劇場に入れました。

100周年記念の撮影スポットのトート閣下の秀麗な姿に既に萌え萌え。
非ヅカヲタの友人をして、「麗しい」と言わしめた明日海トート&蘭乃シシィのポスターは期待を煽ってくれます。

で、結果は「やっぱり宝塚版が好きだ!」
東宝版は論外(すぐ脱ぐトート・ダンサーズがダメ)として、オリジナルのウィーン版もあのアクロバティック舞台装置があってこそで、純粋にお芝居としては宝塚版の潤色がツボです。
トート閣下の純愛(ストーカー風味ヤンデレ付き)から逃げながら、最後にほだされてしまうシシィのドラマが胸に迫ります。

可能な限り見たエリザベートですが、今回改めてハッとさせられたのが、一幕の幕切れです。
フランツ・ヨーゼフの呼びかけに、扉の向こうから盛装のエリザベートが応えながら出てくるのですが、エリザベートの視線は銀橋の上にいるトートをひたと見つめたまま…
夜のボートのシーンでエリザベートとフランツ・ヨーゼフがすれ違うのは初回から承知でしたが、すでにここからだったか…

フランツ・ヨーゼフが北翔海莉さんと専科からだったから余計に感じたのかも知れませんが、明日海トートも蘭乃エリザがどちらも若いです。
だから、蘭乃エリザは後半の放浪の皇后の孤独はいまひとつ弱かったですが、少女の頃や若い頃のあどけなさや美貌ははまってました。
明日海トートは少年でした。この美貌で、ストーカーでヤンデレ…しかも最初はロリ…

何度見てもおいしい「エリザベート」!!
できたら、何回でも見たいぞ~~~!!!
スポンサーサイト
23:15  |  舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

こんにちは。
エリザベート、観劇されたのですね!
早速のレポ、ありがとうございます(*^^*)
やはり宝塚版はいいですよね~(*^^*)
私達は、平日に、立ち見狙って行く予定です。
B席でしたら分かりにくかったかとは思いますが、立ち見の方、かなりいらっしゃる感じでした?
あ~、観たいです~(*^^*)
keroyon | 2014年08月30日(土) 18:03 | URL | コメント編集

●万客御礼

Keroyonさん、こんにちは。
よくまあB席でもとれたなぁと自分でも感心してます。
立ち見は多かったです。
とにかく人が多いんです。あの広い大劇場のロビーも入口前も黒山の人だかりです。
立ち見、かなり早く並んでください!
健闘を祈ります。
kinkacho | 2014年08月31日(日) 08:13 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1877-44db5a06

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |