2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017'06.08 (Thu)

久しぶりにイチオシ漫画


MUJIN-無尽- 岡田屋鉄蔵
(現在4巻)

まだ完結していないので推していいのか悩ましいところですが、骨太な作品なので取り上げました。

ある日の本屋での友達との会話
「この漫画面白いねん」
「時代劇?」
「主人公が伊庭八郎!」
「あの?!」
と、kinkachoと友達には馴染みのある幕末の隻腕の剣士・伊庭八郎が主人公です。
馴染みのない人にはないですよね。
幕末江戸四大道場の一つ「錬武館」の跡取り息子で講武所へ出仕、幕臣として幕末の動乱のただ中に立ち、函館戦争で討ち死にする。

幕末好きの佐幕派の歴女なら知ってると思うのですが、kinkachoは今まで彼が主人公になった作品はあまり目にしたことはありません。
(子母澤作品にも、池波作品にも伊庭八郎ものありましたね。すみません。司馬作品育ちなもので...)
そんな背景の中、伊庭八郎を幼少の頃から描き、さてどこで着地するのかとても楽しみです。
今のところ、江戸っ子の幕臣ぶりを活写していて面白いです。
後の新撰組の試衛館の面々、山岡鉄太郎、佐々木只三郎、榎本釜二郎、ついに清川八郎が出てきています。
このメンツの個性の描写が今までにない目新しい描写で、中学の頃からの佐幕派のkinkachoとしてもかなり目から鱗の面白さです。
もっと皆に知ってもらいたい作品です!!

岡田屋さんの時代劇作品はいずれも面白くって、古きよき時代劇に斬新な視点が加わっていて、低迷している時代劇には是非見習って欲しいレベルです。
ただし、元々がBL作家さんなので、あまり初期の作品を読むと男同士が絡んでいるので要注意です。そして、最近はマシになったのですが、女性の描画がえらいマッチョです。
まずは、青年誌コミックスか確認して、お読みください。
07:15  |  アニメ・コミック  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2017'06.06 (Tue)

リードデビュー

マルチピッチのアルパインクライミングの初心者コースの雪彦山地蔵岳東稜に登ってきました。
本チャンリードデビューです!

右側の岩峰が地蔵岳です。

630東屋~730取付~1020 4ピッチ目取付~1035 4ピッチ目終了~1200地蔵岳頂上~下山道~1310東屋

備忘録として
東屋~取付 地図の看板の横から登山道を出合看板まで下る。出合看板の正面の赤のペイントは登山道。そこではなく右手の踏み跡を登って行くと取付まで赤のペイントとテープが散見される。不行沢の15m滝は右手に巻き道を登る。踏み跡を慎重に探して辿ると目印のチョックストーンが見つかる。

少し戻ってストーンの右側の踏み跡を登ると取付に到着する。

1ピッチ目(フォロー) スラブ。取付から視認できるペツルの終了点を目指す。
2ピッチ目(リード) スラブ。右側の残置スリングを目指して痛恨のルートミスでクライムダウン。正しくは左側のルンゼっぽいルートを登る。テラスの立木が終了点。
3ピッチ目(リード) 少し登りのトラバース。終了点はペツル。
4ピッチ目(フォロー) このルートの核心部。いきなりのチムニー。

チムニーに入り込むと動けなくなるので、チムニーの縁のスタンス、ホールドで登る。チムニーを抜けると傾斜が緩くなるので、登り易くなる。

終了点は立木。
5ピッチ目(コンテ) 頂上直下まで歩く。終了点はテラスの岩。
6ピッチ目(リード) 階段状のリッジを登る。六甲のブラックフェイスみたいな感じ。ランニングを上手く取らないとロープが屈曲して重くなる。
7ピッチ目(リード) ここからは登山道。6ピッチ目から切らずに登れる。終了点は立木。


核心部のリードは絶対無理だけど、とりあえずリードはしようとは思ってました。
2ピッチ目のルートミスはリーダーに残置スリングを目指せとアドバイスされたのもありますが、左側の方が登り易そうと思った自分の勘を信じなかったのもありますね。なにせ初リードなので自信がありませんでした。

これが登った地蔵岳です。

裏核心部と思っていた下山道も山頂部分を慎重に下りれば、標識も要所要所にある比較的安定した登山道でした。
迷わずに無事に東屋に帰還しました。


温泉で汗を流して、

夢前蕎麦をいただきました。
20:43  |  クライミング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2017'05.29 (Mon)

第40回記念大会だよ!

五月後半は何故だかランニング強化期間になってました。
先週の半鯖に続き、今週は定番小豆島オリーブマラソンです。
この大会は40回目の記念大会です。
まだそこそこの水準は維持していますが、運営がジリジリとレベルを下げてきているのが残念です。
このままでは50回まで保つのか少し不安になります。

一日目:大阪~神戸~淡路島~徳島~高松~小豆島

恒例の大会前の観光を今年は讃岐うどんツアーにしました。
淡路島を経由して、鳴門大橋から鳴門の渦潮を眺め、うどん県に突入。


うどん屋二軒の間に屋島観光です。

屋島寺
四国なのでお狸さまです。

屋島古戦場跡
そんなこんなで日没前ギリギリに定宿の吉田キャンプ場に到着です。
今年のキャンプ場は混雑していました。
大半が知り合い...

二日目:レース当日

運営の不味さが目立って、イライラが怒りに変わりそうになりながら、スタートラインに並びます。

定時の10時にスタート。
もうスタート時点から暑い...
水をかぶりながら、走るのみ。
オリーブマラソンのコースも細かいアップダウンがあるのですが、先週の半鯖に比べたら無いに等しいアップダウンでした。
結果は2時間5分40秒と二時間切りはならずとも、とりあえず自己ベスト更新はなりました。 
運営の不味さがここでたたり、風呂には入れず、フェリーに乗ることになりました。
恒例の激混みフェリーの床に寝ながらの船旅で無事神戸に帰りつき今年のオリーブマラソンは終わりました。

来年の参加はビミョー...
08:28  |  ランニング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

2017'05.21 (Sun)

夏日の半鯖

鯖街道ウルトラマラソンの半鯖43kmに参加してきました。

1000梅ノ木~1040久多エイド~八丁平~尾越エイド~大見エイド~1340杉峠エイド~1430鞍馬エイド~市原エイド~西賀茂エイド~1610出町公園

天気予報では30℃越えの予報...地獄の予感...
出町公園で受付をして、出町柳駅からチャーターバスでスタート地点の梅ノ木に運んでもらいます。
スタート地点のトイレは混み混みでした。

山中にも関わらず、既に25℃越えです。
スタートから久多エイドまではロードの上りです。
鯖街道ウルトラマラソンのエイドは充実しているとのことでしたが、確かに充実していました。

ここからは山道に入ります。

八丁平までの上りは七曲りの狭くて急な上りです。kinkachoが差し掛かった時はランナー全員が歩いていました。
八丁平から尾越エイドは下りの山道です。そして、尾越から杉峠までは比較的広い山道をひたすら上ります。
ここで、そうめんを食べて、水を補給して、ここから鞍馬エイドまで激下りのロードになります。一歩毎に大腿四頭筋が一本ずつ断裂していくような激坂です。

激坂で足が削られてヨレヨレになった鞍馬エイド手前で応援に来てくれたラン友に会えて、どうにか復帰しました。
ただし、この後の市原エイドから西賀茂エイドまではバイパス横のカンカン照りのロードを走り、西賀茂エイドからゴールまでは鴨川の河原で西日に炙られて地獄のようでした。

それを見越して、かき氷を出してくれる私設エイドがあったり、河原は遊歩道なので水道で水をかぶれたりで、どうにか
やり過ごして無事ゴールしました。

タイムは6時間10分。半鯖のタイムの目安がフル+1.5時間なので、まあ予定通りにゴールしたことになります。
ゴールで、参加賞の焼き鯖一本、ベスト、千頭の入浴券をもらいました。

汗を流して、当然ビール!
体がガタガタですが、やり切った感は半端ないです。
楽しい大会でした!!

オマケ
前日のドーピング アリナミン、ムサシのアミノ酸パウダー、ムサシのドリンク
当日のドーピング アリナミン、ムサシのアミノ酸パウダー、Mgonゼリー、メダリストゼリー、
エイドの給食 おにぎり、そうめん、きゅうり、オレンジ、バナナ、パン、塩こぶ、トマト、グレープフルーツ、マーマレードサンド、アメ、ずんだ餅入り冷やしぜんざい、沢庵
エイドのドリンク 水、スポーツドリンク、麦茶、コーラ、冷やしアメ、サイダー、フルーツ牛乳
レース後のドーピング ロキソニン、パンシロン
22:48  |  ランニング  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ

2017'05.10 (Wed)

びみょ~とテッパン


無限の住人
三池崇史監督 木村拓哉主演

ぶった斬りエンターテイメントという煽り文句+三池監督ということで期待してみたのですが、主演がキムタクということでびみょ~な気分です。
時代劇ではなく刀アクションと割り切れば、ぶった斬りシーンはいけるのですが、何をやってもキムタクが主張するのがツラい...
刀アクションなら、佐藤健のるろうに剣心の方が変な主張がなくてしっくりきました。
キムタクって、何をやってもキムタクなところは、石原裕次郎と一緒なのね...びみょ~に大根なところも...


美女と野獣

こちらはテッパンのお手本のようなエンターテイメント映画でした。
ディズニーはイマイチと思っているのですが、作品の出来にスキが無い!
舞台版に新曲の3曲追加がありましたが、中押しの山場の歌がまさか差し換えられているのには驚きました。
舞台版の「愛せぬならば」も名曲なんですが、「ひそかな夢」も悪くもなかったのが悔しいかな...
そして、野獣が王子に戻った時に感じるモフモフの喪失感はお約束でした。
20:26  |  映画  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT   このページの上へ
PREV  | HOME |  NEXT