2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016'09.05 (Mon)

表銀座から槍へ

登山をそこそこやっていますが、初心者向けコースにはあまり行ってません。
アルプスデビューは南アの北岳、初縦走は大キレットと、全然初心者向けではないコースでした。
そこで、表銀座から槍ヶ岳へ行ってみたいと、今更の縦走に行ってきました。
本来は三泊四日のゆるゆる予定でしたが、最終日が雨で渡渉がヤバいとのことで、巻きで二泊三日になりました。
そうなるとキツかった...

一日目:800中房温泉~第一ベンチ~920第二ベンチ~1030富士見ベンチ~1110合戦小屋~1230燕山荘~1305燕岳~1340燕山荘~1550喜作レリーフ~1630大天井荘
JR穂高駅で同乗者を無事に見つけて、タクシーで中房温泉に到着。
中房温泉は晴れていましたが、登山道を登るほどにガスが立ち込めてきました。

合戦小屋名物のスイカを食べて気合いを入れて、合戦尾根をクリア。ガスの中からいきなり燕山荘に飛び出た感じです。

燕山荘前に荷物を置いて、山頂を大急ぎでピストン。イルカ岩もガスの中でした。

燕山荘から大天井岳手前まではひたすらのトラバースとの記憶でしたが、大下りもあり、けっこう時間がかかりました。

今日のルートの唯一の鎖場を抜けると、最後の登りがキツい...

大天井荘のテント場は、ベンチ、水場、トイレが近くて、平坦で居心地がよかったです。

二日目:600大天井荘~725ビックリ平~930西岳~東鎌尾根~1130水俣乗越~1340ヒュッテ大槍~1420殺生ヒュッテ

朝一に眺めた槍ヶ岳の遠さにゲッソリしました。遠い...

天気は晴れ気味で嬉しいですが、

歩いても歩いても槍ヶ岳は遠い...

今回は軽量化しまくったテント泊なので、持参食糧は乾きものばかり。悲しいので、小屋で昼ご飯を食べました。

西岳から水俣乗越の激下りをクリアしたので、大丈夫と思ったら、

尾根道はうねってます。

こんなハシゴもあって、ボディーブローのように体力を削いでくれます。
東鎌尾根、地味にツラいです。

今夜のお宿は殺生ヒュッテのテント場です。岩壁に囲まれた個室のような場所が取れました。

三日目:615殺生ヒュッテ~625東鎌尾根~700槍ヶ岳山荘~730槍ヶ岳~815槍ヶ岳山荘~西鎌尾根~915千丈乗越~1000千丈乗越出合~1130槍平小屋~1415白出沢出合~1620新穂高温泉

モルゲンロートの槍ヶ岳を見ながらの朝食のフォーは美味しいです。軽量な割りに米粉の麺なので腹持ちもいいです。

眼前の槍ヶ岳はドンドン近づいてきます。

いよいよ穂先に向かいます。

こんな岩場とハシゴを抜けると山頂です。

山頂の祠前で記念撮影。

山荘に戻って、山小屋に勤める知人のOさんにごあいさつして、下山に入りました。

千丈乗越から尾根道を降りても安心はできず、本当に細かいアップダウンに悩みながら、

厳冬期の目印・宝の木を探してみたりして、

槍平小屋に到着。明日からの降雨で沢が通れなくなるので、本日の下山を勧められました。当然、下山します。

本日のお昼はカツ丼でした。
空模様も怪しくなってきて、槍平から白出沢出合まではかなりの速度で下りました。予想より遠い気がするし、単調な割りに足元に気を使うし、出合いを越えてほっとしました。
しかし、この後の林道歩きは疲れててフラフラします。心の支えは観光案内所で今夜の宿を照会してもらって、温泉に入って布団の上で寝ることでした。
観光案内所はとっても無愛想で自分で探せと言われたものの、素敵な民宿が見つかり、送迎もしてもらい、温泉にも入り、ふかふかの布団にも寝れたので満足しました。

翌朝の朝食はご飯が進みまくる美味しさで、朝湯と共に幸せを感じました。

二泊三日で頑張ったご褒美、確かに頂きました。
スポンサーサイト
23:07  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●日程次第、天候次第

たしかに北アの初心者コースの定番ですけど、日程が初心者向けではないです。私は台風接近中に、同じルートをやりましたが、途中で撤退しています。風速30メートルでは動けませんでした。
北アに限りませんけど、コースは初心者向けでも、状況次第で難コースに替わります。でも、展望の良さは、本当に初心者向けなんですよね。
ヌマンタ | 2016年09月13日(火) 12:53 | URL | コメント編集

●Re: 日程次第、天候次第

ヌマンタさん、こんにちは。
かなり巻いたせいで、かなりキツかったです。
東鎌尾根のアップダウンとか痩せ尾根は体力と精神力をゴリゴリと削ってくれました。
確かに展望は素晴らしかったです。
初心者を槍穂高に誘い込むコースですね。
kinkacho  | 2016年09月13日(火) 20:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/2044-0fcfe81b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |