2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2015'07.29 (Wed)

戦う女・ナイチンゲール


黒博物館・ゴーストアンドレディ 藤田和日郎

少年サンデーで「うしおととら」、「からくりサーカス」、「月光条例」と長編を連載し続けている藤田氏の青年誌掲載の作品です。
これが文句なく面白い。サンデー作品を読んでいるなら是非読んでいただきたい。
先行の「邪眼は月輪に飛ぶ」、「黒博物館・スプリンガルド」も面白かったけど、これもまた面白い!
ストーリーはかのナイチンゲール女史の半生にドルリーレーン劇場出没する幽霊グレイマンを絡めたホラーテイストです。
藤田氏は人間の心の闇を描かせたら一級品ですが、ここでも本領発揮です。
心の闇を「生霊」で表現しているので、ナイチンゲール女史の生霊の巨大さに驚愕してください。

kinkachoは以前ナイチンゲール女史の評伝を読んだことがあるのですが、その時のイメージが「戦う女」でした。
「クリミアの天使」とか「ランタンの貴婦人」とか慈悲深いたおやかな女性のイメージがあるナイチンゲール女史てすが、評伝に描かれていたナイチンゲール女史は、階級制度と戦い、社会制度と戦い、野戦病院で戦い、ありとあらゆる場面で戦ってました。
しかも、富裕階級出身という自分の出自、コネ、人脈をフルに利用して戦う強かな戦略家でもありました。

その「戦う女」の側面をこの作品で描かれていたのが、kinkachoにはとても興味深かったです。

そして、ナイチンゲール女史に関して改めてググって見たのですが、女史が臨床看護の現場に従事していたのはクリミア戦争の二年半だけだったんですね。
その後は近代看護の確立や看護師の育成に努めたそうです。
しかも、体調不良でほとんどベッド生活だったとか。
一番、大変だった戦いは自分との戦い?

ナイチンゲール女史の弟子には、ビクトリア女王の孫娘とかがいて、彼女達が他国の王家に嫁いで、嫁ぎ先の国の看護体制を改善していたそうです。
なかなか女性ならではの、19世紀~20世紀のヨーロッパならではの戦略だと思いませんか?
スポンサーサイト
22:45  |  アニメ・コミック  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1951-27c1e127

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |