2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2015'08.20 (Thu)

ジュラシック・パーク - 人間ドラマ

この夏の続編映画シリーズ第三弾

ジュラシック・ワールド

ジュラシック・パーク事件から22年後、かつてのパークはアミューズメントパークとして大成功していた。
新アトラクションとして開発されたハイブリッド恐竜が人知を超えた能力でパドックから逃走。殺戮を繰り返し、人間に迫る...

一作目がパニック・サスペンスの要素と人間ドラマを上手く融合させていた(それでも、タワーリング・インフェルノ、ポセイドン・アドベンチャーの深みはない)が、今回は人間ドラマが遊離してペラペラで、恐竜の迫力で押し切った感が否めません。

悪役の皆さんがあまりにも単純なキャラクター造形で、最後に恐竜にやられてもカタルシスが低いです。
そして、運営側のミスでハイブリッド恐竜が逃走するシーケンスがあまりにもお粗末。二万人も一般客を入れて運営しているパークなら、もっと危機管理が確実で、それでも恐竜が逃走することで恐怖感を増幅すべきでは?
人間関係の要素が弱かったのが残念です。

それを補って頑張っているのが、恐竜の迫力。
絶対的捕食者に追われる恐怖は生存本能に直接響くのでドキドキ感で興奮しました。
ただねえ、ハイブリッド恐竜は怖いのは怖いのですが、あまりにも人為的に作られた感が強くて、自然に復讐される感は前作群より薄れてました。
今回も頑張ったのはラプトルとTレックス。
ラプトルは四姉妹。
Tレックスは一作目の個体。
とかいう設定を見る前にググっておいてください。
ラプトルが四姉妹というのを頭に入れておくと、ヒーローとの関係にニヤリとできます。本当にもう女の子には困ったもんだ...って感じです。

オーウェン父ちゃんとラブラブな娘たち?

とにかく、人間はほっといて恐竜の迫力を大画面で楽しむ!
そういう映画でした。
スポンサーサイト
08:43  |  映画  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●恐竜だけでOK!

この夏の映画では、一番気に入ってしまったのですが、たしかにあのテーマパークのセキュリティはお粗末でした。まァ、それも、恐竜の暴れっぷりを強調するためのものだと考えています。だいたい、檻に入った猛獣なんて、動物園でも人気低いですから。っつうか、あのテーマパーク、動物園の延長線上に過ぎませんね。
私は2Dで観たので、近いうち3Dでもう一度見に行く予定です。観るのは恐竜だけですけどね。
ヌマンタ | 2015年08月20日(木) 13:28 | URL | コメント編集

●インドミナスが・・

こんばんは!v-518

実は私もちょと前に見に行ってきました。
近いうちに記事にする予定です。

でも、これ絶対ネタバレしたくないので、どうしても書く事限られちゃいますよね。

そうそう私もドラマ部分がかなり不満でした。まああれこれあるのですが、これだけの娯楽映像を見せてもらったら、ちょっとした不満は吹き飛んじゃいますよね。

私もKinkachoさんと同じく一番の不満はインドミナスの設定かな~。Tレックスとラプトルのシーンが良かっただけに残念です。

オーラスも「おぉぉ・・」って感じで良かったですよね!

あ、それとラプトルが四姉妹の件、わかんなかった・・。何かそういう設定のお話ありましたっけ?
ごみつ | 2015年08月20日(木) 20:24 | URL | コメント編集

●映画館ですよね

ヌマンタさん、こんにちは。
この映画は映画館で見たかいかありました。
ドアップの恐怖...そのたびに飛び上がりました。迫力が違います。
恐竜の造形と映像は最新作ほど上がってますね。
kinkacho | 2015年08月20日(木) 22:33 | URL | コメント編集

●腐女子萌え

ごみつさん、こんにちは。
もう見られたのですね。レビュー楽しみにしています。
四姉妹萌えは腐女子萌えです。
今流行りのハーレム、しかもラプトルなんて通過ぎる!
なおかつ、一度は敵方に行ったのに寝返るビッチぶりが、今時の萌えツボでした。

kinkacho | 2015年08月20日(木) 22:45 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/1955-bb32d44b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |