2017年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2017'07.19 (Wed)

狂乱の夏山シーズン開始

前回の羊蹄山から狂乱の夏山シーズンが始まった???

その2は久しぶりに所属会の山行に参加しました。
泊まりはほぼ100%他の会の人と行ってるので、所属会の方が勝手がわかりません...

一日目:600焼岳登山口~新中の湯ルート~750下堀沢出合~930焼岳頂上(北峰)~1040中尾峠~1100焼岳小屋~1245焼岳上高地登山口

母が若い頃に普通の靴で登ったと証言していたので、一度登ってみたかった焼岳です。
甘く見てたら火傷します。焼岳だけに...

中の湯バス停からこの登山口にたどり着くのが地獄でした。約1時間七曲りの車道をひたすら登るという朝一の寝不足な体には苦行です。

このテンション上げ上げになる景色が目に入るまではひたすら樹林帯を黙々と上ります。これも苦行でした。

イワカガミや

ツガザクラのお花に癒されつつ、

近づく噴煙に力づけられて頂上に到着。

お約束の記念撮影。
背景は穂高の山々です。

火口湖がきれいです。

頂上からは上高地へと下ります。
途中にハシゴや鎖場があって、なかなか歯応えのある登山道でした。

ここにたどり着くまでに、暑さやら日差しでカラカラに干からびてました。
でも、そこは上高地。水分の補給には事欠きませんでした。
ここから2時間歩いて徳澤に1530到着。
憧れの徳澤でのテント泊を実現しました。

ちょっと贅沢して、徳澤園で岩魚定食の夕食を楽しみました。

二日目:615徳澤~940長塀山~1020蝶ヶ岳~1030蝶ヶ岳ヒュッテ~1110出合~1330横尾~1500徳澤

本来の計画は蝶ヶ岳のテント場でテントを張る予定でしたが、強風の予報なので一気にピストンで徳澤に戻ることにしました。

長い樹林帯を上っていく長塀尾根は眺望はないのですが、

銀鱗草やらゴゼンタチバナや

キヌガサソウの花を楽しみ、

割りとあっさり長塀山に到着。

妖精の池を抜けると

いきなりアルプスの風景に遭遇します。

すでに天候は下り坂で、山頂付近はガスガスで強風が吹いてました。
とりあえずヒュッテで休憩して、雨が降り出す前に下山開始です。

横尾への下山道は急な下りで岩でガラガラなので緊張しました。
横尾手前で雨に降られたりしながら、徳澤に無事帰還。
徳澤でおやつに山菜ソバを食べたので、夜ご飯は簡単に自炊としました。

三日目:930徳澤~1030明神~1130上高地
蝶ヶ岳ヒュッテに泊まったグループを待って、徳澤を出発。明神を経て上高地に戻りました。

上高地からバスで車を止めたアカンダナ駐車場に移動して、車で平湯の森へ行って入浴し、渋滞に引っ掛かりながら帰阪しました。

憧れの徳澤テント泊はよかったのですが、やっぱり虫には悩まされました。

今年の穂高は残雪が多いので、海の日現在でアイゼンがいるとのことです。
20:38  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2017'07.10 (Mon)

初の北海道登山遠征

初めて登山で北海道へ遠征してきました。
対象は後方羊蹄山、美しい成層火山です。

一日目:小樽観光~半月湖キャンプ場
一路空路で北海道入りし、空港近くのレンタカー村で車を借りて小樽観光へ

三角市場で海鮮丼と八角の刺身を食べました。

二日目:515半月湖キャンプ場~615二合目~720五合目~945羊蹄山避難小屋1045~1110分岐~1135母釜~1140三角点~1215山頂~1315真狩分岐~1335小屋分岐~1345避難小屋

倶知安ルートから登ります。高低差1500m気合いを入れて登ります。

全くダウンのないアップのみの登山道です。ニセコが見えたり

高山植物が心を癒してくれます。銀鱗草です。

高度はないのですが、緯度が高いので植生は高山です。

避難小屋は夏期の間は管理人さんがいます。気さくな管理人さんで話が弾みました。
とりあえず荷物をアタック仕様にして山頂を目指します。

この雪渓もあと二週間ほどで無くなるそうです。

シラネアオイ

エゾツガザクラ

花咲き乱れです。キバナヤマシャクヤクです。

母釜の縁に到着し、お鉢巡りになりました。山岳連盟のイベントと重なったらしく、お鉢の回りには人影が林立していました。

父釜です。

山頂で記念撮影はお約束。

イワウメ

さらに花咲き乱れです。イワブクロです。

父釜を一周巡って、お鉢巡りは終了です。

避難小屋も絵になる風景です。
途中に雪渓を見つけてビールを冷しておけました。
そこから出ている渓流の水で体も洗ってリフレッシュ!
キンキンに冷やしたビールで本日の健闘を称えました。

三日目:510避難小屋~650五合目~725二合目~755真狩登山口
名残は惜しいですが、下山日です。

影羊蹄山がくっきりと見えました。

登りとは逆にひたすら下る真狩ルートでした。

無事に真狩登山口に到着です。

下山後は温泉に入り、五色温泉キャンプ場でジンギスカン三昧を楽しみました。

やっぱり北海道はグルメです。そして、ビールが旨い!!
21:41  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2017'06.24 (Sat)

野菜の買い出しとラーメン

金剛山の最難関ルート?丸滝谷へ行ってきました。

910石筆橋~930入渓ポイント~950東石筆谷分岐~1050下の丸滝~1105上の丸滝~1155六道の辻~1205大日岳~1225金剛山山頂1300~太尾道~1345太尾塞跡~1445石筆橋

車を出してくれる山友と富田林駅で待ち合わせ、行動食を買いましょうと道の駅かなんに寄ったのが運の尽き...
830開店の朝市にハマって野菜を買い漁っているkinkachoがいました。

ホワイトコーン、ナス、キュウリ、プチトマト、ズッキーニ、三度豆、スモモ、ミカンジャム

以上が戦利品です。家に帰って夏野菜カレーに変身しました。

気を取り直して、石筆橋に到着

この橋を渡って林道終点まで真っ直ぐ歩きます。

林道終点からいきなり入渓します。
目印ははっきりしてます。

こんな感じで滑滝が続いています。
沢の中を登山靴で歩くのですが、茶色の岩は滑るので要注意です。
途中で石筆東谷、中太尾尾根、丸滝谷に三叉路に出ますが、ここは右の沢を行きます。

日が差すと緑が煌めきます。
上流へ詰めるほど倒木で沢は荒れてきます。

最後の上の丸滝
大きな滝には巻き道が有って、一応虎ロープが設置されています。箇所によっては古びているので使用は自己責任です。
上の丸滝は虎ロープは古びているし、手がかりになる岩は脆くて剥がれるやら、足元は寝坊濡れて滑るやらなので、かなり危険です。

ここからは源頭部となり、次第に水は無くなり、こんな蟻地獄のような急登を詰めて行きます。

沢から上がって、ここで正規の登山道に合流します。

大日岳
ここの大日岳はなだらかな山です。

金剛山山頂ではライブカメラが一時間毎に記念撮影してくれます。
下りは太尾道。

六道の辻から怒涛の下りです。
ここの分岐は左です。

分岐には看板あり。

石筆橋の傍にある「さわんど」はリーズナブルで美味しいお店です。この野菜たっぷりのラーメンは500円です。
この後、入浴料100円という破格のお風呂に入って帰りました。
21:22  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2017'06.19 (Mon)

今年の釈迦ヶ岳

去年に続いて今年も大峯の釈迦ヶ岳へ行きました。
今回はちょっとハードな前鬼側からアプローチします。

前鬼の小中坊(宿坊)のテント場に幕営しました。
役行者の従者五鬼の子孫のご主人ともお話できて目的を一つ果たしました。歴史は実に千年越えですよ!

500前鬼~625二つ岩~705太古の辻~730大日岳~825深仙宿~915釈迦ヶ岳~1045孔雀の覗~1100孔雀岳~1205釈迦ヶ岳~1250深仙宿~1315太古の辻~1445前鬼

天気は曇天、雨の多い大峯なので降らないことのみ望みます。

取付の渡渉に多少迷いますが、登山道は整備されています。

二つ岩を経て

太古の辻に到着。

憧れの大峯奥駈道に乗りました。

修験道の道なので行場があります。

一般登山者なので素直に迂回路を選択

立派な大日如来像が鎮座されてます。

いつか幕営したい深仙宿

釈迦ヶ岳が深緑に映えます。

笹原の中に伸びる登山道を上ると仏像が鎮座する釈迦ヶ岳山頂です。

ここから孔雀岳までシロヤシオが散りそめのレベルで咲いています。

孔雀岳への道は一旦激下って、岩場鎖場を渡って行きます。

かなりスリリングです。

ガスで覗は覗けず。

孔雀岳は奥駈道から少し外れます。
今日はここまででピストンです。

修験道の雰囲気ありありです。

スタスタ下っているつもりでしたが、行動時間が10時間に近づくにつれ、ヘロヘロしてきました。
とりあえず降り出す前に下山できました。

中荘温泉で汗を流して、腹ペコも解消して、帰阪しました。
大峯はいつ行っても奥深い!
20:56  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2017'06.16 (Fri)

ミヤマキリシマ弾丸ツアー

格安弾丸フェリーを使っての九州遠征第二弾!!

ミヤマキリシマを楽しもう!@久住山
船中2泊現地滞在11時間45分だよ!
です。

1000牧ノ戸峠~1025沓掛山~1135久住分れ~1200久住山~1250中岳~1305天狗ヶ城~1400星生山~1445扇ノ鼻~1530牧ノ戸峠

フェリーで一泊して翌朝別段観光港到着、レンタカーで一路牧ノ戸峠へ移動。
花のシーズンなので、車は路肩に駐車しました。

岩場に入ったあたりから

ピンク色が...

まずは1ピーク目

山肌がピンクで気分はアゲアゲ

メインの久住山は2ピーク目

ミヤマキリシマ咲き乱れ

九州最高峰の中岳は3ピーク目

4ピーク目はいい名前

星生山は岩場です。アルプスちっくな岩稜歩きになります。

硫黄山は活動中

5ピーク目

これでもかと咲き乱れ

期間限定の絶景です。

6ピーク目で予定をコンプリート

下山のダッシュでトレランも満喫。

別府温泉で汗を流して、無事に別府観光港に帰還しました。
08:18  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
PREV  | HOME |  NEXT