2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016'03.27 (Sun)

今シーズンはこれで最後か?

雪が不作な今シーズンの雪山。これで最後かと中央アルプスの檜尾岳に行ってきました。

一日目:950千畳敷駅~1045極楽平~島田娘~1430鞍部~1530檜尾岳山頂~1645檜尾岳避難小屋
二日目:630避難小屋~112+檜尾岳登山口

木曽駒登山の核心部と言われる菅ノ台からのバスと千畳敷までのロープウェイは雪山の季節でも変わりません。
前夜発の早朝着でもすでにバス停には長蛇の列ができていました。
すったもんだでどうにか定期の第一便のロープウェイに乗って千畳敷に到着。

清々しい快晴で、雪の白と空の青が神々しいまでです。
木曽駒に向かう登山者の行列を尻目に、極楽平方向へ千畳敷きカールを直登していきます。
一週間前に雪崩がありましたという張り紙を見てビビってましたが、雪に食い込むアイゼンの感覚が楽しくて心地よく、爽やかな気持ちで極楽平に到着。

ここから島田娘、濁沢大峰を経て、三度の大きな登降を繰り返して、本日のお宿・檜尾岳避難小屋を目指します。

このコース、木曽駒方面とは異なり先行パーティーは山スキーの一組のみと人が少ないです。誰にも会いません。
夏道はピークを巻いているのでしょうが、雪の斜面のトラバースより稜線づたいの方が安全なので360度の展望の稜線歩きが続きます。
途中悩ましい雪と岩のミックス帯などの難所を乗り越えて、ようやく檜尾岳に取り付きました。
最後に風が吹きすさぶ高低差100mを上ります。
顔にあたる風、雪に食い込むアイゼンの感触、これが大好きなんですよね。

檜尾岳山頂。
振り返れば木曽駒、宝剣、眼前には空木岳とすばらしい眺望です。

空木岳、いつか行きたい!

本日のお宿・檜尾岳避難小屋。

避難小屋の後ろには南アルプスが見渡せます。
山頂を堪能して、急斜面を滑り降りれば、かまぼこ型の避難小屋に到着。
トイレもある快適な避難小屋です。
滑り終わって登り返してきた山スキーパーティーと小屋を折半して、広々と荷物を展開してごま豆乳鍋を食べて7時には就寝しました。

下山日は4時半にと起床。
出発時にアイゼンが装着できないアクシデントで疲労したところに、柔らかい雪の痩せ尾根歩きと緊張を強いられてガタガタになりました。

ここらへんはよかったのですが、この写真の左上あたりが最悪で柔らかい雪に沈みこんで3mほど滑落し、木に挟まれて身動きできなくなり、助けられることに...
このあとは気持ちを削られるは、高低差1400mをバスの時間までに下りたいはでヘトヘトの体たらく。

明暗がはっきり別れた二日間になりました。
スポンサーサイト
09:26  |  登山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●雪嵐

天候に恵まれたようで、なによりです。中央アルプスは、南アと北アに挟まれているせいか、天候の読みにくい山との印象が強いです。
私のパーティではありませんでしたが、大学当時、仲間のパーティが、ここで猛烈な雪嵐に遇い、あやうく遭難しかけたことがあります。一晩で1メートル以上の降雪があり、一晩中テントが埋まらぬように、雪かきしていたそうです。
ちなみに4月上旬のことです。けっこう、怖い山域だと思っていますから、無事下山できてなによりです。
ヌマンタ | 2016年03月28日(月) 12:56 | URL | コメント編集

●ラッキー

ヌマンタさん、こんにちは。
今回とても天候に恵まれました。群青の空に吸い込まれるようでした。
この残雪期は天候も読みにくい上に、雪の状態が読みにくく、難しいと思います。
何年か前、山友が空木岳への途中で100m単位の滑落で九死に一生を得てます。
kinkacho | 2016年03月29日(火) 08:03 | URL | コメント編集

まぁ、雪山きれいだこと!
…と感動していましたが、3m滑落と読んで、ドキッとしました(笑)
お怪我はないのでしょうか?
がら | 2016年03月29日(火) 10:32 | URL | コメント編集

●無傷

がらさん、こんにちは。
ご心配ありがとうございます。
雪の上を滑ってすぐ木に引っ掛かったので、無傷です。
歩きながら、滑っても木で止まるなとは思ってました。
だからと言って、滑っていいわけではありませんが。
kinkacho | 2016年03月29日(火) 13:00 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/2003-39495b97

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |