2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2016'08.15 (Mon)

東北霊山巡り

昨年のシルバーウィークの福島に続き、今年は鳥海山と出羽三山に遠征してきました。
登山は鳥海山と月山で、残りの羽黒山と湯殿山は参拝です。

一日目:山寺、若松寺、慈恩寺、十六羅漢
大阪から12時間という乗車時間で山形に到着、レンタカーで観光です。
「閑さや岩にしみいる蝉の声」の山寺

縁結びの若松寺

若返りの慈恩寺を巡り、

日本海に臨む十六羅漢を観光して、最終目的地の登山ベースの鉾立へ移動しました。
一日目のグルメは

昼食の鳥中華と

夕食の海鮮丼でした。

二日目:600鉾立~715さいの河原~815御浜小屋~930七五三掛~1000千蛇谷~1125大物忌神社~1205新山~1300七高山~1330行者岳~1345伏拝岳~1420文殊岳~七五三掛~1550御浜小屋~1720鉾立
当初の計画では頂上小屋で一泊するつもりでしたが、時間の関係で日帰りピストンに変更、10時間行動を覚悟して、蓋を開けたら11時間半弱の行動となりました(涙)
福島の山でも感じたのですが、東北の山はスケールが広大で、鳥海山も裾野が長く美しい山容でした。

高山植物も花盛り。

鳥海湖の水は渇水気味。

雪渓があり、道も整理されていたので、

大物忌神社までは快適でした。
ところが、最高峰・新山の山頂部は

劔岳に匹敵する岩場でした。

岩場を踏破して、山頂で記念撮影。

雪渓を越えて、外輪山コースで下山に入ります。

お見送りの雪渓は殺センセー?

外輪山コースは楽しい尾根歩きでしたが、歩行時間が長引くうちに疲労が蓄積してきました。

登り返しに黙々と耐えて、

御浜小屋へ戻った頃にはかなりヘロヘロしてました。
それでも、無事に鉾立に下山して、

三玄豚のトンカツで鋭気を養いました。

二日目:羽黒山参拝後、1115月山八合目~弥陀ヶ原~1300仏生池小屋~1345行者還~1435月山山頂~1630仏生池小屋~1745月山八合目
八合目からの登山だから昨日より楽と考えていたら、広大な山だと八合目から山頂までは遠かった...

まずは羽黒山へ参拝。

境内には八百万の神の社が点在します。

千段余の階段を登り、

三神合祭殿へ参拝しました。


そして、車で月山八合目に移動して、登山が始まりました。

弥陀ヶ原は湿原です。

なだらかな湿原の遥か彼方に頂上が見えて、余りの広大さに唖然となりました。

歩いても歩いてもなかなか近づかず、

仏生池を越えても、まだまだ道は続く。

遠いです...

遠いです。

咲き乱れる花々

チングルマもまだ咲いていました。

ようやく着いた山頂はガスの中...
境内は撮影禁止で、お祓いを受けないと参拝できません。

山頂から来た道を戻ると黄昏時

湿原は黄金色でした。

鶴岡市のぽっぽの湯で入浴して、冷しラーメンで夕食です。

三日目:湯殿山、本明寺、注連寺、大日坊、皇壇の杉
山友の一人のたっての希望の行程です。

羽黒山、月山と並ぶ、出羽三山の湯殿山

この先は撮影禁止です。
最初の計画では、時間の関係で割愛しようとした湯殿山ですが、いやもう感動しました。
お払いを受けて、裸足で参るのですが、最後の足湯でこの日までの山行の疲れが取れた気がしました。
ここは是非参拝していただきたいですね。

お昼は麦切り

本明寺

注連寺

そして、大日坊。即身仏を巡る行程でした。

最後の最後に、天童温泉で汗を流して、山形駅前の白木屋で打ち上げ!
また、12時間のバスに乗って、東北遠征は終了しました。

東北の山は日本アルプスのように尖ってませんが、広大で広々してます。
スポンサーサイト
22:44  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●美味しそう

お疲れ様でした~♪ お蕎麦はあれだけを1人で食べたのでしょうか?
じゅん | 2016年08月17日(水) 20:40 | URL | コメント編集

●まさか

じゅんさん、こんにちは。
日帰り登山二本でもハードでした...
麦切りは三人でたべました。薬味は辛子です。
kinkacho | 2016年08月17日(水) 21:21 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/2040-885a4137

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |