2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010'07.25 (Sun)

意外に涼しい…

もはや強迫観念?の週一運動で、クソ暑そうな低山ハイクです。
moblog_e0fd43cb.jpg
9:00中山~中山山頂~大峰山山頂~15:00武田尾温泉
熱中症対策に飲み物2リットルと氷1.3キロ持参です。
地元民のリーダー以下9名となかなか盛況でした。
リーダーの先導で沢沿いの木陰の道を選んで行くと、滝のような汗が流れても、暑さも我慢できる程度。
中山山頂を経て、いったん車道に下って、再び登り返して、大峰山山頂に到着。
フルーツポンチ
ここでフレーツポンチで涼を取って、集合写真を撮って、武田尾目指して下山。
ここは廃線歩きが有名で、今回は6本中2本のトンネルを通過して、無事ゴール。
トンネル
ここで電話をかけると、温泉の人が車で迎えに来てくれて、思いっ切り鄙びた温泉に入浴することができました。
たっぷり汗を流して、涼しくなり爽やかな一日となりました。
武田尾温泉
スポンサーサイト
19:54  |  登山  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●涼しくて良かったね!

今晩は。

猛暑続きですが、天気が良いので、山に行くには良いですよね。
それに意外と涼しかったとの事でなによりです。
やっぱり、熱中症が怖いですもんね。v-278

最後の温泉は気持ち良いだろうな~~。v-48

廃線歩き、「スタンド・バイ・ミー」っぽいですね。(笑)
ごみつ | 2010年07月25日(日) 22:22 | URL | コメント編集

●沢、、、

こんにちは。沢の事故が起きてしまいましたね。詳しい所が知りたいものです。
滝つぼの渦に呑まれるなんて事はよく起きるのでしょうか?ロープで確保していて、20センチ下の滝つぼに落ちて死亡とは考えにくいです。
もし、沢の先生に聞ける事があったら、教えてもらえますか?
夏休みは沢予定ですが、怖くなりました。
のんちゃん | 2010年07月26日(月) 09:40 | URL | コメント編集

●ビールは我慢

ごみつさん、こんにちは。
滝のような汗が流れる以外、不快感はなかったです。
最後で温泉に入ったので、問題の汗も流せたし、問題なし。
3日連続でビールを飲んでいたので、この日はちょっと自粛してみました。
kinkacho | 2010年07月26日(月) 10:57 | URL | コメント編集

●確保の仕方

のんちゃんさん、こんにちは。
この事故、今週末行く沢の近くのようなので、びびっています。
こういうケースがありうるのかコーチに改めて聞いてみますが、確保の仕方次第ではありうるのでは?
滑落したので慌ててロープを引いてしまうと、かえって水に沈めてしまうことになると以前聞きました。
滑落したら慌ててロープを引かずに、流しながら確保するようにとその時は指導されました。
今回のケースがどうだったのかは不明なので、これに当てはまるかはわかりません。
kinkacho | 2010年07月26日(月) 11:07 | URL | コメント編集

●気をつけて

kinkachoさま。有難うございます。
大常木でしたよね。奥多摩・奥秩父の沢は狭くて鬱蒼としていて、静かで暗くて、ジャングル探検隊のような感じの場所が多い気がします。もちろん、その中で日差しがきらめいたり、ナメが綺麗だったりするのですが…。最初は東京近郊の沢ばかり行っていたので、沢=暗いと思っていて、明るい沢があると聞いた時は驚いたものです。
ヘリがホバリング出来るような広さはなさそうです。
沢ヤさんチームの事故みたいですね。玄人っぽいのに確保に失敗したのかな?
くれぐれもくれぐれも、気をつけて、行ってきてください。
そう言えば、私が行った北岳でも滑落事故がありました(ヘリ搬送)。こちらは、骨折と裂傷のようですが、生きているので良かったです。
のんちゃん | 2010年07月26日(月) 12:42 | URL | コメント編集

●気をつけます

のんちゃんさん、返信ありがとうございます。
気をつけて行ってきます。
kinkacho | 2010年07月26日(月) 12:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/920-84cb16ff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |