2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010'03.15 (Mon)

霊仙山 1000m峰侮りがたし

山屋の「すぐそこ」、「大丈夫」、「楽々」は信じてはいけません。
知っているのに、また騙されました。

6:15山小屋かなや~汗ふき峠~見晴台~お猿岩~お虎池~経塚山~霊仙山最高点~福寿草群生地~最高点~経塚山~避難小屋~四丁横崖~四合目避難小屋~二本杉~養鶏場~15:45柏原駅

素泊まり2000円の山小屋に泊まるからとのことだったので、食材、炊事道具、シュラフ、マット、ヘッドランプを持参したら、炊事道具、寝具は貸してもらえ、自家発電機も完備。トイレも水洗で、天国のように過ごしやすいじゃあありませんか。しかも、貸切状態。
おまけに、小屋のおじさんがとても味のある人で、薪ストーブの側でビールを飲みながら聞く昔の話は面白かったです。
唯一の欠点は2階で寝ると煙で燻されること…軽く燻製気分でした。

気のいいおじさんに見送られて小屋を後にして、急坂を登ると15分ほどで汗ふき峠到着。
汗ふき峠
ここは通過して、ジグザグの登山道を稜線目指して上がります。山は既に春の気配です。
遠景
当日はピーカンで、近くは伊吹山、遠くは中央アルプス、北アルプス、南アルプス、富士山らしき山影も確認できました。まさに絶景!!
お虎池高原
稜線に上がると、目の前に広がるのは清々しい高原。こんな清々しい高原が近畿近郊にあるとは新鮮な驚きでした。
残雪もあり、期間限定の景色を楽しみながら霊仙山最高点1098mに到着。
ここで予定時間をオーバーしていたので、当初の目的である福寿草鑑賞のために西南稜へ急ぎました。
moblog_9aad50c6.jpg
予定の群生地にはたどり着けませんでしたが、どうにか写真はゲット。
急いで下山に移りましたが、これが予想より遥かにハードでロングな道のりとなりました。
降りれど降りれど下りが続き、斜面の方向が変わるたびに、季節まで変わる。
春から冬、冬から春へとめまぐるしく季節が入れ替わり、雪斜面のトラバースが続くかと思えば、雪解けの水による泥に足を取られて滑る、スリリングな下山でした。
どこが楽々だ???と思ううちに、ようやく柏原駅に到着。9時間余りのけっこうな行動時間で、かなり厳しかった早春ハイクとなりました。
スポンサーサイト
18:18  |  登山  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●ハイキング

私は山は全くとんちんかんなのですが、義妹は親御さんがお好きで
若い頃から登っていまして、大学生の時に【山と渓谷】という雑誌の
公募で採用されてマッターホルンに登っていましたねぇ~~今も
家族で登ることはあるみたいです。

インドを旅行してた時にバナラシ(ヴェナレス)からバスでネパール
のポカラに入ってトレッキングするという方々を大勢見かけました。

富士山も登ったことがないので死ぬまでには一度登ってみるかな?
一陽 | 2010年03月16日(火) 08:27 | URL | コメント編集

●四季さまざま

春山は侮れないと思います。暖かい日中は半そででも汗ばむし、夜に北風に吹かれれば、ダウンジャケットが欲しい。新芽が芽吹き柔らかい山道もあれば、凍結して滑る山道もある。低山といえども十分な装備は必要でしょうね。
ヌマンタ | 2010年03月16日(火) 09:43 | URL | コメント編集

●富士山

一陽さん、こんにちは。
すっかり春ですね。
富士山はオンシーズンの晴天の日なら、スニーカーでも登頂可能なやまですが、高い確率で高度障害が出ます。
八合目から上の登山道の傍らには、人が累々と倒れています。皆さん高度障害です。
ちょっと壮観です。
kinkacho | 2010年03月16日(火) 11:31 | URL | コメント編集

●バリエーション豊富

ヌマンタさん、こんにちは。
この霊仙山、冬~春までの季節をまとめて楽しませてくれた楽しい山でした。
とりあえず装備はバッチリだったので不安もなく、山の変化を楽しんできました。
kinkacho | 2010年03月16日(火) 11:34 | URL | コメント編集

●福寿草

今年は 開花が早いのでしょうか?
今週は関西の福寿草の山に行きます。

中国山地の節分草も 開花が2週間も早かったんですよね。
ちょっと心配。
ニコ | 2010年03月18日(木) 23:10 | URL | コメント編集

●福寿草を踏み付け

ニコさん、こんにちは。
霊仙山の福寿草はまだ咲き初めでした。おかげで目的の福寿草を踏みまくってた気がします。
連休は五竜なんですが、雪崩が心配です。
kinkacho | 2010年03月18日(木) 23:37 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/830-925b4f3d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |