2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2014'09.25 (Thu)

すっごくローカル

生駒山へ行く時、生駒山から帰る時、何度も通った路地にこんな店があったとは…

イタリア食堂 イル・クオーレ@服部川
moblog_dccd42ec.jpg
先日フランスパンをくれた友達つながりで、飲み友達四人が集まりました。
大阪東部を走る私鉄の単線の支線に乗り換えて一駅の辺鄙な場所に、この店はありました。
カウンター席のみ10席ほどの小さな店です。
店を回すのはシェフ一人というアットホームなイタリアンの店です。

今月のコースを予約しておきました。
moblog_130a3a1e.jpg
前菜の盛り合わせ
この品数だけで満足できますが、二列目左端のハモと水ナスのサラダ仕立てが特筆すべき美味しさです。
冷製と温製の前菜を同時に楽しめるのがいいですね。
moblog_4d773ab6.jpg
牛肉とポルチーニ茸のラグーソース
moblog_442532c1.jpg
左:連子鯛のソテーと焼ナスのバルサミコソース
焼ナスが和風なのにバルサミコととっても合います。
右:東伯和牛のロースト バターナッツ南瓜のポタージュ
ポタージュはパンで皿をぬぐってきれいにするほど、残すのがもったいない美味しさです。

フォカッチャは自家製で、朝食分をお土産でもらいました。

ワインは、バルディビエソ ブリュット(チリ、スパークリング)、カテドラル ティント(ポルトガル、赤)を一本ずつ。
赤ワインがタンニンばりばりの赤ワインらしい赤ワインでした。
このぐらい渋い方が、赤ワインを飲んでる実感があります。

これに食後のエスプレッソを付けて、5000円也。

スポンサーサイト
22:42  |  グルメ・クッキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1887-cb93a38f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |