FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2017'12.23 (Sat)

銀杏峰って読めますか?

「げなんぽ」と読みます。

615宝慶寺いこいの森P~名松コース登山口~715水場~730羽衣の松~755仁王の松~900前山~1040山頂~1145前山~1220見返りの松~1310宝慶寺いこいの森P

天候の都合で計画前倒し、行き先変更となり、前から名前が気になって仕方なかった福井県の銀杏峰へ行ってきました。
天気が大丈夫そうなら、部子山へ足を伸ばそうと考えていたので、日の出前に出発しました。久々に勝負ヘッデンを装着!

暗くて取り付きがわからず、強引に尾根に乗り、無事ルートに乗りました。
雪の季節はこれができます。
水場手前から名松コースというルートになります。

羽衣の松

仁王の松

見返りの松
名前が付いた松が続々と現れます。

前山の急登を登り切ると

目的地の銀杏峰が視界に入ります。
山頂は残念ながら、ガスの中...
重い湿雪をラッセルしながら、登りきると

山頂?
尖った山ではないので、山頂はだだっ広いです。

そして、奇蹟的に

晴れ間が現れました。

山頂の社は雪に埋もれてました。
風とガスが怪しげな様子なので、部子山へは行かず、下山としました。
部子山まではなだらかな稜線なので、ガスが出てると迷う可能性があるからの判断でした。ガスで白山も荒島岳も見えないし...

下山は走るがごとくのスピードで、あっと言う間に前山に戻りました。下界は晴れてます。
気温が上がってきて、溶けてきた雪を踏みしめて無事に車の所まで戻ってきました。

銀杏峰の名前の謎は解明されないままです。誰か由来を教えてくれないかな?
スポンサーサイト
22:37  |  登山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●当て字だし・・・

日本の場合、先に大和言葉があり、後から漢字が入ってきたので、無理やりな当て字が少なくありませんね。だから、地名と人名は、一度は間違えても怒ってはいけないことだと教わったことがあります。
実際、今でも名前なんて、当用漢字さえ使っていれば、どんな読み方をしても認めているようです。ちょっと変に思わないでもないのですが、長年の慣習とか風習は必ずしも論理的ではないので致し方ないでしょう。
ヌマンタ | 2017年12月26日(火) 10:14 | URL | コメント編集

●Re: 当て字だし・・・

ヌマンタさん、こんにちは。
どういう経過でこの字になったか気になってます。
初めてこの漢字を見た時「ぎんなんみね?いちょうみね?」と思ったのに、まさかの「げなんぽ!」
今のところ「ぎんなんぽう」がなまったかな?と推察してます。
kinkacho  | 2017年12月26日(火) 12:34 | URL | コメント編集

●宝慶寺

登山口近くにある有名なお寺 宝慶寺 の読み方は何と読むか?・・・ http://hokyoji.jp/ こんな読み方とは意外ですね
じゅん | 2017年12月28日(木) 22:52 | URL | コメント編集

●Re: 宝慶寺

じゅんさん、こんにちは。
この読みもこうは読めませんね。
何故謎かけみたいな固有名詞がここに集中しているのか?
これも謎です。
kinkacho  | 2017年12月30日(土) 22:56 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/2147-e2f1a05a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |