2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017'03.25 (Sat)

昔ながらのバスツアー

某山道具屋のギャンブルでバスツアーが当たりました。湖東の旅です。

近江八幡のイチオシの水路巡りがロケのため出来ずに、八幡山にのぼりました。ロープウェイで!!

比良山脈は雪が残ってます。

山頂の冬景色と麓の早春のギャップに萌えます。

お昼は関ヶ原でカレーの食べ放題。

謎の関ヶ原ウォーランド

伊吹山も冬景色。
この後は、ごま王国、毛皮屋、叶松寿庵と買い物に引き回されました。
毛皮屋だけは納得できません。

梅林は満開でした。

買い物に引き回されるバスツアーなんてひと昔以来でした。
ご招待なので我慢しました。
19:26  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2017'03.20 (Mon)

楽々縦走

すっかり春山でした。
北八から南八をちょっと縦走してきました。

一日目:1200渋ノ湯~1250最初の分岐~1320唐沢鉱泉分岐~1400黒百合ヒュッテ
茅野駅から三連休の初日ということで三台と増便のバスで渋ノ湯まで入山しました。

踏み固められて歩き易い登山道をサクサク登って、テント装備なのにコースタイムより早く黒百合ヒュッテに到着。

雪上訓練を少しだけやって、テントで就寝。放射冷却で冷え込んでました。

二日目:700黒百合ヒュッテ~820東天狗岳~900根石岳小屋930~1000夏沢鉱泉~1115硫黄岳~1155赤岩の頭~1300赤岳鉱泉

縦走メインの二日目は薄曇りの中からまずは東天狗を目指します。

マラソンで絞り込んだkinkachoです。
少しはほっそりしてますか?

東天狗岳頂上

天狗岳は双耳峰なので西天狗岳を目指す人の列が見えます。
根石岳を通過して、思いがけず営業所していた根石岳小屋で甘酒を飲んで、

夏沢鉱泉から硫黄岳を臨み、

急登を一気に登り上がって、硫黄岳に到着。

ニヤケけて天狗岳をバックに記念撮影しました。

雪山なのでテンション上げ上げです。

硫黄岳の爆裂火口

阿弥陀岳と赤岳を眺めて下山開始です。

赤岩の頭から振り返った硫黄岳

大同心を見上げて、赤岳鉱泉に到着しました。


三日目:700赤岳鉱泉~810美濃戸~1000美濃戸口

三日間晴れに恵まれた山行は美濃戸口からバスに乗って終了しました。
21:48  |  登山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT   このページの上へ

2017'03.12 (Sun)

いつものクオリティ

鈴鹿最高峰の御池岳へ行きました。
毎回何かにしてやられますが、今回は底が抜ける雪にしてやられました。
やっぱり最後まで気が抜けない...

630通行止標識~710登山口~1015稜線合流~1105鈴北岳~1155御池岳山頂~1255テーブルランド~1430鈴ヶ岳取付~1458鈴ヶ岳山頂~1740登山口

いつもの定番の地形図を見てくるっと周回コース。今回は山と高原地図に点線として載っているマレなケースなので、少しはマシか?

こんな感じで谷に侵入しました。

谷を詰め切ると青空と雪がきれいです。

振り返ると霊仙山と伊吹山もまだ雪を残していました。

稜線に上がると、カルスト台地の向こうに御池岳が見えます。
山並みが台地を囲い込んでいて見たことのない風景でした。

樹氷の森がキラキラしています。

頂上はこんな感じ。

カルスト台地に特有のドリーネも雪に埋もれてます。
台地の縁を周回するように戻って、鈴ヶ岳に登頂しました。

看板が埋もれる積雪です。

これが今日巡った山並みです。
そして、ここから尾根を拾っての下山です。
途中までは快調だったのですが、尾根を乗り換える箇所で底が抜ける雪に捕まって地獄を見ました。山腹を無理矢理下って足を取られて前のめりになったり、立て続けにはまったり、これは体幹にこたえます。
登山口にたどり着いた時はお約束のヘロヘロ状態でした。

次の日に梅見のハイキングに行ったのですが、里山はすっかり春でした。

和みました。
08:38  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2017'03.06 (Mon)

最後は懸垂下降

そろそろ雪を探して彷徨できるのもあとわずか...今回は福井の手倉山・上谷山の周回をしてきました。

655浄水場~1020手倉山~1215上谷山~1305下降開始1082~1415支尾根入口700~1700浄水場

今回のお題は読図で尾根を拾って下山するでした。そして、またまたしてやられました。侮り難し福井の山!


地元では登りはメジャールートらしく、今回はスタート地点やら、休憩ポイントやら、山頂では他パーティーと出会いました。

こんな感じでトレースばっちり。

雪庇で左側は切れてます。
すっかり春山の風景です。

上谷山手前の最後の登り。上れば即頂上と思っていたら、まだ先でした。

振り返るとこんな感じ。

周回コースなので、やって来た尾根が見渡せます。

標高700辺りの支尾根の入口までは順調に尾根を拾っていたのですが、支尾根の見定めにやや迷った後が地獄でした。
人が通らないので藪の攻撃が...
それが終わったら草付きの痩せ尾根...
左は谷底、右はダム湖、枯れ草が谷に向かっていて足が流れたらそのまま落ちます。ガタブルで疲弊したところで、支尾根の終了点が急斜面...足で降りるのが嫌になっていたので、ロープを要求して懸垂下降しました。
コースの残り二割にやられて、行動時間はほぼ10時間...疲れた...
22:10  |  登山  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2017'02.20 (Mon)

山頂で雪上訓練

本格的雪山になっていた比良で本格的訓練をしました。

一日目:930比良駅~イン谷~1145大山口~青ガレ~1320金糞峠~1455北比良峠~1545八雲ヶ原

先週の積雪が残っている比良・武奈ヶ岳へテント泊での計画です。

入口の大山口にも雪がたっぷり残っています。そして、正面谷には雪崩の跡のデブリがチラホラ...さらに、青ガレはデブリだらけ!平日が暖かかったので、雪崩まくったみたいです。

きっつい金糞峠への上りを振り返ると琵琶湖が見えました。

金糞峠からの尾根でワカンを着けて、前山経由で北比良峠、散策コースで八雲ヶ原に到着です。
天気は雪が舞うような曇天でした。
ここからテント設営となったのですが、六テンのポールが間違っていることが発覚!!
寝場所が無い!と一瞬ヒヤリとしたのですが、ポールに無理矢理テントを吊り下げることで何とか対応しました。
キチンとセッティングされた四テンに入ったkinkachoはこれがツボにはまって笑いが止まらず...まあ笑いで済んで幸いでした。

二日目:800八雲ヶ原~830イブルキのコバ~1000武奈ヶ岳1200~1230ゲレンデ跡~1255八雲ヶ原1400~1426北比良峠~ダケ道~1610イン谷~1710比良駅


アタック装備で八雲ヶ原を出発しました。イブルキのコバ経由で武奈ヶ岳を目指します。出発時は薄日も差していたのですが、

頂上直下では吹雪いてきました。

山頂はガスの中でした。
ここの小さな雪庇を使って雪上トレーニングとなりました。
スタンディングアックスビレイやスノーボラードを使っての懸垂下降、


雪庇を突破など、

二時間たっぷりトレーニングしました。

樹氷の森を突き抜けて八雲ヶ原に戻って撤収して下山開始です。

晴れると暑すぎて、トレーニングでの疲れも出て、終盤はヘロヘロ状態に...
比良駅に着く頃はザックを投げ出したい気分でした。

楽しみだった駅前のおでん屋のおでんが売切だったので、悲しい気分で電車の中で行動食の残りを食べていた次第です。
13:44  |  登山  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ
PREV  | HOME |  NEXT