2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2010'06.05 (Sat)

人様のお墓

久しぶりに文化な休日、橿原考古学研究所付属博物館の大唐皇帝陵展に行ってきました。
言わば、人様のお墓に乱入?
唐朝の墳墓の有名所と言えば、乾陵ですが、この展覧会はそれを含む「唐十八陵」の遺物の展覧会です。
恵陵、靖陵の遺物は初国外出品もあって、かなり貴重なものです。
さすが、橿研!マニアックな…と連れと感心しておりました。
入口で李氏の系図を渡された連れとkinkachoは興味MAX。
李淵、李世民、則天武后、玄宗などなど有名所の名前がぞろぞろ…
長孫皇后は強妻だったから全部同母兄弟姉妹だね~
うっそ~!唐って21代まで保ったの?
あの朱温ね~
…と今回もツッコミどころ満載で楽しかったです。
元祖歴女たる連れとkinkachoには血が騒ぐってヤツです。
そして、お土産は埴輪まんじゅう!これで決まりです!!
moblog_4fa4ff07.jpg
↑博物館中庭の埴輪の行列?
スポンサーサイト
23:12  |  文化・芸術  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●邪推

単なる歴史好きの想像にすぎませんが、私は唐を建国した李淵一族は、中央アジア系の人たちがシナに土着化したのではないかと考えています。そう考えないと、あれだけの国際化はありえないと思うのです。歴代の王朝のなかでも、際立って開放的な王朝でした。たしか日本人でも、幾人か政府高官に出世した人がいたと思います。明らかに異民族の征服王朝である清や元よりも、人材登用に関しては開放的に思うのです。そのあたり、もう少し研究が進んでもいいような気がします。
ヌマンタ | 2010年06月07日(月) 09:54 | URL | コメント編集

●騎馬民族

ヌマンタさん、こんにちは。
唐朝李氏は鮮卑系なので、確実に漢民族ではございません。
皇后の長孫氏も鮮卑系なので、皇室は確実に非漢民族ですね。
陸続きの中国で、民族の流入が無いなんてことはありえないですよね。
海を隔てた日本人ですら遣唐使を送っているのですから、当然でしょう。
しかし、それを政府中枢に登用するかどうかは別の話なので、よっぽど開放的だったのか、何も考えてなかったのかは不明です。
kinkacho | 2010年06月07日(月) 10:14 | URL | コメント編集

●なるほど

鮮卑というとツングース系でしたっけ?そこまで分かっているのなら、なぜに歴史教科書に書かないのでしょうかねえ。少なくとも私の頃には記載されていませんでした。北京政府に気兼ねしているのかと勘繰りたくなります。
ヌマンタ | 2010年06月08日(火) 12:47 | URL | コメント編集

●ツングースなのかモンゴルなのか

ヌマンタさん、こんにちは。
鮮卑がツングースなのか、モンゴルなのか、はたまたチュルクなのかは不明です。
kinkachoが高校の時使った教科書には李氏は鮮卑系と明記されてました。
純然たる漢民族の王朝なんて探すほうが難しいってことです。
kinkacho | 2010年06月08日(火) 13:52 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/885-777f10df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |