2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014'11.09 (Sun)

孤高の人

宝塚歌劇100周年最後を飾る作品はこれです。
moblog_6e613c7a.jpg
宝塚歌劇団宙組公演 宝塚大劇場2F12列5番

スウェーデン国王グスタフ三世(1746~1792)の生涯を描く「白夜の誓い」とショー「PHENIX宝塚!!」の宝塚王道の二本立てで、宙組トップ凰稀かなめのサヨナラ公演です。

スウェーデン…北欧三国の一つ、ノーベル賞のお国とは知っていても詳しくはありません。
フランスやイギリスやドイツのように通史として知っているわけでもなく、ハプスブルグ家やロマノフ王家のように血統で覚えているわけでもない。
宝塚的にはハンス・アクセル・フォン・フェルゼンの母国ぐらいの認識???
なにせ、当初はグスタフ三世を「北方の流星王」カール十二世と混同しちゃてましたし…
オペラ座で暗殺されたで、ようやくフェルゼンの主君じゃん!と思い出す体たらくでした。

で、見た感想ですが、ショーも含めて、凰稀かなめってピンな人???でした。
一緒に退団する相手役ともあんまり絡まないし、脚本のせいもありますが、二番手ともすれ違い。
ショーでも周りとあまり絡むダンスはしないし、ショーのフィナーレの直前では凰稀かなめ一人板付きでいったん緞帳が下りる演出だったし、よく言えば孤高の人、今風に言えばボッチな感じがひしひしときました。
ふりかえれば、トップ就任の「銀河英雄伝説」から、「モンテ・クリスト伯」、「風と共に去りぬ」、「ベルサイユのばら」と、ことごとく相手の娘役と絡まない芝居でしたね。
ビジュアル的にピンで十分満足できる人ではあるのですが、組を率いるトップとしてこのボッチ感はまずいのではと危機感を持ってしまいました。
まあこれで最後なのですが、きれいなトップさんだっただけに、次こそは相手役と絡んでくれると見続けたkinkachoとしては、不完全燃焼なサヨナラ公演でございました。
スポンサーサイト
23:05  |  舞台  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

こんにちは♪
宙組、早速観劇されたのですね(*^^*)
う~ん、またもやトップコンビは絡まないんですね(>_<)
そういう作品ばかりでしたね…。
相手役さんも退団されるのですか(゜ロ゜)
知りませんでした!
なおさら残念です…。
keroyon | 2014年11月11日(火) 12:27 | URL | コメント編集

●期待したのに…

keroyonさん、こんにちは。
最後だけでもと期待したのですが、とうとう絡まずでした。
芝居は国王と王妃は不仲だし、デュエットダンスも無いに等しいし、これはなあ…という感じです。
しかも、芝居で、国王は愛人ともほぼ別居だし、ショーでは群舞を率いるわけでもなく、演出も板付きは凰稀さんのみという構成で、これはボッチを狙っているとしか思えませんでした。
kinkacho | 2014年11月11日(火) 13:05 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1900-6b104513

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |