FC2ブログ
2018年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2018'08.30 (Thu)

政治闘争なんですよ


ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮

ラン仲間がマッツ・ミケルセンのファンなので主演作品を探してみました。
(ローグワンとかスタトレで脇役で見てたのですがね)
ラン友イチオシのTVシリーズのハンニバルはちょっと無理なので、こちらをチョイス。

歴史物です。18世紀デンマークのクリスチャン7世の宮廷でのお話。改革派の廷臣に仕組まれて、侍医として出仕したストルーエンセ(マッツ)はクリスチャンの信任を得て、権力を掌握し、政治改革を開始する。保守派を排除し、一時は勝利したかに見えたが、王妃との不倫、性急な改革で改革派とも亀裂を生じ、保守派のクーデターで全てを失い、斬首(マジ斧で)される。

18世紀ですから、市民革命の兆しが見え始める時代ですね。しかし、デンマークは後進国、まだ市民階級の台頭は見えません。でも、外国の啓蒙思想に触れられる一部貴族階級は改革を目指しています。
宮廷に食い込みたい改革派は、精神的に不安定な国王の側に啓蒙思想を持つ医師ストルーエンセを送り込む訳です。
意志薄弱な国王に改革派の宮廷復帰を吹き込ませるはずだったストルーエンセが、思いの外国王の信任を得て顧問官として独裁権を握ってしまったからもう大変!!
ストルーエンセはドイツ出身の平民なので、改革の加減が判らない。矢継ぎ早に法案を出して、独裁で可決していくものだから、保守派はもちろん、改革派の反感も買うことになる。国民も思想的土壌がないから改革には戸惑うばかり。
おまけに、切り札の国王の妻、王妃と不倫の挙げ句に娘を生ませてしまう...
そして、お約束の反動クーデターで逮捕、処刑となりました。

そのストルーエンセを演じるマッツさん、ロココ時代の宮廷でただ一人黒一色の衣装で異彩を放っておりました。
軽薄の中で重厚なのは目立ちますね。
そして、演技も渋い。たまに激昂する演技が映える。
さすが、「北欧の至宝」でございました。

日本の公開コンセプトは宮廷スキャンダルのようですが、この映画は政治闘争として売った方がよかったと思います。

このスキャンダルはけっこう有名だと思ってたのですが、違うのかな?
スポンサーサイト
05:16  |  映画  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/2200-9026ffc8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |