2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016'08.01 (Mon)

15年?ぶりのリターンマッチ

岩と雪の殿堂 剣岳へ登ってきました。
二度目です。一度目は登頂はしましたが、クタクタのボロボロで下山してきました。
そこで、クライミング女子会のメンバーのお誘いにのせていただきました。
二泊三日剣沢テント泊ベースのピークハント、一度目と同じ設定です。
完全にリターンマッチ!
手元にある「山と高原地図 立山・剣」は2001年版、しかし、その前に立山に行ったりしているので、おそらくは15年ぶり???

一日目:1030室堂~1120雷鳥沢~雷鳥坂~1300剣御前小屋~1340剣沢
夜行バス、富山電鉄、ロープウェイ、高原バスを乗り継いで、大阪から室堂に無事到着。
食事をしたり、着替えたりして、高度順化の後、ベースの剣沢を目指して出発。
日本三大急登の雷鳥坂も走り込みのおかげでさほど苦しくもなく、
20160801224516108.jpg
室堂近くでの雷鳥のお出迎えや
20160801224347197.jpg
雷鳥坂終盤での憧れのオコジョさんとの遭遇で癒されて、予定よりやや早めに剣沢に到着できました。

二日目:500剣沢~剣山荘~一服剣~640前剣の大岩~710前剣頂上~730前剣の門~800平蔵の頭~平蔵のコル~810カニのたてばい~900剣岳頂上930~カニのよこばい~1000ハシゴ~平蔵のコル~平蔵の頭~1105前剣の門~前剣トラバース~一服剣~1230剣山荘~1400剣沢
メインの劔岳のピストンの日です。
岩と雪の殿堂はノーマルルートでも

岩場と

鎖場の連続です。
一度目は緊張と恐怖でガクブルでしたが、

今回は笑顔でダブルピースの余裕です。
それでも、

平蔵の頭あたりや

カニのたてばい、カニのよこばい後の梯子はスリリングでした。

スリルもスパイスとして、頂上では笑顔で記念撮影!
混雑と停滞を覚悟していたのに反して、快適な登山でした。

この素晴らしい山容は頑張る甲斐があります。

三日目:630剣沢~715剣御前小屋~新室堂乗越~雷鳥沢~950みくりが池(入浴)~1120室堂
劔沢のテント場ともお別れ、

劔岳の雄姿ともお別れです。

立山の風景と高山植物を楽しみながら、みくりが池温泉まで下山して汗を流しました。

最後に雷鳥の見送りを受けて室堂に到着して、リターンマッチは無事終了しました。

スポンサーサイト
23:20  |  登山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

こんにちは(^^)
素晴らしい景色!
これは、すごい思いをして登らなければ見れない
景色でしょうね…。
kinkachoさまの笑顔も、今回のレポからは
私にははっきり見えました(^^)
オコジョさん、かわいいですね~(^^)
お疲れ様でした!
keroyon | 2016年08月03日(水) 18:48 | URL | コメント編集

●Re:

keroyonさん、こんにちは。
この時期はお花畑も素晴らしいのです。
みんなに見てもらいたいと同行者とも話していたのですが、誰でも誘える訳ではないのが悩ましい。
このオコジョさんは好奇心旺盛なのか、岩とkinkachoの足元を何度も往復して滅茶苦茶アピールしてきました。
kinkacho  | 2016年08月03日(水) 19:13 | URL | コメント編集

●ゆとり

剣岳は一般ルートでも、相応の技量を必要とします。岩登りや沢登を通じて技量が確実に向上しているからこそ、今回の剣岳は、ゆとりをもって満喫できたのだと思いますよ。
ヌマンタ | 2016年08月04日(木) 10:14 | URL | コメント編集

●Re: ゆとり

ヌマンタさん、こんにちは。
まさにおっしゃる通りで、技術的余裕ができて楽になったのがわかりました。
前回はよくまあ未熟で行ったものよ!と反省してます。
kinkacho  | 2016年08月04日(木) 13:53 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/2036-d63ddc4f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |