2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2014'12.31 (Wed)

年末を比良で

今年はそろそろ母が「今回で最後」の言い訳に騙されなくなったので、雪山で越年を諦めました。
そこで、年末に比良でテント泊体験をしてきました。

打見山~比良岳~烏頭山~堂満岳縦走
わずか一日開けてのびわ湖バレイロープウェイは先の二回とは比べ物にならない混雑ぶり…
ここで大きく予定から遅れて打見山山頂を出発しました。
一日目:11:00打見山山頂~木戸峠~13:15比良岳~葛川越~15:10烏頭山~荒川峠~16:30南比良峠
スキー客で賑わうびわ湖バレイスキー場から一歩山中に入ると、そこは静寂の世界…
シャレでなく人が居ません。当然トレースも無し。
moblog_f9c8c3c6.jpg
振り返ると自分のワカンのトレースしかありません。
moblog_0f6b05f9.jpg
黙々と歩いて比良岳に到着。
出発が遅れたのが祟って、徐々に雪が腐ってきます。
溶けて重さ倍増の雪に足を取られ、歩行速度はどんどん遅くなります。
最悪だったのは烏頭山の登りでした。
登山道の雪の底が抜けるので、藪が半ば出た斜面をかなり無理矢理登頂しました。
moblog_4c816540.jpg
ここらへんから少し吹雪いてくるし、日が陰りだし、お腹は空いてくるで、疲れのピークでした。
幕営予定の南比良峠手前に着いたのは、予定の一時間半遅れ。
テントを張り終わるとほぼ同時に日没でした。
ギリギリセーフ???

二日目:6:40南比良峠~8:05堂満岳~堂満岳東稜~ノタノホリ~13:15比良駅
当然暗いうちに起床して、明るくなった頃に出発です。
moblog_eddcc960.jpg
堂満岳には夏道だと金糞峠方向に回り込んで登頂するのですが、冬なので南比良峠から直登です。
夏は藪に遮られて不可能な荒業です。
冬でもたいがい潅木に邪魔されて、四苦八苦の登りでした。
moblog_643f496a.jpg
堂満岳頂上は風もなく、琵琶湖が眼下に見下ろせる絶景でした。
下山はワカンをアイゼンに換えましたが、溶けてユルユルの雪だったので不要だったかも。
ここから東稜を下山しますが、午前中の日差しがまぶしくて、気温も暑いくらいでした。
休憩の度に一枚ずつ着衣や手袋を脱いでいくぐらいでした。
ノタノホリ手前で雪が無くなり普通の登山道歩きになったので、アイゼンも脱ぎました。
アスファルト道に出て、うんざりする駅までの道のりをこなして、無事フィニッシュ。

いつも寄る比良駅前の食堂は大晦日なので、さすがにお休み。
京都駅で途中下車して、カキフライ定食を食べました。
moblog_0e834a68.jpg
寒くても登山後の生ビールは美味しかった。
これにて2014年の登山は終了です。
スポンサーサイト
21:29  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1917-3c8007f2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |