2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017'05.01 (Mon)

GW前半戦

ド定番の燕~常念縦走です。

一日目:800中房温泉~920第一ベンチ~1000第二ベンチ~1100合戦小屋~1230燕山荘

仮眠させてくれたタクシー会社の仮眠室からタクシーで中房温泉に到着です。

第二ベンチからアイゼンを装着し、合戦尾根を登ります。

合戦小屋横から稜線歩きとなります。

燕山荘が見えました。

燕山荘に着く頃には吹雪いてきました。
テント設営後、燕岳山頂を往復したのですが、山頂で帯電を体験してしまいました。
下手したら落雷...体からライトセーバーのようなブーンという音がしてました。
大慌てで燕山荘へ避難しました。

二日目:600燕山荘~640蛙岩~1100大天井岳~1500常念小屋

真正面に槍ヶ岳を見て、縦走のメインの日が始まりました。
蛙岩で痛恨のミスルート&大天井岳の直登で体力、気力が削られました。

積雪期は雪崩のリスクを避けるために直登するのですが、これが激ハードでした。

ご褒美は槍穂高の絶景!
晴天なれど風強しで10~15mの風に吹かれながら写真撮影に励みました。

この後、稜線沿いに常念小屋まで歩くのですが、

削がれた体力は戻らずヘロヘロのところに、腐った雪に足を取られグダグダで常念小屋に到着。

男前な常念岳に登る気力はなく、眺めるだけに...

三日目:440常念小屋~730一の沢
天気が崩れる予報に3時起きで撤収。
夏とは異なり、沢を一気に下降します。

雪崩の痕跡があちこちの沢にありました。

腐った雪に悩まされながらも無事下山。
登山口の小屋ではお茶や果物の接待があり、山での脱水を補いました。

早すぎる下山で、風呂&蕎麦を求めて安曇野を車でウロウロ。どうにか、目的を達成して帰阪しました。

イケる!と思っていた縦走コースでしたが、やはり雪があると一味も二味も違う山行となりました。
スポンサーサイト
23:11  |  登山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●定番コースなれど

何度も通った名ルートですね。その場をみてないので、勘ですけど、常念を目前に下山の決断が出来るから偉いです。
これが、昨日今日の登山ブームに煽られた経験不足の山屋だと、無理しちゃいますから。そして下山中に事故る。

私は常念小屋の前のキャンプ場で、台風並みの低気圧に遭遇したことがあります。ドームテントが歪み、翌朝には壊れてました。もし、無理して蝶ケ岳に向かっていたら遭難していたと思います。あの時のリーダーの決断あってこそ、でした。
ヌマンタ | 2017年05月02日(火) 10:36 | URL | コメント編集

●Re: 定番コースなれど

ヌマンタさん、こんにちは。
今回は大天井岳の直登で「これはおそらくアカン」と自覚し、常念乗越で「もういい」と冷静に判断できました。
強風と腐った雪に体力削られてました。
定番コース、恐るべし!
kinkacho  | 2017年05月02日(火) 18:51 | URL | コメント編集

kinkachoさん、こんばんは~♪

私は帯電の体験無いですが 実際体験した時は髪の毛が逆立つ思いしたのでは?

大天井岳の直登は尾根をジグザグに登らなかったのですか? 確かに強風で体力消耗したでしょうね 未だ気温が高かったからマシだったが・・・

その分雪の表面が腐り下りではアイゼンが利き難く 軽快には歩けなかったでしょうが 眺めは超一流ですからね

我々は極楽平以降下山口まで避難小屋を含め誰にも会わず 全くのノントレースで静かなGWアルプスでした
じゅん | 2017年05月02日(火) 23:06 | URL | コメント編集

●Re:

じゅんさん、こんにちは。
帯電は貴重で危険な体験でした。私はお腹のあたりでブーンと音がして振動を感じるだけでしたが、同行者は電気に敏感なのかチクチクと痛みを感じたそうです。頂上から5mも離れると音と振動は無くなりました。落雷に合わずに幸いでした。
こちらは有名コースなので、人は沢山いましたよ。小屋が開いているので、水やらビールを買えるは楽でした。
kinkacho  | 2017年05月02日(火) 23:52 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/2101-7fa5a941

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |