2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016'12.06 (Tue)

未回収多し

五部作だから仕方ないでしょうが...

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ハリー・ポッターのスピンオフ作品です。
ハリー・ポッターの続編(舞台の脚本)も出版されてますし、ラノベの展開手法は万国共通と言ったところでしょうか?
メイン作品の終了で終止符を打てずダラダラ関連作を出して、ついにメイン作品の世界観を壊さないかいつも心配になります。
ファンタジー作品は、指輪物語の頃は世界観を確立した上で物語が構成されてましたが、ハリー・ポッターは骨組みはあるかも知れないけど話が進むに連れて、世界を増築している感じでした。
一言でいうと、泥縄式。だから、作品に厚みがないのですよね。あるものだけで、背景やら真意を想像させない。
それはファンタジーとしては失敗ではないでしょうか。
まあ、ハリポタはファンタジーというより、ラノベですから仕方ないですかね。

さて、こちらの映画、ハリポタのスピンオフなので、ハリポタと繋がる部分があるのですが、それが楽屋オチなのか、未回収の伏線なのかわからないのが、やたらと目立ったのが気になりました。
そんな気になる部分を無視すれば、1920年代のNYを舞台にした大人向けのファンタジーです。
魔法生物の造形がかわいいと猛々しいの微妙なバランスで魅力的でしたね。
魔法生物のキラキラしさがこの映画の一番の主役でしょう。

とにかく、コワルスキーさんが銀行強盗として逮捕されず、めでたくパン屋を開店できてよかった。あと結婚出来ることを祈ります。

とにかく五作まで見ないと映画としては評価できませんね~


星野珈琲のスフレパンケーキです。
先週のマツコの知らない世界というTV番組の主題がコーヒーチェーン店で、コメダ珈琲、上島珈琲、星野珈琲を扱っていました。コメダ、上島は経験してましたが、星野珈琲はまだだったので、本日初体験でした。
噂通り、スフレパンケーキは一回は食べておくべき逸品です。
スポンサーサイト
00:06  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●五部作とは!

知りませんでした、五部作あるのですね。

この映画、ジェイコブさんがいなかったら駄作だったと思います。彼一人に救われているように思えました。せっかくのファンタジービーストも私的にはイマイチ。まァ、あの拝金主義の奴は笑えましたけどね。

さて、残り4部続くでしょうかねぇ。
ヌマンタ | 2016年12月07日(水) 10:36 | URL | コメント編集

●Re: 五部作とは!

ヌマンタさん、こんにちは。
主役がストーリーを引っ張らないので、コワルスキーさんが主役でしたよね。彼の作ったパンが食べたいです。今後も出てくれるのでしょうか?
当初は三部作だったのが、五部作になったらしいです。本来の三部作に戻るかも知れませんね。
kinkacho  | 2016年12月07日(水) 12:00 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/2064-6881525f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |