2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2010'08.08 (Sun)

真夏の文化活動

35度、36度は当たり前の毎日でそろそろバテバテ???な気分の中、炒られる暑さの京都へ文化活動をしに行ってきました。

ボストン美術館展 京都市立美術館

まずは腹ごしらえということで、高島屋7階の「糖朝」で飲茶ランチ。
中華チマキ
中華ちまきと鶏の手羽揚げ
えびワンタンタピオカ
蝦ワンタン麺とデザートのタピオカココナッツ
初めて「糖朝」が進出してきた時は感動したのですが、もう普通の飲茶のお店になっちゃいましたね。まあ味は合格点を出せるのですが、いまひとつサービスの点が皿に汚れが残っていたりと綻びが生じています。

いつも慇懃無礼で、運転の荒い京都の市バスの運ちゃん(典型的京都人のいけずを味わえます。)にムカつきながら、京都私立美術館に到着すると、40分待ちの表示が…
このところ混んでいるという噂の展覧会でも入場制限には遭わなかったので油断していました。
屋外で並んだのは15分程度だったのですが、展覧会の入口にたどり着くにはやはり40分ほどかかりました。
入場制限をかけているだけあって、会場内は比較的マシな混み具合で、どうにか鑑賞には支障はありませんでした。
ボストン美術館の良作を宗教画、肖像画、風景画といったくくりで展示していたので、レンブラントの隣にモネ、向かいにピカソなどが並んでいたのは心臓に悪かったですね。コンスタブルの隣にシスレーとか、エルグレコの隣に19世紀ロマン派というのは気分的に辛いです。
全体的に散漫な印象の展覧会になってしまったのは残念でした。

そして、帰りは今回の京都行きのお楽しみ「梅園」のかき氷です!!
はっきり言って、これが目的でした。ここのカキ氷はフカフカで、宇治シロップが苦くておいしいのです。
宇治ミルク白玉
オーダーは宇治ミルク白玉とみたらし団子、お持ち帰りによもぎ餅と花梨糖。甘味処で2000円を散財してきました。しかし、悔いなし!!
カキ氷は期待通りだったし、お持ち帰りのよもぎ餅がねえ…期待以上でした。
一口大のよもぎ餅が小さな折りいっぱいに詰められいて、その上にあっさりつぶ餡とたっぷりきなこがかかっているのです。
家で麦茶片手にグイグイいっちゃいました。

文化活動のはずがグルメ旅になってしまった真夏の京都でした。
スポンサーサイト
23:29  |  文化・芸術  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

●花より団子

こんにちは。

確かにアート記事にしては、食べ物の占有率が高いよね。(笑)

でも、やっぱり美味しいものにはかなわないよね~。特にかき氷、超美味しそうです!写真見てたら頭がキーンとしてきました。(笑)よもぎ餅の写真も見たかったな~。e-483

展覧会はテーマ別で見づらかったんですね~。何となくわかります。時代別が一番無難なんだろうけど、このあたりは企画の難しさを感じますよね。

一日、楽しめたみたいで良かったですね!e-256
ごみつ | 2010年08月09日(月) 14:34 | URL | コメント編集

●色気より食い気

ごみつさん、こんにちは。
よもぎ餅はきなこに餡の水気が浸出して、見た目がイマイチだったので、掲載見送りです。味はミックスして美味しかったです。
展覧会に行くと決めた段階で「梅園」に心奪われてたのが丸わかりの記事ですね。
鍵善の葛切りも考えたのですが、やっぱり夏はかき氷です。
kinkacho | 2010年08月09日(月) 18:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kinkacho.blog57.fc2.com/tb.php/930-10bd6693

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME |