2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2016'12.20 (Tue)

薄幸過ぎるヒロイン

ネタバレしてしまうかも...


ローグ・ワン

素晴らしいエピソード4の前日譚でした。
ルーク、レイア、ソロの華々しい成功が数々の無名の兵士の犠牲の上に成り立っていることをきっちり描き出していました。
同盟も一枚岩でもなければ、暗部があり、帝国側も自滅した野心家がいたり、ごく普通の人間が蠢いている世界です。
たぶんスター・ウォーズ世代が現実社会を生きて挫折して、自分が英雄になれないことを知るようになったから、公開されたエピソードですね。
観客も年を取ったってことですよ。

何よりも、ヒロインのジン、よくよく考えると、とんでもなく不幸な境遇です。パドメも大概不幸でしたが、ジンは不幸という点で完全にパドメを凌駕しています。
それでも、パドメよりもレイアよりも、前向きで自分の意志で行動しています。SWで一番かっこいいヒロインだったかも知れません。

そして、kinkachoに映画館での観賞を決心させたドニー・イエン。
相変わらずのキレッキレの体術が眼福でした。しかし、如何せんサブキャラなので見せ場が少ない...もっとあの動きを見たかったです(涙)
でも、ドニーのクレジットをスクリーンで見た時は感動しました(涙)

お馴染みのキャラ達もチラチラ出て、旧来のファンはワクワクします。
同盟側はけっこう腹黒で内心舌打ちしてしまうこともしばしばでしたが、ブレないダース・ベイダーは作品のスパイスとしてきっちり仕事してました。

戦闘シーンは陸上、空中、宇宙と見ごたえタップリ。

ローク・ワンの勇姿と悲劇、そして、希望のバトンリレーを大スクリーンで、何なら3Dでご覧ください。
スポンサーサイト
00:49  |  映画  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●シナリオが見事

スターウォーズのスピンアウト作品としては上出来の部類だと思いました。けっこう壮絶なラストでしたが、それでも納得でした。

個人的には、あのちょっと生意気なロボット君が気に入りました。ラピュタを思い出しましたが、無関係でしょう。造形が似てしまうのは、致し方ないですね。
ヌマンタ | 2016年12月21日(水) 12:52 | URL | コメント編集

●Re: シナリオが見事

ヌマンタさん、こんにちは。
あの壮絶なラストは仕方ないです。反面、続編作る気満々の半端なラストよりカタルシスがありました。久々にスッキリしました。
あのドロイドはやっぱりジブリでしたね。いつ飛んだり、光線出しないのかとちょっとワクワクしました。
kinkacho  | 2016年12月22日(木) 07:40 | URL | コメント編集

●これは最高ですね!

こんにちは!

行ってきましたよ、「ローグ・ワン」!皆さんの高評価も納得の出来栄えでした。

ちょっと書きたい事ありすぎて頭がまとまっていないのですが、とりあえずあの終盤の戦闘シーンの見事な事と言ったら!
昔からSW見ていてあそこで泣かない人はいないんじゃないかと思った。

ドニー・イェンと姜文の中華チームも良かったね~~。あの2人、世が世ならジェダイの騎士になってたんだよね。e-259

後日私も記事にいたします。何とか年内につくらねば!
ごみつ | 2016年12月26日(月) 16:26 | URL | コメント編集

●Re: これは最高ですね!

ごみつさん、こんにちは。
でしょ!でしょ!よかったでしょう!!
もう泣けてきますよね。ローグ・ワンのメンバーがもうかっこよくて惚れてしまいます。
ヒロインもすごく自立していて男前だし、ベーダー卿も本来の悪役らしさ全開ですばらしい!
昨今の次作作るのが見え見えのラストと比べ物にならない潔さだけど、エピソード4に続く作りが素晴らしかった!
レビュー楽しみにしてますね!!
kinkacho  | 2016年12月26日(月) 16:37 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/2067-58ffc9c9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |