FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017'12.11 (Mon)

いきなりバリエーションルート

普通は雪上訓練してからなんですが、今シーズンの雪山はいきなりバリエーションルートでした。

一日目:800舟山十字路~1110立原山~1140青ナギ~1210無名峰~1330P1のコル

美濃戸口山荘の仮眠室はヌクヌクで快適でした。一泊2000円。
そして、そこで朝食とパッキングを済ませて、車で舟山十字路まで移動。駐車スペースはけっこう満車状態でした。
林道のゲートを越えて、標識にしたがって南稜取り付きに向かいます。

沢を渡って、急斜面を登って尾根に上がります。そこからはひたすら稜線を辿って行きます。
立場山を越えて、とにかく登りばかり...

青ナギに出ると正面に阿弥陀岳の偉容が見えます。
無名峰あたりから強風にさらされながら、P1を越えるとそこがテント場。
見上げる阿弥陀岳山頂は雲の中で荒れてそうでした。

テント正面には富士山が見えるすばらしいテント場です。そして、夜は無風でした。ただし、めちゃくちゃ冷え込みました。

二日目:620P1のコル~P2~P3 850~P4~P5~1030阿弥陀岳頂上1100~御小屋尾根~1430舟山十字路

夜明けと同時に行動開始。

朝日と富士山を見ながら、P2を越えると、核心部のP3にたどり着きました。
朝イチに核心ですか...
P3を左に回り込むと、核心部のP3のガリーに取り付けました。
以前はフィクスロープが張ってあったとのことでしたが、今回はありません。
取り付きにあるワイヤーを支点にロープを出しました。
まだ雪が少ないので出だしは岩をアイゼンで登る感じ。途中から雪壁をダブルアックスで登ることになります。
リングボルトを目指して2ピッチを登り、残りわずかをトラバース気味に歩いて登り、P3は終了です。
とにかくリード待ちが寒くてガタガタ震えてました。手袋が取れずに写真はありません。

顔を上げると正面には阿弥陀岳!
P4は左に回り込んで、バンドをトラバースして通過。
そして、頂上直下のトラバースがどうにもこうにも怖いので、確保を要求しました。落ちたら下まで落ちないだけで振られるだけなのですが、ロープで安心感があったので落ちることはなかったです。

そして、阿弥陀岳頂上にダイレクトに到着!

どどんと赤岳

ばばんと富士山
すばらしい絶景でした。

下山は御小屋尾根でした。
出だしが急峻でヒヤヒヤしながら一気に高度を下げると樹林帯に突入し、長大な尾根の延々とした歩きになります。
大概飽きたところで

南稜への道と合流し、無事舟山十字路のゲートに戻りました。

いきなり全力を出しきらないと帰って来れない冬のバリエーションルートはと~ってもスリリングで魅力的でした。
スポンサーサイト
09:51  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●展望よし

八ヶ岳は独立峰的な山なので、天候の急変が怖いのですが、標高も手ごろで、冬でも登りやすい山でした。私の十代は、八ヶ岳を中心に登っていたので思い出深い山域です。
八ヶ岳からの富士山って、なんかイイんです。近すぎると威圧されますあ、この距離だとしみじみ見れる。
山稜では強い風が吹きやすいのですが、森林地帯まで下れば安心できるのも、八ヶ岳の良かったところでしたね。
ヌマンタ | 2017年12月13日(水) 09:53 | URL | コメント編集

●Re: 展望よし

ヌマンタさん、こんにちは。
今回は天候に恵まれて、すばらしい展望を堪能しました。
テント場も、阿弥陀岳頂上も360度の展望がありました。富士山も日本アルプスもすっぱり見えて素晴らしい!!
そして、風も10m程度だったので、快適でした。
kinkacho  | 2017年12月13日(水) 12:42 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/2142-e5ba6b8e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |