2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017'03.29 (Wed)

想定外

妖怪博士として有名になった小松和彦先生(現日文研所長)が文化功労者に叙勲されました。
kinkachoが大学学部生の頃、学部の教授だったもので、講義を受講しておりました。
妖怪とはという講義で、当時は学問として研究している人は少なかったですし、御本人も一生日の当たる学問にはならないと仰ってました。
しかし、妖怪DBとかで新聞に取り上げられてるなあ~と思っていると、先生は天下の日文研の所長になって、妖怪学も学問の一分野として確立されたのは想定外でした。

文化功労者に叙勲された記念講演会のために、洛西の山奥にある日文研まで出張ってきました。

おお~!!

御本人に似てます。
小松先生はちょっと老けてましたが、飄々とした話ぶりは変わらずでした。
日文研って、梅原猛先生とか片倉もとこ先生とか、毛色の変わった研究者が所長になるのが面白いです。
スポンサーサイト
17:59  |  文化・芸術  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●近代以前

科学と論理が妖怪を殺してしまいましたが、その科学に限界が見えたことで、再び妖怪が蘇ったのだと思います。

私は案外と、妖怪が身近にいる世界観が好きです。自律神経とか統合失調症とかも、初期の段階なら「妖怪のせい」にするほうが、良いのではないかと思うからです。

現代の最新薬だって、プラシーヴォ効果があるように、妖怪にも癒す力はあると思うのですがね。
ヌマンタ | 2017年04月01日(土) 14:46 | URL | コメント編集

●Re: 近代以前

ヌマンタさん、こんにちは。
昔は訳の分からないことは狐つきとかもののけとかでソフトランディングしていたことが、西洋文化で白黒つけるようになってしまって、悲劇を生んだこともあるのでしょうね。
でも、今の電脳世界も魑魅魍魎がはびこってますよね。
kinkacho  | 2017年04月01日(土) 15:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/2095-00bc2a3e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |